みちびかれて 杜の揺らぎ
新潟県 上越地方 中越地方   下越地方
上越市 長岡市  南蒲原郡 田上町 新潟市 新発田市 西蒲原郡 弥彦村
糸魚川市 三条市  三島郡 出雲崎町 北区 村上市 東蒲原郡 阿賀町
妙高市  柏崎市  南魚沼郡 湯沢町  東区 燕市 岩船郡 関川村
小千谷市  中魚沼郡 津南町 中央区 北蒲原郡 聖籠町  粟島浦村
南魚沼市   刈羽郡 刈羽村 江南区 五泉市
 加茂市   秋葉区 阿賀野市 佐渡地方
十日町市   南区 胎内市 佐渡市(一島一市)
見附市   西区
魚沼市   西蒲区
 
 次へ 1 2 3
新潟県
 五智国分寺

新潟県上越市五智3-20-21


安国山

宗派 天台宗

本尊 五智如来

創建年 奈良時代か

開基 不詳

中興年 (伝)永禄5年(1562年)
   中興 上杉謙信

正式名 安国山 華蔵院 国分寺

五智国分寺は、新潟県上越市五智にある天台宗の寺院。山号は安国山。院号は華蔵院。本尊は五智如来。

奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、越後国国分寺の後継寺院にあたる。

聖武天皇の詔によって建てられた越後国国分寺を継承するとされ、寺伝では永禄5年に上杉謙信が現在地に移転・再興したという。移転前の当初の寺地は明らかでなく、海岸侵食で没したとする説や、岩殿山奥の院を創建地とする説等がある。

上杉謙信による再興以前については、『延喜式』に寺料2万束と見える。中世には伊豆走湯山(現・伊豆山神社)別当密厳院の末寺であり、かつては真言宗であったともいう。室町時代には万里集九が当地を訪れ、境内の様子を『梅花無尽蔵』に描写している。また寺伝では、承元元年)に親鸞が越後国に流罪になった際、親鸞は境内に草庵(竹之内草庵)を結んで住まったという。

謙信の再興以後では、『上杉年譜』から上杉景勝からの崇敬を受けたことが知られる。また江戸時代には幕府から朱印地200石が国分寺村に与えられるとともに諸役が免じられた。慶安元年には天台宗になっていたとされる。堂宇は元禄2年と寛政6年の火災で全て焼失しており、その後の再建・修復を経て現在に至っている。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
風と空と雲と・・・・・・・
御朱印