甲斐国一宮浅間神社

木花開耶姫命

甲斐国一之宮・延喜式内社(名神大社論社)・国幣中社・別表神社

山梨県笛吹市一宮町一宮1684
   例大祭:4月15日(例大祭・大神幸祭)・10月17日(秋季大祭)

 第十一代垂仁天皇八年(約二千年前)正月始めて神山の麓にお祀りされた。今ここを山宮神社と称して摂社となっている。第五十六代清和天皇の貞観七(865)年十二月九日、木花開耶姫命を現在の地にお遷ししてお祀りされている。甲斐国の一宮であって延喜の制に於ける名神大社である。明治四年五月十四日国幣中社に列格。本殿は入母屋唐破風向拝造銅板葺である。
     
 山宮神社    社伝によると、垂仁天皇八年(前22)正月に神山の麓に創建とある。
これが現在の当社摂社である「山宮神社」であり、当社創建の地とされている。
現在の当社鎮座地から東南に2km程の地で、蜂城山の近く神山と呼ばれる山の麓に鎮座。
     
     
     
     
     
     
 忍野浅間神社

山梨県南都留郡忍野村忍草

主祭神--木花之咲耶姫命
相殿神--天津日高日子番能邇々芸尊・大山津見命
   創建は大同2年(西暦807年)です。桧皮葺屋根・三間社流れ造りの本殿は村指定重要文化財になっています。本殿には、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)・鷹飼(たかがい)・犬飼(いぬかい)坐像の三神像が祀られています。正和4年(西暦1315年)にヒノキの一本造りでつくられ色彩された、県内で最古の貴重なご神像といわれています。
その他にも、鎌倉期の代表的な彫刻師である運慶の作と伝えられている金剛力士像があります

相殿2座の神名は鷹飼(現愛鷹)・犬飼(現足利)と伝わるが、その由来は不明。
 神名からみて狩猟に関係する神かとも思われ、在地の古い地主神かもしれない。
 <忍野八海浅間神社 御朱印>

*明見根元神社

*冨士浅間神社

*穂見神社*

*八幡社

*浅間神社(内野)


蛇頭疫神社


*天狗社

*招魂社
   
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
 忍野浅間神社    
     
     
     
     
     
みちびかれて 杜の揺らぎ
 山梨県
 次へ 1 2 3
御朱印
山梨県 甲府 山梨 南アルプス  北杜  甲斐 笛吹  上野原  富士河口湖
甲府市 山梨市 南アルプス市 北杜市 武川村  甲斐市  笛吹市  上野原市   河口湖町
中道町 牧丘町 八田村 明野村 小淵沢町  竜王町  春日居町  上野原町   勝山村
上九一色村 三富村 白根町 須玉町  敷島町  石和町  秋山村  足和田村
富士吉田市 大月市 芦安村 高根町  双葉町  御坂町    上九一色村
都留市 韮崎市 若草町 長坂町  南巨摩郡    一宮町     
櫛形町 大泉村 早川町   中巨摩郡  八代町  南都留郡  
甲西町 白州町  昭和町  境川村  道志村  北都留郡
   芦川村  西桂町  小菅村
     忍野村 丹波山村
  甲州 中央 西八代郡 市川三郷 身延  南部  富士川  山中湖村  
   甲州市  中央市    市川三郷町  身延町  南部町  富士川町  鳴沢村  
   塩山市  玉穂町    三珠町  下部町  富沢町  増穂町    
   勝沼町  田富町    六郷町  中富町    鰍沢町    
   大和村  豊富村      身延町        
風と空と雲と・・・・・・・