次へ 1 2 3
みちびかれて 杜の揺らぎ
 越後国一之宮 居多(こた)神社    越後国の一之宮は、居多神社という。弥彦神社も一之宮を名乗るが、中世では上杉氏と組んだ居多神社が一之宮として、君臨した。しかし、時代が移るに従って勢いは弱まり、 明治12年には海岸侵食のため現在地に移り、のち、火災によって本殿が焼失した。
その後は、仮社殿のまま今日に至っている。もはや昔日の面影はない。

大国主命とその妻奴奈川姫、その子建御名方命を祀る。

気多大社の系統で、居多をコタではなくケタと呼ぶのが本当だとする説もある。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
新潟県 上越地方 中越地方   下越地方
上越市 長岡市  南蒲原郡 田上町 新潟市 新発田市 西蒲原郡 弥彦村
糸魚川市 三条市  三島郡 出雲崎町 北区 村上市 東蒲原郡 阿賀町
妙高市  柏崎市  南魚沼郡 湯沢町  東区 燕市 岩船郡 関川村
小千谷市  中魚沼郡 津南町 中央区 北蒲原郡 聖籠町  粟島浦村
南魚沼市   刈羽郡 刈羽村 江南区 五泉市
 加茂市   秋葉区 阿賀野市 佐渡地方
十日町市   南区 胎内市 佐渡市(一島一市)
見附市   西区
魚沼市   西蒲区
 
風と空と雲と・・・・・・・
御朱印