一之宮貫前神社

一之宮貫前神社 拝殿と本殿(ともに重要文化財)

群馬県富岡市一ノ宮1535

主祭神
経津主命
姫大神


式内社(名神大)
上野国一宮
旧国幣中社
別表神社
創建 (伝)安閑天皇元年(531年?)


別名  抜鉾神社

一之宮貫前神社は、群馬県富岡市一ノ宮にある神社。式内社、上野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。


群馬県南西部、鏑川左岸の河岸段丘上に鎮座し、信州街道に面する。当社は物部氏が祖神を祀ったことに始まり、古代には朝廷から、中世以降は武家からも崇敬された。

境内は正面参道からいったん石段を上がり、総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置となっている。社殿は江戸時代に第3代将軍徳川家光・第5代綱吉により整えられ、本殿・拝殿・楼門等が重要文化財に指定されている。また、鹿占習俗(国選択・県指定無形民俗文化財)を始めとした多くの特殊神事を行っている。

祭神

経津主神
葦原中国(日本)平定に功績があったとされる神。当社では物部氏の祖神と紹介している[注 1]。姫大神
祭神の名前は不詳。一説には、綾女庄(当地の古い呼称)の養蚕機織の神とされる。

社伝によると、創建は安閑天皇元年(531年?)3月15日、鷺宮(現 安中市の咲前神社に比定)に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、荒船山に発する鏑川の流域で鷺宮の南方に位置する蓬ヶ丘綾女谷に社を定めたのが始まりといわれる。その後、天武天皇2年(私年号では白鳳2年、673年)に最初の奉幣が行われた
咲前神社

上野国神名帳 従五位上・吉田神祇菅領宗源宣旨 正一位
旧碓氷郡東横野村 村社、神饌幣帛料供進指定社


群馬県安中市鷺宮3308番地

主祭神

健経津主命
大己貴命
保食命
社伝では、経津主命が建御名方命を追って上野国・信濃国国境の荒船山に出陣した際の行在地とされる。安閑天皇元年(534年)6月、抜鉾大神「健経津主命」を祀り、磯部朝臣が祭祀を司った。白鳳元年(650年)抜鉾大神は蓬丘菖蒲谷に遷された。前宮跡は、先宮され咲前神社が祀られた。この時、改めて香取神宮から経津主命が勧請され、ほか2神が合祀された。以後の祭祀は藤原姓の和太氏が司った。一方、礒部郷に居住した物部性磯部氏により氏神の石上神宮が分祀され、その勢力が貫前神社に移っていったとする説もある。『上野国神名帳』には「従五位上 咲前明神」と記載されている。本社の重要な祭事では、当社の氏子も参加して役割を担当する



咲き前神社で頂ける御朱印
衣笠神社・羊神社・熊野神社・愛宕神社
二宮赤城神社


群馬県前橋市二之宮町886

主祭神  豊城入彦命 大己貴尊 ほか数柱

神体  赤城山(神体山)
式内社(名神大)論社
上野国二宮論社
旧郷社


二宮赤城神社は、群馬県前橋市二之宮町にある神社。式内社(名神大社)論社、上野国二宮論社。旧社格は郷社。

関東地方を中心として全国に約300社ある赤城神社の、本宮と推測されるうちの一社である。


創建は不詳で、平安時代にさかのぼると見られる。赤城南麓には豊城入彦命を祖とする上毛野氏がいたと伝わっており、当社の創建に関係したともいわれる。当社が「二宮」と称したのは12世紀前後と見られる[2]。

六国史には「赤城神」に対する数度の神階奉授の記録があるほか、平安時代中期の『延喜式神名帳』には名神大社として「上野国勢多郡 赤城神社」の記載があり、その論社とされている。論社には赤城山麓に鎮座する当社のほか、山腹の三夜沢赤城神社、山頂の大洞赤城神社があり、確定していない。

戦国時代末期には北条氏直により荒廃したが、大胡城に入った牧野氏により社殿が整備されたという。

明治時代には、近代社格制度において郷社に列した。三夜沢・大洞・二宮の三社を合わせて国幣中社にしようとする動きもあったが、終戦により実現はしなかった。
赤城神社 総本宮 (前橋市三夜沢町)


赤城神社

群馬県前橋市三夜沢町114番地

主祭神 大己貴命 豊城入彦命

神体 赤城山(神体山)
式内社(名神大)論社
上野国二宮論社
旧県社


別名  三夜沢赤城神社

赤城神社は、群馬県前橋市三夜沢町にある神社。式内社(名神大社)論社、上野国二宮論社。旧社格は県社。

正式名称は「赤城神社」であるが、他の赤城神社との区別のため「三夜沢赤城神社)」とも呼ばれる。関東地方を中心として全国に約300社ある赤城神社の、本宮と推測されるうちの一社である。

群馬県中部に位置する赤城山の南側の山腹に鎮座する。明治時代以前は東西2宮であったが、明治時代以後は1宮となった。参道は一の鳥居で南の大胡方面、東の苗ヶ島方面、西の市ノ関方面の3方向に分かれている。大胡方面に続く道には江戸時代に植えられた松並木が現存する。

本殿と中門は県指定重要文化財に指定されている。本殿を南へ500m(メートル)ほど下った参道沿いには惣門があり、同じく県指定重要文化財に指定されている。また、拝殿と中門の間、中門のすぐ正面には、群馬県指定天然記念物の「たわら杉」がある。そのほか、境内には明治3年(1870年)3月に建てられた「神代文字の碑」もあり、復古神道の遺物として市指定重要文化財とされている。
赤城神社 (前橋市富士見町赤城山)

群馬県前橋市富士見町赤城山4-2

主祭神
赤城大明神
大国主命
磐筒男神
磐筒女神
経津主神
豊城入彦命

神体 赤城山(神体山)
式内社(名神大)論社
上野国二宮論社
旧郷社

別名 大洞赤城神社


社地は赤城山頂の大沼 (赤城山)の畔に位置する。

赤城神社、群馬県前橋市富士見町赤城山にある神社。式内社(名神大社)論社、上野国二宮論社。旧社格は郷社。

正式名称は赤城神社であるが、他の赤城神社との区別のため「大洞赤城神社とも呼ばれる。関東地方を中心として全国に約300社ある赤城神社の、本宮と推測されるうちの一社である。
     
 熊野皇大神社


鎮座地:群馬県安中市松井田町峠1番地

連絡先:長野県北佐久郡軽井沢町峠町1番地

主祭神
伊邪那美命
速玉男命
事解男命
   別名
長倉神社熊野宮
長倉山熊野大権現
碓氷皇大神社
熊野大権現
熊野神社

日本三大熊野のひとつ 県境の神社  信濃国特別神社

神社は碓氷峠頂上 標高1200mに位置し、自然豊かな軽井沢に
鎮座する神社です。また、当神社は、全国的にも珍しい県境、お社の
中央で長野県と群馬県に分かれた神社です。
ですので、一つの神社でありながら2つの宗教法人がけんざいし長野県熊野皇大神社と群馬県熊野神社に分かれております。その為、神社をお護りする宮司も2人おりそれぞれ神社のお祀りを行っており、御祈祷・お守り・社務所も別になっております。
当神社は長野県、軽井沢の氏神、長野県熊野皇大神社であります。
神社に伝えられている由緒記また、古事記 日本書紀によると、日本武尊が碓氷嶺に登った際、急に濃霧で進めなくなった。そのとき一羽の八咫烏が現れ、紀州熊野の梛木(ナギ)の葉をくわえ、落としながら先導し、それについて行き山頂まで登ることが出来た。日本武尊は碓氷峠の山頂から遠くの海を眺め、相模灘で荒波を静める為に海中に身を投じた最愛の妻、弟橘姫を偲び「吾嬬者耶」「ああ、いとしき我が妻よ」と三嘆したと伝えられている。この事から、この山を「長く悲しんだ山」と言うようになり、それがにごり長倉山になり 軽井沢では、[長倉]の地名が多い。また日本武尊にちなんだ地名として[霧積][吾妻][嬬恋]もある。日本武尊はこの八咫烏の導きを熊野神霊の御加護によると考え、ここに熊野三社を祀った。人皇十二代景行天皇の御代に勧請した。

祭神

本宮(両県に鎮座)

伊邪那美命

日本武尊



新宮(上州鎮座)

速玉男命


那智宮(信州鎮座)

事解男命
熊野神社 (安中市)

鎮座地:群馬県安中市松井田町峠1番地

連絡先:長野県北佐久郡軽井沢町峠町1番地


主祭神
伊邪那美命
速玉男命
事解男命
社格 県社

創建 伝・110年(景行天皇40年)

別名
長倉神社熊野宮
長倉山熊野大権現
碓氷皇大神社
熊野大権現
熊野神社

熊野神社は碓氷峠に位置する神社。社殿は長野県と群馬県の両県にまたがっており、参道と本宮の中央が県境にあたる。

主な社宮は3つであり、本宮は伊邪那美命、日本武尊、長野県側の那智宮は事解男命を祀る。群馬県側の新宮は速玉男命を祀る。
かつては長倉神社熊野宮または長倉山熊野大権現と称したが、社地が信濃・上野の境界となり上野国も入ったため熊野宮と名称が短くなった。また碓氷神社、熊野大権現とも呼ばれたが、1868年(慶応4年)に熊野皇大神社に改称したという。

第二次世界大戦後に宗教法人法が制定された際、都道府県ごとに宗教法人の登記がされることになったため、ひとつの神社でありながら県境を挟んで、長野県側が熊野皇大神社、群馬県側が熊野神社という別々の宗教法人となった。そのため、一つの神社だが、宮司や社務所、賽銭箱、お守り、ご祈祷は別々である。



社伝によれば、ヤマトタケルが東征の帰路で碓氷峠に差し掛かった際、濃霧が生じて道に迷った。この時に一羽の八咫烏が梛の葉を咥えて道案内をし、無事に頂上に着いた事を感謝して熊野の神を勧請したのが熊野皇大神社の由来だとされる。

古代の東山道は当社の南方の入山峠を通っていたと考えられ、中山道にあたる新道が開通した時に現在地に遷座したという説もある。1292年5月3日(正応5年4月8日)に松井田一結衆が奉納した鐘には「臼井到下今熊野大鐘事」とある。なお1354年(文和3年)に奉納された多重塔に「当社権現」と刻される事などから、神仏混淆の両部を備えており、神宮寺や仁王門もあったとされる。神宮寺は後に軽井沢町に移転したという。
妙義神社

群馬県富岡市妙義町妙義6番地

主祭神
日本武尊
豊受大神
菅原道真公
権大納言長親卿
格  県社

創建  宣化天皇2年(537年)

妙義神社は、群馬県富岡市にある神社である。旧社格は県社。

上毛三山の一つである妙義山の東麓に鎮座し、妙義山信仰の中心となっている神社である。江戸時代は関東平野の北西に位置し、江戸の乾天門の鎮めとして、家運永久子孫繁昌を願って歴代の徳川将軍家に深く信仰された。

2007年の台風による土砂崩れで一部被害が出たために修復が必要となったため、本殿に繋がる階段以降は立ち入り禁止となった際は、波己曽社殿を仮殿と定めていた。 復旧工事は2013年12月に完了し、本殿も5年ぶりに一般公開された。
     
 咲前神社

群馬県安中市鷺宮3308番地

主祭神

健経津主命
大己貴命
保食命
 社格

上野国神名帳 従五位上・吉田神祇菅領宗源宣旨 正一位
旧碓氷郡東横野村 村社、神饌幣帛料供進指定社


当鎮座地は神代、経津主大神が健御名方神を追って上野国と信濃国の国境の荒船山に御出陣の時の行在地であると伝わる。
安閑天皇元年(534)6月、初の申の日に神石「雷斧石」三柱の御出現を仰ぎ、時の朝廷に上奏したところ、奉幣使、磯部朝臣小倉季氏と共に高椅貞長、峯越旧敬を伴い上毛野国に御下向があり、抜鉾大神「健経津主命」をお祀りし、社を建てられた。
それ以後、磯部朝臣が祭司を司った。敏達天皇元年(572)、第3代磯部朝臣小倉邦祝は磯部郷小崎の里に居を構え、以降小崎を名乗る。
白鳳元年、第11代小崎邦平は、神託により抜鉾大神を神楽の郡(甘楽郡)蓬丘菖蒲谷に御遷座する。
供奉の道筋では、七五三原でまず神事があり、明戸坂で夜明けがあり、宇田で御旅所となり御遷宮された。現在の一之宮貫前神社である。
磯部郷前宮跡は、先の宮として崇め咲前神社が祀られた。この時改めて香取神宮より経津主大神を勧請し大己貴命、保食命が祀られた。以後の祭祀を藤原姓和太氏が司る。
平安朝後期に成立したと思われる『上野国神名帳』には、「碓氷郡 従五位上咲前明神」と記され、ご分霊として「片岡郡従五位上咲前明神」が見える。
室町期には、応永8年1月7日、足利満兼により新田庄平塚郷一町が寄進されている。
 稲荷神社(総本社 京都 伏見稲荷大社)

稲荷神社 主祭神
宇迦之御魂神
(倉稲魂命・稲荷神)
   稲荷信仰は、奈良時代に発生したものであり、宇迦之御魂神は、稲の精霊を神格化した神で五穀・食物を司る神である。一般的には「お稲荷さん」と呼ばれて親しまれている。食物の主役は穀物、稲はその中心であり、主食を保証するこの神の名前が「倉稲魂」と表記されるのもそういう理由からである。
のちに、稲荷信仰は、仏教と習合し、さまざまな民間信仰を巻き込みながら、やがて日本の民俗宗教の中における代表的な霊威神となる。
中世から近世にかけての商業の発展、工業の勃興(ぼっこう)といった社会変化のなかで稲荷信仰は現世利益の思想を取り入れ人々の新たな欲求に自在に対応するようになった。それにともなって稲荷信仰は急速に広まり、本来の農耕神から商工業などの諸産業の神へと変化していったのである。
  咲前神社境内の神社

鷹巣神社

鷹巣神社 主祭神
大物主命
火産霊命
伊勢三郎義盛公
   創建 慶長十九年以前

御本社は、碓氷川を見下ろす鷹巣山に鎮守する板鼻の鎮守で、従来金比羅宮であった。
江戸期には、中山道板鼻宿の発展と共に当社も栄え、多くの崇敬者と旅人の憩いの神域となった。
明治六年、村社となり、同四十二年、本町八坂神社、神明宮、愛宕、管沢稲荷、関口取勝明神等を合祀して鷹巣神社と改称された。その中で神明宮は伊勢殿と呼ばれ、ここから西上州に伊勢の神宮大麻が頒布された。
取勝明神は伊勢三郎義盛公を祀り、付近に屋敷跡が伝わる。
また現在、板鼻の夏祭り(祇園祭)には旧道に多くの露店が並び、合祀社八坂社跡で茅の輪神事の後、御輿渡御が盛大に行われ、各区御旅所で町内安全が祈願される。

御祭神
大物主命・・・大国主命の別称。
大物主命は、蛇神であり水神または雷神としての性格を持ち、稲作豊穣・疫病除け・酒造り(醸造)などの神として篤い信仰心を集めている。また国の守護神である一方で祟りをなす強力な神ともされている。
火産霊命・・・火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)の別称。
火の神・鍛冶の神として信仰されており秋葉山本宮秋葉神社(静岡)を始めとする全国の秋葉神社・愛宕(あたご)神社などで祀られている。
  金刀比羅神社

金刀比羅神社 祭神
   四国の金刀比羅宮(香川県)。昔から「讃岐のこんぴらさん」として全国的にその名が親しまれ、江戸時代には伊勢参りと並んで「金比羅参り」が庶民信仰として大いに広まった。
もともと全国各地の日和山の神霊や名もない海の神が祀られていた場所に勧請されるようになった。それが金比羅神社、金刀比羅神社、琴平神社と呼ばれる神社である。
古来、雨乞いの神というのは、五穀豊穣(ごこくほうじょう)をもたらす神でもあった。それゆえに農業者の信仰も篤かった。とくに雨が少ない地方では、田植えの時期に旱魃(かんばつ)に悩まされることが多く、人々は金刀比羅さんに参拝して降雨を祈った。
咲前神社境内の神社

絹笠神社
   養蚕県群馬の中でも、碓氷・安中地方は特に養蚕の盛んな事で知られる。
「蚕の神」というと「絹笠様」ということになる。
この神のことはよくわかっていない。

【神道の蚕神】
神道の蚕神は大きく二つに分けられ、一つは保食神・大気津比売神・稚産霊神などの蚕を産んだ神であり、もう一つは天照大神・稚日女尊・天棚機姫神・木花開耶姫などの機織に関係する神である。機織に関係する神は織物業に従事する人々などに多く信仰され、養蚕に従事する人々は蚕を生んだ神の方をより信仰の対象としている。
 咲前神社境内の神社    
     
 上野國一社八幡宮

群馬県高崎市八幡町655

主祭神
品陀和気命
息長足姫命
玉依姫命
   社格等
郷社

創建 天徳元年(957年)

別名 八幡八幡宮


上野國一社八幡宮は群馬県高崎市八幡町にある神社である。旧社格は郷社。元々は碓氷八幡宮・板鼻八幡宮[1]と呼ばれていたと言われる。現在は一般的に八幡八幡宮と通称されるほか、「やわたのはちまんさま」と呼ばれている。

上野國一社八幡宮は、天徳元年に源頼信が八幡荘に石清水八幡宮を勧請して創建されたという。その後、 源頼義・義家父子や頼朝、さらには新田氏、足利氏、武田氏等関東源氏一門の崇敬を受け、徳川幕府からは朱印地100石を寄進されていたという。主祭神は品陀和気命、併せて息長足姫命、玉依姫命が祭祀されている。
     
 群馬縣護國神社

群馬県高崎市乗附町2000

主祭神 群馬県出身関係国事殉難者
   社格 内務大臣指定護国神社・別表神社

創建 昭和16年(1941年)

群馬縣護國神社は、群馬県高崎市にある神社(護国神社)である。明治維新から第二次世界大戦までの群馬県出身関係の戦死者4万7千274柱を祀る。

明治42年(1909年)に群馬県招魂会が結成され、高崎公園内の英霊殿で毎年招魂祭を行っていた。昭和14年(1939年)制度改革により1県に1つ護国神社を作ることになり、7月5日に群馬縣護國神社造営委員会が発足、昭和16年(1941年)11月8日に内務大臣指定護国神社に指定され、同年11月19日に支那事変に至るまでの戦死者3.573柱を合祀した鎮座祭が行われた。その後大東亜戦争関係の戦死者を合祀し、現在は4万7千274柱が祀られている。

第二次大戦後のGHQ占領下においては誠霊廟、後に上野神社と改称した。独立後の昭和29年(1954年)7月12日に元の社名に復した。

平成8年(1996年)7月1日、神社本庁の別表神社に加列された。

毎年五月上旬に雅楽管絃祭「管絃の夕べ」が無料で開かれている。
     
 上野圀七の宮 小祝神社

群馬県高崎市石原町1247

TEL : 0270-65-9178
   群馬県高崎市にある神社古社にして、延喜式の神名帳に記載のある十二の神社のうち、七之宮とされている。旧社格は郷社、ご神紋は「三つ巴」
近くを流れる烏川にかかる橋が聖石橋で、烏川の中に「聖石」「赤石」「川越石」の三石があるといい、石と関係の深い神社であることがわかる。
近世以降、「安産の神」として信仰深く、戌の日に腹帯を求める妊婦の姿が見かけられる。
     
 山名八幡宮

群馬県高崎市山名町1581

主祭神
応神天皇
神功皇后
玉依比売命

社格等  旧郷社

創建  安元年間(1175年 - 1177年)
   山名八幡宮は、群馬県高崎市山名町にある神社。旧社格は郷社。

清和源氏新田義重の子で、山名氏の祖の山名義範が文治または安元年間に豊前国の宇佐神宮の分霊を勧請して社殿を造営し、武運の神(武神)として崇敬したのが始まりとされる。応永年間に南朝の尹良親王が山名城に滞在の折、城主世良田政義の娘が親王の子(良王君)を懐妊し、当社にその安産を祈願したと伝えられ、以来、子育て・虫封じの神として信仰が篤い。本殿・幣殿は18世紀半ばの建造とされ、市指定の重要文化財。

社宝には、義範が奉納したという「天国の宝剣」(鎌倉末期)、政義と良王君が奉納したという太刀、前橋藩主酒井家が寄進した乗鞍などがある。縁起物として授与される「張子の獅子頭」は県指定の郷土伝統民芸品で、古来人気が高い。
     
 玉村八幡宮

群馬県佐波郡玉村町大字下新田1

社格・旧県社

御祭神

誉田別命

気長足比売命

比咩神
   神社の起源は鎌倉時代に源頼朝の命で建てられた角淵の八幡神社が元宮ですが、慶長年間に当地の大規模な新田開発事業の際に祈願をし、工事が無事竣工したのを感謝して、現在の地に移築されました。

ご祭神として安産・子育ての神である気長足比売命をはじめ、その子である誉田別命、比咩神が祀られています。

神社を訪れて最初に目を引くのは、一の鳥居から本殿まで気持ちよくまっすぐに延びた美しい参道ではないでしょうか。

その昔は整然と美しい敷石でできていたそうですが、現在はほんの少し当時の面影を残す程度になってしまいました。

実は不思議なことに、そこまで見事だった敷石を誰が寄進したのか、今でもわかっていないのだそうです。

言い伝えでは、商人風の男がふらっとやってきてあっという間に工事の手配をし、完成させたかと思うと風のように立ち去ったとか、境内に逃げ込んだ悪人が八幡様に念じて捕まらずに済んだのを機に改心して寄進したとか、そんな名もなき人々の逸話だけが後世に残されているようです。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
みちびかれて 杜の揺らぎ
 群馬県
 次へ 1 2 3
風と空と雲と・・・・・・・
御朱印
群馬県 北毛地域 東毛地域 西家地域 中毛地域
渋川市 桐生市 高崎市 前橋市
沼田市 太田市 藤岡市 伊勢崎市
北群馬郡 館林市 富岡市 勢多市
利根郡 みどり市 安中市 佐波群
吾妻郡 邑楽郡(おうら) 多野郡
甘楽郡