花暦 
・躑躅(つつじ)科。

・開花時期は、 4/15 ~ 5/15頃。

・「大紫躑躅」は、 躑躅のなかで花が一番大きい。
 ふつう「つつじ」と言えばこの種類を指す。   
 赤紫色の大輪の花を咲かせるところから「大紫」となった。
 単に「大紫」と呼ぶこともある。 厳密には「平戸躑躅(ひらどつつじ)」の一品種。

・躑躅は、万葉集の時代から親しまれており、花が連なって咲くことから「つづき」、また花が筒状であることから
 「つつ」などと呼ばれていて、次第に「つつじ」になったらしい。

・道路の歩道脇によく植えられる。種類も色もいろいろある。現在300種を超える 園芸品種がある。


・「水伝ふ  磯の浦回(うらみ)の岩つつじ もく咲く道を また見なむかも」   万葉集

 「つつじいけて 其陰(そのかげ)に 干鱈(ひだら) さく女」   松尾芭蕉

 「百両の 石にもまけぬ つつじ哉(かな)」   小林一茶

 「近道へ  出てうれし野の 躑躅かな」   与謝蕪村
根津(ねづ)神社
   1706年に 社殿が建てられた。
   赤い鳥居のトンネルがおもしろい。
   花見頃4月中旬~5月上旬。   文京区根津。
   最寄駅
    地下鉄千代田線根津駅

塩船観音寺 (しおぶねかんのんじ)
   青梅市郊外のお寺。
   約1300年の歴史あり。   花見頃4月中旬~5月中旬。