杜若 (かきつばた)


・文目(あやめ)科。

・開花時期は、 5/ 5 ~ 5/末頃。 梅雨のちょっと前に咲く。 花色は、青紫、白。

・昔、花の汁で布を染めたので「書き付け花」となり、 だんだん「かきつばた」に変化していったらしい。
 「燕子花」とも書く。また、万葉集の時代には「垣津幡」「加古都幡多」などと書いた。
 

・1770年頃、ロシアのバイカル湖の近くでパラス(Pallas)さんが発見した。


・”いずれ文目(あやめ)か 杜若(かきつばた)” = 区別できないことの たとえ

 文目は乾いた土地、杜若は水の中から生えるので、2つを並べた場合は区別できそう。
 花菖蒲は、これらより開花が遅い。6月になってから)。





 「から衣(ころも)着つつなれにし つましあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ」  伊勢物語  在原業平
   

・「かきつばた  衣(きぬ)に摺りつけ  大夫(ますらを)の 着襲(きそ)ひ猟(かり)する  月は来にけり」 万葉集  大伴家持

 「神山(こうやま)や 大田の沢の かきつばた ふかきたのみは 色に見ゆらむ」   藤原俊成
   
花暦