日本の原産種

ミスミソウ (H.nobilis ver.japonica forma japonica)葉の形が三角状のものが多いところからその名があります。通常は葉や花ともに小型のものが多く、花弁(がく片)は細目で10枚程度と他種に比較して多めです。花色は白花から薄い桃色系が殆どです。その分布は中部地方から関西、中国地方、九州北部へ広がっています。スハマソウ (H.nobilis ver. japonica forma variegata)スハマソウの名はその葉の形が、海辺の砂洲の形に似ているところに所以があり、漢字では洲浜草と書きます。花弁(がく片)は6〜7枚程度で、中には30弁程の多弁のものも出現しています。花色は白から薄い桃色が大半で、雄しべが他の種に比較して少し長い傾向が見られます。スハマソウは概して花の変異の少ない種ですが、千重咲きや三段咲きなどが見出されています。その分布は岩手県から神奈川県までの太平洋側と栃木県にも分布が広がっています。オオミスミソウ (H.nobilis ver. Japonica magna)前記の通り変異の多い種で、園芸的にはこの種を中心に育種に取り組まれています。その分布は 秋田県から山形、新潟、富山、石川県、と日本海側に分布しています。ケスハマソウ (H.nobilis ver.Pubescens)葉面に細かな毛が目立つところからその名があります。花弁(がく片)は6〜8弁程度のものが多く、花色は白から濃い紅紫色で、中には美しい覆輪状の花が見られます。また、雌しべに紅が入るものも見出されて園芸的には人気があります。その分布は中部地方から関西、四国、中国地方に分布しています。.
 ヨーロッパの原種

ヘパティカ・ノビリス (H.nobilis)青色や紫色など花色の豊富な種類で、紅色の八重咲き種のH.nobilis ‘Rubra Plena'は日本でも‘紅牡丹’の名で普及しています。その分布はヨーロッパ全土に広がっています。この変種の H.nobilis ver.japonica が日本に自生する種です。ヘパティカ・トランシルバニカ (H.transsilvanica)特徴の有る切れ込みの多い葉で、美しい紫色の大輪花を咲かせます。ルーマニア中央部のトランシルバニア地方の原産種です。.
 北アメリカの原種

ヘパティカ・アメリカーナ (Hepatica americana)アメリカスマソウの和名で呼ばれる種類で、花色は比較的豊富なようで、白色や紫色、桃色などがあります。八重咲きなどの変異花も見出されています。その分布は北アメリカの東部で、乾燥した林床などに自生しているようです。ヘパティカ・アクティロバ (Hepatica acutiloba)葉の角が尖るので、アメリカミスミソウの和名で呼ばれています。冬期に葉が枯れる落葉性のようで、花色は白色が一般的ですが、紫色や桃色のものもあるようです。八重咲きなども見出されているようです。その分布は北アメリカのミズーリ州東部です。.
 アジアの原種

ヘパティカ・ヤマツタイ (Hepatica yamatutai)特徴のある葉で、花は象牙色の大輪花です。苗が国内でも流通しており、他の種との交配で楽しみな花ができています。その分布は中国の四川省の峨眉山です。ヘパティカ・インスラリス (Hepatica insularis)済州島など朝鮮半島の南部の島々に分布する小形種です。ヘパティカ・マキシマ (Hepatica maxima)朝鮮半島東部のウルルン島に分布する種で、大きな葉が特徴で、オオスハマソウの和名で呼ばれています。花は意外な小輪花です。
 
 
 
 
 ミスミソウ(三角草)

葉は3つに裂け、先が尖っています。花の色は白、ピンク、ブルー、薄紫など多彩で、本州の中部地方から九州にかけて自生しています。
 オオミスミソウ(大三角草)

花径はミスミソウよりも大きく、2cmくらいあります。葉の先が浅く3つに裂けているのが特徴です。本州の山形県以南の日本海側に自生しています。
 ケスハマソウ(毛洲浜草)

名前の通り、花茎や葉に毛がたくさん生えているのが特徴の小型種です。花びらのように見えるのは萼片で、1.5~2cmほどの萼片を6~10枚ほどつけます。本州の近畿地方から四国に自生しています。
 
スハマソウ(洲浜草)

本州から四国にかけて自生し、6~15枚くらいの萼片をもつ種類です。葉の角が丸くなっているのが「洲浜」(弧状になった砂浜)に似ている、というところから「スハマソウ(洲浜草)」という名がつきました。
玉三郎 紫色の玉斑を弁先に浮かべる、佐渡産の人気の雪割草です。  赤富士  大輪で、濃いピンクで縁が白い覆輪タイプの花です。
 小町娘  ピンク系の小型の花です。花びらの先が丸みを帯びている特徴的です。  友和  花びらは紫色で、中央部分が赤みを帯びています。三段咲きの花です。
 桃苑  大輪の八重咲きの品種です。色はピンク系です。  めまい  ビビッドなピンクが華やかな花が咲きます。全国ユキワリソウ大会 丁字の部で金賞をとった人気の品種です。
花暦 
西山雪割草園 雪割草まつり : 3月18日(土)~3月26日(日)

開園期間:3月11日(土)~3月26日(日)

所在地 : 新潟県柏崎市西山町上山田888
大崎雪割草 雪割草まつり : <2017年>3月25日(土)・26日(日)

開園期間 : 2017年は3月11日(土曜日)~4月7日(金曜日)

所在地 : 新潟県柏崎市西山町大崎
庭舎 素心園 高内山のカタクリ(見ごろ 3月下旬~4月上旬)|柏崎市

所在地: 新潟県柏崎市西山町伊毛1362−2
雪割草 猿山岬 輪島市猿山岬  雪割草の開花は花の中の春一番。一面の雪という世界から開放され、目に見えて春を感じる瞬間です。雪割草とは、オオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウ、ケイスハマソウの総称で、新潟で見られるのはオオミスミソウ。 他の種類より花と葉が大きく、個体差が激しいのが特徴です。多様な遺伝子が混ざっているので、赤、白、ピンク、紫とひとつとして同じ色がなく、花弁やおしべ・めしべの形まで違います。

オオミスミソウは秋田〜福井にかけて分布しており、新潟はちょうどその真ん中。環境が適しているのか、花の変化も特に大きく、群生地も多いため、専門家から「やっぱり雪割草は新潟だね」とよく言われます。 また、マニア向けの話ですが、柏崎周辺と佐渡の雪割草に限って、通常葉に入っている黒い模様がありません。

3月初旬〜末頃、越後雪割草街道では気軽に群生を見ることができます。 街道は、昔から自然に咲いている自生地を保護・公開している「大崎雪割草の里(約30万株)」、「雪国植物園(約20万株)」、「国営越後丘陵公園(約9万株)」の3カ所を結んだもの。日本海側最大規模といえる群生地域となっています。

交配された鉢植えの雪割草も素晴らしいですが、群生地に咲く標準花も何ともいえず美しいですよ。春陽を浴びてキラキラときらめいて…、まるで宝石をちりばめたようです。 また、それぞれ市街地に近く、鑑賞ルートの整備も進んでいます。山奥まで険しい道を歩かなくとも、散策やトレッキング感覚で気軽に見ることができますので初めての人でも安心です。