ヤマブキソウ

ケシ科ヤマブキソウ属の多年草。同科のクサノオウ属(Chelidonium)に分類される場合がある。


多年草で根茎がある。根出葉は奇数羽状複葉で長い葉柄がある。小葉は5-7個で、長さ1.5-5cm、幅1.2-3cmの広卵形または楕円形になり、先端はとがり、縁は切れ込みと細かい鋸歯がある。茎は高さ30-40cmになり、茎の上部に少数の茎葉がつき、小葉の数は1-5個、ふつう3個つく。

花期は4-6月。上部の葉腋に長さ4-6cmの花柄をもつ黄色い花を1-2個つける。緑色の萼片は長さ15-17mmで2個あり、開花直前に落ちる。花弁は4枚で長さ2-2.5cm。雄蕊は多数。花柱は短く、柱頭は2裂する。果実は蒴果で、径3mm、長さ3-5cmの線形になり、やや多数の種子が入る。

和名は花の色がヤマブキに似ることによる。
花暦 
宝鏡寺のヤマブキ草


宝鏡寺のヤマブキ草 山梨県都留市

山梨県/河口湖・富士吉田 山梨県都留市鹿留
ヤマブキソウ群生地/泉の森

山吹草群生地/泉の森

新緑に映えるヤマブキソウ(山吹草)、ヤマブキ(山吹)の花に似ていますが、花びらは4片でちょっと違います。
福島市松川 クマガイソウの群生地の奥 山吹草の群生
 山吹草の群生地 片倉城跡公園 (八王子市)