花暦 
蜆花

・薔薇(ばら)科。

・開花時期は、 4/ 1 ~ 4/末頃。
・中国原産。

・つぶつぶの花が枝いっぱいにつく。
 花を、しじみの中身(内臓)に 見立てたらしい。 八重咲き。
・中国では 「笑靨(しょうよう)」と呼ぶ。”えくぼ”のこと。 花の中央のくぼみをえくぼに見立てた。
原産地は中国である。日本へは古い時代に渡来した。

樹高は1、2メートルである。

葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。

葉の先は尖るものと尖らないものがある。

葉の表面は艶があり、裏面には軟毛が密生する。

開花時期は4月から5月である。
蜆花(シジミバナ)はバラ科シモツケ属の落葉低木である。

白い八重の小花が枝いっぱいにつく。

雄しべや雌しべは退化していて、結実しない。

和名は花の様子を「シジミ」の中身にたとえたものという。

別名を爆ぜ花(ハゼバナ)という。

漢名は「笑靨(しょうよう)」といい、笑窪を意味する。

花の真ん中の窪みを笑窪に見立てたのだという。