山桜(ヤマザクラ)

関東、中部から南の地域に分布しています。花と葉が同時に開き、花は薄いピンク色。古くから山に自生しており、昔のお花見は山桜を見ることでした。吉野山(奈良県)の山桜が有名です。
大山桜(オオヤマザクラ)

北海道の山地や本州の北の地域に分布しています。花と葉が同時に開き、花が大きく紅紫色なので、紅山桜とも呼ばれます。寒さに強く北海道に多いので、蝦夷山桜ともいいます。
霞桜(カスミザクラ)

北海道や本州、四国の山地などに分布します。花と葉が同時に開きます。白っぽい色をしているので霞がかかったようだとその名がつきました。花や葉に毛が生えていることから「ケヤマサクラ」とも呼ばれています。
大島桜(オオシマザクラ)

伊豆七島、伊豆半島に分布します。花と葉が同時に開き、花が大きく香りも良く、丈夫で成長が早いので、染井吉野など多くの里桜の母種になっています。桜餅を包む葉は、大島桜の葉を塩漬けにしたものです。
江戸彼岸桜 (エドヒガンザクラ)

本州・四国・九州の山地に分布します。花が咲いた後、葉が出ます。お彼岸の頃に開花するのでその名がつき、枝が長く垂れる「枝垂れ桜」は江戸彼岸桜の園芸品種です。
とても丈夫で長寿なので各地に巨木や名木があり、日本三大桜も江戸彼岸桜の系統で、いずれも国の天然記念物に指定されています。
日本三大桜
・山高 神代桜(やまたか じんだいざくら)山梨県北巨摩郡武川村。樹齢2000年以上。
・根尾谷 淡墨桜(ねおだに うすずみざくら)岐阜県本巣市。樹齢1500年以上。
・三春 滝桜(みはる たきざくら)福島県田村郡三春町。樹齢1000年以上。
染井吉野(ソメイヨシノ)

日本各地に植えられている代表的な桜です。江戸末期に染井村(東京都豊島区)の植木屋が作り出した品種で、当初「吉野桜」と名付けられ、後に「染井吉野」と改名されました。大島桜と江戸彼岸桜を交配させたものと推定されています。
十年ほどで立派な木に成長するため、明治時代に全国の学校、公園、沿道、河川沿いなどに次々と植えられ、主流となっていきました。
ただし、染井吉野は自力で繁殖できず、接ぎ木や挿し木で増やされたもの。そのため、同じ条件下で一斉に開花するので、統計をとったり、お花見をするには適していますが、近い将来寿命が来ると予想され、その対応が課題になっています。
豆桜(マメザクラ)

富士山・箱根・伊豆に分布します。花が咲いた後、葉が出ます。白から薄いピンク色の小さな花をたくさん咲かせます。花が小さく、挿し木でも育つので盆栽としても人気です。
緋寒桜(ヒカンザクラ)

台湾、中国南部原産で沖縄の各地に野生化しています。早春の寒い頃から開花し、花が咲いた後、葉が出ます。濃いピンク色をした花が、釣鐘のように垂れ下がって咲き、花びらがくっついたまま落花します。
彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違えやすいため、寒緋桜(カンヒザクラ)とも呼ばれます。
河津桜(カワヅザクラ)

静岡県河津町で発見されたことに由来。花が大きく、花が咲いた後、葉が出ます。大島桜と緋寒桜の自然交配種で、1月下旬から2月上旬ぐらいに咲き出し、およそ1か月咲いています。河津町では川沿いに多数増殖され観光名所となっています。
ヤマザクラ群

ヤマザクラに類する品種の桜をヤマザクラ群と呼ぶ。オオシマザクラやオオヤマザクラ、カスミザクラなどが有名である。
野生種
アサギリザクラ(朝霧桜・毛山桜)
ウスガサネオオシマ(薄重大島)
オオシマザクラ(大島桜) - カスミザクラの島嶼種もしくはヤマザクラの海岸型。
オオヤマザクラ(大山桜・蝦夷山桜・紅山桜)
カスミザクラ(霞桜)
カタオカザクラ(片丘桜) - カスミザクラの幼形開花型。ヤマザクラに戻ってしまうことが多い。
キビザクラ(吉備桜)
ケエゾヤマザクラ(毛蝦夷山桜)
シオカゼザクラ(潮風桜) - オオシマザクラの一型。
ツクシザクラ(筑紫桜・筑紫山桜)
ハツユキザクラ(初雪桜)
ヤマザクラ (山桜)
園芸品種
アオバ(青葉)
アカツキザクラ(暁桜・霞蝦夷山桜)
アカミオオシマ(赤実大島)
イズザクラ(伊豆桜)
イチハラトラノオ(市原虎の尾)
イボザクラ(伊保桜・井保桜)
イヨウスズミ(伊予薄墨)
ウンリュウオオシマ(雲竜大島)
オウシュウサトザクラ(奥州里桜)
カンザキオオシマ(寒咲大島)
キクシダレ(菊枝垂)
ギジョウジギジョザクラ(祇王寺祇女桜)
キヌガサ(衣笠)
キリフリザクラ
クチナシザクラ(梔子桜)
ケタノシロキクザクラ(気多の白菊桜)
ケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷・兼六熊谷)
コウホクニオイ(江北匂)
ゴザノマニオイ(御座の間匂)
コトヒラ(琴平)
コノハナザクラ(木の花桜)
コンゴウザクラ(金剛桜・源氏車・小督) - 国の天然記念物。
サノザクラ(佐野桜)
シダレオオヤマザクラ(枝垂大山桜)
ジョウニオイ(上匂)
シンスミゾメ(新墨染)
スルガダイニオイ(駿河台匂)
ゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)
センダイヤ(仙台屋)
ソウドウザクラ(宗堂桜) 2種がある。
タイザンフクン(泰山府君)
ダイリノサクラ(内裏の桜)
タカネオオヤマザクラ(高嶺大山桜)
タキニオイ(滝匂)
ナラノヤエザクラ(奈良の八重桜・奈良八重桜)
ニドザクラ(二度桜)
ノナカノサクラ(野中の桜)
ハチスカザクラ(蜂須賀桜)- 沖縄系カンヒザクラとヤマザクラの一代交雑種カンザクラ
ヒウチダニキクザクラ(火打谷菊桜)
ヒロシマエバヤマザクラ (広島江波山桜)
ヒヨシザクラ(日吉桜)
ベニタマニシキ(紅玉錦・松前紅玉錦)
ベニナンデン(紅南殿)
ホソカワニオイ(細川匂)
マツマエウスベニココノエ(松前薄紅九重)
ミナカミ(水上)
ミョウジョウ(明星・松前明星)
ヤエノオオシマザクラ(八重の大島桜)
ヤエノカスミザクラ(八重の霞桜)
ヤエベニオオシマ(八重紅大島)
ヤツブサザクラ(八房桜)
ヤマゴシムラサキ(山越紫)
ヨウロウザクラ(養老桜)
ライコウジキクザクラ(来迎寺菊桜)
ワカキノサクラ(稚木の桜) - ヤマザクラの幼形開花型。ヤマザクラに戻ってしまうことが多い。
花暦 
  
鹿野城跡公園   (鳥取県) 鹿野町は戦国時代、亀井氏の居城があった地で、歴史の面影が今なお残る城下町だ。町の中心に位置する城跡公園には内堀や外堀、石垣が残っており、ひっそりとした佇まいの風情あふれる町並みを形成している。桜の時期はとくに風情があり、多くの花見客でにぎわう桜の名所となっている。ソメイヨシノの群生が、城跡の内濠外濠に映えて見事な景観を見せる。公園内に約500本ものソメイヨシノが植えられており、辺り一面を桜色に染めあげる満開時には、「鹿野桜祭り」を開催、夜にはボンボリやライトアップで演出し、水面に映る桜の姿が幻想的な世界へと導いてくれる。また、南に鷲峰山、北に日本海を見晴らす標高148mの天守閣跡まで散策路が通じていて、天守閣跡からは日本海が眺望でき東西南北全方角を見通せる、大パノラマが展開する。
湊山公園 (鳥取県) 海沿いに遊歩道を整備した、米子市民いこいの場となっているのが湊山公園。日本庭園、桜の園、展望の丘、自由広場などがあり、かつての海岸の名残である潮止めの松や歴代の米子城主ゆかりの寺清洞寺跡も残されている。園内の遊歩道に沿って桜並木が続き、桜まつりには、ぼんぼりの光に包まれた夜桜も楽しめる。ソメイヨシノ、シダレザクラ、オオシマザクラ、ヤエザクラなど約500本のサクラが咲き誇り、その景色には思わずうっとりとさせられる。遊歩道での散策の後は、すぐそばを流れる旧加茂川の遊覧船「さくら船(せん)」に乗船。川面に映る風情ある桜景色も秀逸だ。また夕暮れ時、海沿いにある遊歩道からのサクラと、眼下に広がる夕焼けのコラボも見事。公園からみる中海の夕焼けは、水面を真っ赤に染め、眺めているだけでも感動させられる。
船上山万本桜公園(鳥取県) 後醍醐天皇ゆかりの「船上山」の山麓にある公園で、その麓に、従来からあった桜並木に加え、1987(昭和62)年、「むらおこし事業」の目玉として、住民の手で桜が植裁されたのが船上山万本桜公園だ。ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど多くの種類の桜があり、それぞれ開花の時期が異なるため、4月上旬~5月上旬頃まで、約1ヶ月間花見を楽しむことができる。とくに4月下旬頃~5月下旬頃に見頃になるヤエザクラが有名で、ヤエザクラが咲く時期に合わせて「船上山さくら祭り」も開催される。標高615mの船上山は、上は広く平坦だが、東西及び北は屏風岩とよばれる岩壁が続く景勝地で、さらにその南には高さ60mの切り立った岩場から轟音激しく流れ落ちる、雄(おん)滝と雌(めん)滝があり、こちらの眺めもサクラと一緒に楽しみたい。
松江城山公園(島根県) 公園内には、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラなど約190本のサクラがあり、満開時には、最上階の望楼から360度にわたる松江城下の街並みとともにサクラを楽しむことができ「日本さくら名所100選」にも選ばれたサクラの名所。開花期間中はボンボリの点灯やライトアップが実施されるため、夜桜を楽しみに毎年多くの人が訪れている。千鳥城とも呼ばれる松江城は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三代に仕えた堀尾吉晴、忠氏の親子によって築城されたが、明治時代の廃城令により天守を除く建物全てが撤去されてしまった。天守閣も売却されることになったが、元藩士など地元有志の働きかけで買い戻され、今もなお当時の天守閣を見ることができる数少ない城だ。国宝の天守閣だけでなく、石垣と櫓も公園全体の勇壮なたたずまいを醸し出し、都市景観100選にも選ばれている美しい景観が評判の城で、その城跡を整備し、歴史公園として多くの人に親しまれている。
三隅大平桜(島根県) 国の天然記念物に指定されているミスミオオビラザクラは、推定樹齢660年、根元周囲5.3m、樹高17mの巨木である。地上2mの所で4つに分離しており、若芽は帯黄色でヒガンザクラ、枝葉の形状はヤマザクラと両方の性格を併せもつ、日本に1本しかないとても貴重な品種。所有者である大平氏の祖先が、馬をつなぐために植えたと伝えられていて、所有者の屋号が「大平」であること、また、この木の所在地の字名も大平ということで、「三隅大平桜」と名付けられた。満開の時には、その枝張りの雄大さから、あたかも雪の小山を見るような景観を呈し、その華麗さ大きさは圧巻。国道9号から、町の中心街を通り三隅川に沿って2㎞ほど上流へ行くと、三隅大平桜の看板が見えてくる。そこを矢印方向へと進み、車1台がやっと通れるくらいの山道を5㎞ほど進むと急に道が広くなり、駐車場へ到着。丘を見上げると大きな枝を張った、ミスミオオビラザクラの巨木が目に飛び込んでくる。
安来公園(鳥取県) 安来公園はJR安来駅南西の小高い丘にある公園で、島根県内でも有数の桜の名所として知られている。シーズンになると、丘の上の公園一帯に約500本のソメイヨシノが開花する。開花期間中は桜まつりが開催され、安来節を広めたとされる渡部お糸(初代家元)にちなんだイベントも実施、公園内の演舞場で安来節の公演が行われ、春の陽気と淡い桃色の衣裳に包まれた園内に、「安来節」発祥の地の伝統の歌声が高らかに響き渡る。桜まつり期間中の夜にはぼんぼりが灯り、幻想的に花びらを照らし、風情ある夜桜も楽しめる。安来公園のサクラは「社日桜」(シャニチザクラ)とも呼ばれ、民謡「安来節」にも唄われている。満開ともなると、山全体が淡いピンク色に覆われ見ごたえ十分。サクラは近隣の清水寺でも楽しめる。
鷲原公園(島根県) 国内唯一の流鏑馬馬場(やぶさめばば)が、原型のまま残されているのが鷲原八幡宮。城山の南西麓にある津和野城の鎮守社で、建物は一直線上に並ぶ山口独特の神社形式で造られている。社殿は永禄11年(1568)に再建されたもので、楼門、本殿とも室町から桃山期の特徴が見られる。境内一帯が鷲原公園となっており、流鏑馬馬場の両側に桜並木が続き、開花時期には、趣のある見事な景観となる。開花は例年3月下旬から4月上旬にかけて。ソメイヨシノやシダレザクラなど約100本の桜が咲き誇り、4月第2日曜には桜並木を背景に、古式ゆかしい日本の伝統美を感じさせる小笠原流流鏑馬神事が披露される。ちなみに鷲原公園は、全国で初めて“公園”とつけられた場所だと言われている。
岡山市半田山植物園 (岡山県) 半田山配水池を利用して造成した植物園で、11万㎡の園内には約3200種、15万本の植物が植栽されている。なかでもサクラ、洛陽ボタン、ツツジ、バラが有名で、約45品種1000本のサクラが植えられている。そのうち800本はソメイヨシノで、樹齢100年を超える古木もある。半田山植物園のサクラの歴史は古く、明治38年に岡山市で初めて上水道ができたとき、現在の園内中腹に配水池が設置され、そのころに植えられたという。その当時に植えられたものとされているのが、園正面中段あたりにある、根回りが大人二抱えほどもある大木。シーズンになると桜まつりも開催され、花見時期は多くの人で賑わう。ソメイヨシノの満開になると山全体が、見事なまでに桜色に染まる。斜面を利用して植栽されているので見ごたえ十分だ。
たけべの森公園   (岡山県) 日本一の桜園を目指して植栽などの整備を行っているのが「たけべの森公園」。昭和57年に京都在住の桜の大家16代目佐野藤右衛門氏の指導で植栽したのが始まりで、公園内25万㎡にヤエベニシダレザクラを中心に、カンヒザクラ、ヒガンザクラ、アマギヨシノ、カンザンなど、約15000本が植えられている。種類が多く、それぞれ開花時期が違うため、4月中は、園内のどこでもサクラを楽しむことができる。一番の人気スポットは、「藤右衛門桜の小径」と名づけられた1.5㎞にも及ぶヤエベニシダレザクラのトンネル。華麗に咲き競う満開時は、ピンクの幻想的な空間を創出し、うららかな春を演出してくれる。岡山県の中央部吉備高原に位置し、サクラの名所であると同時に、年間を通じて家族連れで楽しめる総合レクリエーション施設の公園である。
旭川さくらみち   (岡山県) 岡山市を代表する花見スポットといえば、市内中心部を流れる旭川の土手沿いに続く桜並木で、「旭川さくらみち」と呼ばれている。サクラのシーズンには岡山後楽園の東岸約1㎞に、ソメイヨシノがピンクのアーチを架ける。「後楽園」や「岡山城」を背景に、ピンクの花びらが土手を埋め尽く光景は見事。開花シーズンには県内外から多くの観光客、花見客が訪れ、花見をしながらバーベキューや宴会を楽しむ客で大賑わいとなる。また開花時期に合わせて「さくらカーニバル」も開催、夜間のライトアップや、食事や飲み物屋台も出店する。川沿いに並ぶこのサクラは、地域住民が植栽したのが始まり。老朽化が目立つようになったが、「旭川さくらみちの桜を守る会」が延命治療を行うなど、地道な努力を続けながら大切に守り育てている。
岡山後楽園(岡山県) 岡山藩2代藩主池田綱政が、およそ300年前(元禄13年、1700年)に、藩主の安らぎの場としてつくらせた江戸時代を代表する大名庭園。14万4000㎡の広々とした景観が特徴の回遊式庭園で、日本三名園のひとつに数えられている。園内にはソメイヨシノを中心に約280本のサクラが植えられており、春の訪れを告げるように徐々に花を咲かせていく。桜林や馬場など園内のどこからでも花見が楽しめるのは、回遊式庭園ならではの特徴。桜林は、ソメイヨシノを中心に約50本のサクラからなる林で、岡山のサクラ開花の標本木もある。南門のサクラと新緑の芝、岡山城との織りなす雄大な景色も美しい。ヤエベニシダレは花葉の池に架かる栄唱橋のたもとにあり、ソメイヨシノより、やや遅れて見頃を迎える。180mほどの土手にサクラが並ぶ馬場は、まさにサクラのトンネルのようになる。
由加山桜園地(岡山県) 由加山は、児島半島(瀬戸内海国立公園)にある標高274mの山で、厄除けの総本山として知られる蓮台寺、由加神社がある。山頂には桜園地があり、約500本のソメイヨシノやヤエザクラ、シダレザクラが植えられ、とくに由加神社本宮の参道のサクラが見事。園内を中国自然歩道が通り抜けているので、ハイキングコースとしても親しまれている。花見ついでに厄払い、そしてハイキングと、楽しみ方はいろいろ。倉敷市内ではもっとも豊かな自然が残る由加山を歩くコースは、山系を大きくひとまわりする外回りコースと、短めの内回りコースがあり、野鳥のさえずりを耳にしながら、散策を楽しむことができる。コースの東辺は、「蛍遊(けいゆう)の水辺・由加(ゆが)」として整備されており、6月上旬頃にはホタルの乱舞を見ることができる。
大平山野鳥の森  (岡山県) およそ12万㎡にも及ぶ広大な大平山野鳥の森は、野鳥とのふれあいを通して、自然愛護の精神を育むためのスポット。数十種類の野鳥が生息し、観察小屋、観察路も設けられ、1周2㎞の観察路は、1時間ほどで散策できる。野鳥の森には、約2500本のソメイヨシノやオオシマザクラが植えられ、開花時期には多くの花見客が訪れる。とくに山頂からの眺めが素晴らしく、朝日のビューポイントとしても有名。サクラが朝日に照らされ、徐々に色づいていくサマは他では味わえない、ここだけの光景。山頂から見る朝日は、「日本百選」にも選ばれている。また山頂から眺める瀬戸内海の眺望も素晴しく、天気の良い日には淡路島や鳴門大橋まで見渡せる。隣接する岡山いこいの村には露天風呂(有料)もあり、お湯に浸かりながら見るサクラと瀬戸内海の島々の美しさは格別だ。
鶴山公園(岡山県) 鶴山公園は津山市のほぼ中央に位置し、「本能寺の変」で討ち死にした森欄丸の弟、忠政が築いた津山城跡。明治33年に公園として解放され、植樹が進められ今では約1000本余りのソメイヨシノが石垣を囲むように咲き乱れ、西日本有数の桜の名所として多くの人々で賑わう。 津山城は、津山藩初代藩主森忠政が13年の歳月をかけて元和2年(1616)に完成させた輪郭式の近世平山城。明治6年に廃城となり翌年建物はすべて取り壊されたが、幸いに豪壮堅固な石垣は残った。本丸、二の丸、三の丸の石垣は高さ45mもあり、昔日の雄大な面影を今に伝えている。
がいせん桜(岡山県) 出雲街道の宿場町として栄えた新庄村は、本陣跡など歴史的建造物が宿場町の面影を今も残す、風情あふれる村。岡山県の西北端に位置し、人口約1000人、380世帯の小さな村の名所となっている街道両脇の132本のソメイヨシノは、日露戦争の戦勝記念に植樹されたもので「がいせん桜」と呼ばれている。満開の時期には通りが見事な桜のトンネルとなり、新庄村の春を代表する景色といわれている。歴史的な建物を優雅に彩るピンク色のトンネルを潜るのは格別。開花時期に合わせて「がいせん桜まつり」が開かれるが、小学生による傘おどり、また備州岡山城鉄砲隊の演武が披露されるほか、地元産の野菜や特産品を販売する露店なども並ぶ。また、「がいせん桜通り」のそばを流れる新庄川の堤防でも、美しいシダレザクラを楽しむことができる。
三休公園(岡山県) 「美しく咲くまち」美咲町にある三休公園は、緑の森に囲まれた旭川ダム湖を一望できる山間にある公園。標高270mの三休山の頂上に整備された園内に約5000本のサクラの木が植えられ、満開時には多くの花見客でにぎわう。道路が整備されていて、山頂まで車で行けるため、ドライブがてらの花見を気軽に楽しむこともできる。また、園内には民話の村があり、「花咲かじいさん物語」がモチーフの施設や桜茶屋もある。頂上から見下ろす旭川湖畔のサクラと、静かな湖の調和がとれた光景は一幅の絵のようでさえある。また、ミツバツツジの群生地でもあり、最盛期には山がさらに濃いピンク色で染まる。三休山公園はサクラの名所でもあるが、1万本のツツジが咲くことでも有名で、開花時期が合えば、サクラとツツジの贅沢な競演を楽しむこともできる。
比治山公園(広島県) 広島市内を一望し、瀬戸内海までも見渡せる小高い比治山一帯に広がる公園で、市の中心地からも近く、市内随一のサクラの名所としても知られる。例年4月上旬頃、ソメイヨシノを含めた約1300本の桜が美しく咲き誇り、その美しさを求めて多くの人が訪れる。標高約70mの小高い丘の比治山公園から広がる景色は、平和大通り方面に並び立つビルやホテルなどのネオンが、近い距離で眼下に広がる「近距離夜景」のスポットとしても有名。キラキラと輝く街のネオンは、まるで宝石のような輝きで、広島の夜景を存分に満喫することができる。また、園内には日本の伝統的な建物「蔵」をイメージした「広島市現代美術館」や「広島市まんが図書館」などの施設のほかに彫刻なども多く見られ、芸術公園としても親しまれている。夜桜も夜景も楽しめるが、園内は夜11時から翌朝5時まで人、車両とも立入り禁止のため注意が必要だ。
筆影山・竜王山  (広島県) 瀬戸内海国立公園に指定された景勝地であり、市民の憩いの場として親しまれているのが筆影山・竜王山である。山頂から瀬戸内海が一望でき、春はサクラの名所としても有名だ。筆影山の南西に位置する竜王山からも、瀬戸内の雄大な景色が楽しめる。筆影山は海に映ると山の形が筆のように見えることから、江戸時代の儒者・詩人の頼山陽が命名したとされている。筆影山頂下の駐車場から広がる園地は、春には約2000本のソメイヨシノが咲き誇り、花見を楽しむ多くの市民でにぎわう。ここから眺める大小の島々が浮かぶ瀬戸内の景観は、瀬戸内海随一と評され、CMやポスターなどでも広く紹介されるほど見事。桜越しに眺める瀬戸内の海と島は、一見の価値がある。晴れた日には四国山地が遠望でき、しまなみ海道の10橋のうち7つの橋を見ることもできる。

千光寺公園(広島県) 標高144.2mの千光寺山山頂から中腹にかけて広がる千光寺公園には、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラ、カンザクラなど約20種1500本のサクラの木が植えられている。開花時期になると公園内はサクラで埋め尽くされ、多くの花見客でにぎわう。頂上に展望台があり、尾道市内が見渡せ、さらにそこからの満開のサクラを眼下にしてみることができ、さらに瀬戸内の島々など、絶景の見どころが満載。公園へ行くには、徒歩でも階段を登りながら行けるが、傾斜がきつい。JR尾道駅からは徒歩15分のところにある千光寺山ロープウェイが便利。山麓駅から山頂駅まではおよそ3分、ロープウェイを降りると目に飛び込んでくるのは、山一面を染めるピンクと瀬戸内のコバルトブルーで、「日本さくら名所100選」にふさわしい一大パノラマで、夜は幻想的な夜桜見物もできる。
耕三寺(広島県) 実業家だった耕三寺耕三が、母への感謝の思いを込め、菩提寺として建立した浄土真宗本願寺派の寺で「母の寺」とも呼ばれている。堂塔は国宝建造物を参考に造られ、15棟は国登録有形文化財になっている。サクラの名所としても知られ、春には樹齢10~50年のソメイヨシノ約200本が堂塔に彩りを添えるように咲き誇る。開花に合わせて桜まつりも開催、まつり期間中は、桜のしおり作り(無料)や写真コンテスト、桜茶の振る舞い(期間中の土・日曜、各日500杯限定)など、盛りだくさんの内容を用意。また耕三寺博物館では、耕三寺家の美術コレクションを公開。館内の各展示館では、仏教・茶道・近代美術の名品を鑑賞できるようになっており、現代美術の大理石庭園「未来心の丘」は、ぜひみておきたい。サクラを愛でながらの美術品鑑賞は、耕三寺ならではの楽しみ。
福山城(広島県) 春は花見、秋は菊花展覧会など、四季折々の行事でにぎわう福山城は、元和5年(1619年)に水野勝成が築城した江戸時代における名城。第二次大戦の空襲で天守閣などは消滅したものの、京都の伏見城から移築されたという伏見櫓・筋鉄御門は往時の姿を留め、国の重要文化財に指定され、城跡は国の史跡として保存されている。サクラの開花シーズンになると城内はソメイヨシノやサトザクラ、ヤマザクラなど、約500本のサクラが咲き乱れ、多くの花見客でにぎわう。天守閣とサクラの取り合わせは、いかにも日本らしい光景で、風格さえ感じられる。夜にはライトアップも行われ、照明に照らされた天守閣とサクラも、昼とは違った印象だ。現在の天守閣は昭和41年(1966)に再建されたもので、博物館として公開されている。
尾関山公園 (広島県) 豊かな自然に囲まれた尾関山公園は、県内有数のサクラの名所として知られている。開花時期を迎えるとソメイヨシノ、シダレザクラ、ヒガンザクラ、ヤエザクラなど約1000本の桜が、順番に咲き誇り、園内をピンク色に染めあげる。公園内には、地元特産品の販売、ステージショー、バーベキューコーナーなどいろいろなイベントも実施、近くのみよし本通り商店街ではフリーマーケットなども開催される。公園の山頂展望台からは、三次の市街地が一望できるため、四季を問わず、多くの人で賑わっている公園で、「この山の桜にむかひ 流れくる 川ひろくして 水のひかれる」というアララギ派の歌人中村憲吉の歌碑が建てられている。尾関山山頂からの景観とともに、歌人の心に思いを馳せるのも、尾関山公園の楽しみ方だ。
火の山公園(山口県) なんともデンジャラスな名前の公園だが、かつて狼煙(ノロシ)場があったことから、この名が付けられたという。頂上の展望台からの眺めが素晴らしく、関門海峡や下関市街、また瀬戸内海や日本海まで見渡せる。とくに夜景が秀逸で、日本夜景遺産ならではの景観が楽しめる。サクラとツツジの名所としても知られ、3月末には、約1000本のソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラが徐々に芽吹き、4月上旬には花を咲かせる。山頂まではパークウェイや火の山ロープウェイで登ることができるが、山麓からハイキング気分で歩いて行くことも楽しみのひとつで、所要時間は1時間ほど。標高268mの山だから、体力に自信があるならぜひ徒歩でチャレンジしてみたい。サクラは、麓から山頂まで広範囲に植えられているので、花を愛でながらのハイキングがお勧め。
ときわ公園(山口県 常盤湖を中心に広がる緑と花と彫刻に彩られた、面積約100haにおよぶ総合公園で、山口県初の「登録記念物」に登録されている。また、「日本の都市公園100選」、「さくら名所100選」、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」、「池坊花逍遥100選」、そしてNHKが募集した「21世紀に残したい日本の風景」では総合公園として全国1位に選ばれている。四季折々の景観と花が楽しめる公園だが、春の主役はソメイヨシノ、ヤエザクラ、カンヒザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラなど約3500本のサクラ。開花にあわせてライトアップも行われ、夜桜を楽しむ人々でにぎわい、4月の第1日曜日に開催される「さくらまつり」では、ステージイベントなど楽しい催しも行われ、絶好の花見スポットとなる。
徳佐八幡宮参道  (山口県) 徳佐八幡宮参道は、両側にシダレザクラとソメイヨシノあわせて約260本が植えられ、満開の花で覆われる4月初めから中頃には、約370mの桜並木が薄紅色のトンネルのようになる。近隣はもとより県外からも多くの花見客が訪れる人気スポット。開花に合わせたさくらまつりでは、ステージでのイベント、餅まき、特産品の販売なども行われ、大いに盛り上がる。参道両側のシダレザクラが植えられたのは文政8年(1825)、その後は補植、新植を繰り返し、県内きっての名桜として親しまれている。文部省の名勝天然記念物の指定を受けたほどの名桜だが、老朽化が激しいため、指定が解除されたという悲しい過去がある。現在は、存続を願う地元有志の手による補植などの努力によって活力を取り戻し、その美しい姿を保ち、市指定文化財天然記念物に指定されている。
萩城跡指月公園  (山口県) ミドリヨシノ(山口県指定の天然記念物)という珍しいサクラを鑑賞できるのが、毛利36万石の主城・萩城跡に整備された萩城跡指月公園。ミドリヨシノは、真っ白な花にガクの部分が緑色で、全体が淡い緑色に見える日本では萩にしかない珍しい品種。ミドリヨシノは広々とした公園内にたった1本だけ植えられているが、約600本のソメイヨシノなどが、公園内で華麗な花を咲かせるため、シーズンには多くの人でにぎわう。開花に合わせてライトアップも行われるため、幻想的な夜桜見物も楽しめる、まさにサクラの名所のひとつ。またこの時期は、橋本川土手の桜並木を眺める、萩八景遊覧船桜鑑賞コースも特別運航するため、多彩な花見が楽しめるスポットとして人気が高い。
錦帯橋(山口県) 日本三名橋の一つである錦帯橋は、中央の3連がアーチの5連構造という、世界的にも稀な構造の木造橋である。これは、山口県最大の河川・錦川に架けられた橋が、洪水によって何度も流出したことから「流されない橋を造りたい」という、先人たちの強い思いと、技術の積み重ねによって生み出された傑作。この技術の粋を集めた美しい造形美の橋を彩るのが、橋の周辺一帯に植えられているサクラ。ソメイヨシノやヤエザクラなど、隣接する吉香公園内のサクラと合わせると約3000本が、3月下旬から4月上旬にかけて、まるで錦帯橋を取り囲むように咲き誇る。橋にかかるサクラを眺めるもよし、また橋の上から眺めるサクラも風情がある。夜には、ぼんぼりでライトアップされるため、川べりから風流に夜桜見物を楽しむこともできる。
田布施川河畔   (山口県) 田布施町の花見スポットといえば、町の真ん中を流れている田布施川の左岸。約300本のソメイヨシノの桜並木が、春の訪れとともに、河畔をピンク色に染めあげる。田布施川のせせらぎに耳を澄ませながら、桜並木をそぞろ歩くのは、いかにも春ならではの長閑な光景。川面に映るサクラも、花見気分を一層盛り上げてくれる。4月上旬には、川沿いで「桜まつり」も開かれ、多彩なイベントも実施。大勢の花見客でたいへんな賑わいをみせる。3月下旬ともなると徐々に蕾が膨らみ始め、4月上旬には満開となり、一斉に咲き誇る。まさに春爛漫といった、華やかさに包まれる。このサクラは、「田布施さくら保存会」などのボランティアによる地道な活動によって、大切に守り育てられている。
錦帯橋(山口県) 5連のアーチからなる木造のこの橋は、江戸時代より日光の神橋、甲斐の猿橋と並び日本三名橋と呼ばれ、また日本三大奇橋にも数えられいる。1673年(延宝元年)に5連のアーチ橋の錦帯橋が完成したが翌年の1674年(延宝2年)、洪水によって流失。同年10月末に二代目錦帯橋が完成。それから276年後、昭和25年9月に岩国地方を襲った台風によって2度目の流出したが、橋脚に近代工法を取り入れるなどして直ちに再建工事に着手し、三代目錦帯橋は昭和28年に完成した。春には土手沿いのソメイヨシノなど約3000本が咲き、ぼんぼりの灯りに照らされて淡いピンク色が艶やかな眺めをつくる。また、橋の向こうには、吉川藩主歴代の居館跡を公園として開放した吉香(きっこう)公園がある。園内には武家屋敷や堀割が残り、吉香神社や錦雲閣、香川家長屋門、徴古館、吉川史料館、岩国美術館などもある。
西部公園(徳島県) 「さくらの名所100選」に選ばれている公園で、開花シーズンになると、毎年大勢の花見客で賑わう。もともとサクラ、ツツジの名所として、市民に親しまれてきたが、昭和61年から63年かけてサクラをメインに再整備を進めた結果、市内有数のサクラの名所となり、徳島市内だけでなく近隣からも花見客が訪れるようになった。ソメイヨシノ約550本が咲き誇る3月下旬から4月上旬にかけてはぼんぼりも点灯、幻想的な雰囲気中で、多くの人が夜桜を楽しんでいる。西部公園は、陸軍戦没者の墓地だった眉山の中腹を整備して公園に造成。自然に包まれた環境の中では、ウォーキングなどの野外レクリエーションを楽しむ人も多く、市民の憩いの場として定着。土曜日、日曜日は公園内を車両通行禁止とするため、出かける場合は公共交通機関を利用するのが賢明だ。
眉山公園(徳島県) 徳島のシンボルともいえる眉山は、標高277mの頂上から、市街地はもちろん、阿讃山脈や瀬戸内海まで見渡せるビューポイントで、「眉のごと雲居に見ゆる阿波の山…」と万葉集にも詠まれ、徳島を代表する景勝地。サクラの名所でもあり、公園のある山頂へは、ロープウィで行くが、春には、山麓から山頂までおよそ1500本のサクラが見事なまでに咲き誇る。山頂のシンボルゾーン地区には展望休憩施設とレストラン、花と鳥の展望広場、野鳥観察園路などが整備され、市民が身近に自然と接することのできる公園としても親しまれている。眉山(ビザン)という名は、山の形が眉の形に似ていることから名づけられたという。3月下旬から4月上旬にかけては、徳島市街地を眼下に見下ろしながらの花見で、大いに盛り上がる。
妙見山公園(徳島県) 鳴門市の花見の名所といえば、妙見山にある岡崎城跡に整備された妙見山公園。サクラが花を咲かせると、多くの花見客で賑わう妙見山は、鳴門市街地の東方にあり、小高い丘の上に見えるお城(岡崎城)が目印。これは本丸跡に三層天守閣様式で建てられたものだ。山全体が公園になっていて、山の斜面にはソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラなど約500本が植えられており、満開時には、山全体がほんのりと薄紅色に染まる。頂上には「絵馬堂」と呼ばれる展望台があり、ここからは鳴門市街が一望できる。また、小鳴門橋や大鳴門橋、淡路島などの素晴らしい眺望を楽しむこともできるほか、妙見神社や鳴門ガレの森美術館などもあり、広々とした公園敷地内には屋外彫刻なども展示されている。楽しみ方いろいろの公園。
岩脇公園(徳島県) 桜堤公園・桜の馬場・妙見山一帯を“岩脇公園”と呼び、サクラの開花シーズンは、大勢の花見客で賑わう。約400mのサクラのトンネルとなるのは、那賀川の堤防から公園までの道(通称・桜の馬場)で、両側に約200本のソメイヨシノが植えられている。また桜の馬場から歩いて2分ほどのところにあるのがソメイヨシノ、シダレザクラ、ボタンザクラなど約200本が咲き誇る桜堤公園、太鼓橋のある遊水地の周りがサクラのスポット。そして妙見山一帯の600本と合わせると約1000本のサクラが、公園一帯をピンク色に染め上げるのだ。なかには、樹齢百年を超える老木もあり、まさにサクラの名所にふさわしいスケールで花見が楽しめる。開花に合わせて岩脇桜まつりも開催、まつり期間中は出店ブースも設けられ、夜にはライトアップもされる。

津峯公園(徳島県) 津峯山一帯に整備された津峯公園は、室戸阿南海岸国定公園に含まれる景勝地で、山頂からは、「阿波の松島」と呼ばれる橘湾を臨むことができる。また、晴れた日には鳴門海峡や和歌山県までも見渡せ、眺望スポットとして知られている。また、津峯山一帯は、ヨシノザクラ、ボタンザクラ、ヤマザクラなど2000本のサクラが植えられ、春は標高286mの小高い山が、桜色に彩られる。毎年4月3日から10日にかけて桜まつりが開かれ、大勢の花見客で賑わう。頂上には、延命長寿と交通安全の守神である津峯神社があり、桜まつりには、神社境内で、高齢となっている延命もち投げ、捧げもち競争が行われる。山頂までは、麓の駐車場から陣ケ丸遊歩道があり、途中には神明の窟や、天然記念物の揺るぎ岩(揺すると音がする)などもある。また、山頂へは津峯スカイライン(往復600円)も通じている。
八百萬神之御殿(徳島県) 美馬市にある八百萬神之御殿は、標高400mの高台にあり、サクラの名所としても注目されている。山の斜面に造られた並木道には、ソメイヨシノをはじめ約8000本のサクラがあり、4月上旬から中旬には、それこそ咲き競うように花を咲かせる。徳島県ではもっともサクラの多い場所だけに見応えがあり、最盛期には、並木道が桜のトンネルのようになる。訪れる人が歓声をあげるほどの華やかさに包まれる満開時は、大勢の花見客が足を運ぶ。うららかな春の日、心地よい風を頬に受けながら、ピンク色のトンネルを潜るのは、まさに春の贅沢な過ごし方。時には、街の喧騒から離れて、静かにサクラを愛でながら、自然の中に身を置いてみるのもいい。サクラの花には、そんな癒し効果もあるに違いない。
栗林公園(香川県) 紫雲山を借景に6つの池の周りに、13の山や谷を効果的に配し、池の周りを思い思いに楽しめるように造られた回遊式庭園で、国の特別名勝に指定されている文化財庭園。特別名勝に指定された庭園の中では、16.2haと最大規模の面積を誇り、背景となる紫雲山も含めると75ha、なんと東京ドーム16個分にもなる。この庭園を彩るのが、四季折々に咲き誇る花々と、手入れの行き届いた一千本もの松。旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星に格付けされた公園で、一歩一景といわれる変化に富んだ美しさが、訪れる人を魅了している。この外国からも評価が高い庭園には、ソメイヨシノ、エドヒガン、ヤマザクラなど約300本のサクラがあり、春は花見客でたいへんな賑わいとなる。松とサクラの調和が美しく、夜にはライトアップも行われ、昼間とは違った魅力があふれている。
丸亀城(香川県) 「石垣の名城」として、全国にその名を知られる丸亀城は、江戸時代に建築された木造の天守が現存し、威厳に満ちた姿を今に伝えている。全国に現存する12の木造天守のうちのひとつでもある天守と大手一の門は国指定文化財、二の門と東西の土塀は重要文化財に指定され、「日本の100名城」にも選ばれている名城だ。周囲は丸亀公園として整備され、休日には、家族連れなどがのんびりと散歩を楽しむ姿も多く見られる。また、ソメイヨシノやヤマザクラ、ヤエベニオオシマザクラなど、約700本のサクラが植えられており、春には花見客が大勢押し寄せ、開花の時期に合わせて「丸亀城桜まつり」も開催。夜には、およそ400個ものボンボリが点灯、卓越した技術によって積み上げられた石垣と、薄紅色のサクラのコントラストは、歴史ロマンをも感じさせてくれる。とくに美しいのが夕暮れ時。
琴弾公園(香川県) 香川県有数の桜の名所として知られ、「日本さくら名所100選」に選定されている琴弾公園は、瀬戸内海国立公園にも含まれ、国の名勝にも指定されている。財田川河口近くの琴弾山と有明浜一帯が公園で、琴弾山からは砂で造られた寛永通宝の銭形砂絵を眺めることができる。また琴弾八幡宮や神恵院、観音寺などの名所旧跡が点在、それらを彩るのがサクラやツツジ、フジ、サザンカなどの木々や花々。なかでも春の主役いえば、約450本のソメイヨシノで、例年3月下旬から4月上旬にかけて、可憐な花を咲かせる。開花に合わせて桜まつりも開催、ぼんぼりでライトアップを行うほか、さくら茶会や植木市も開かれる。ちなみに、琴弾山は松林に覆われているため、西から吹き付ける風の音が「仙人が琴を弾いているようだ」ということから、“琴弾”の名が付けられたとされている。琴の音に合わせてひらひらと舞う花びら…なんともロマンチックな花見となるに違いない。
亀鶴公園(香川県)
香川県東部の東讃地域の名勝として知られる亀鶴公園は、宇佐神社と宮池を中心にした面積18.98haの公園で、サクラの名所としても親しまれている。シーズンには、多くの花見客で賑わうが、とくに亀島側と宇佐神社側を結ぶ堤塘の両側が見事。ソメイヨシノが約200本植えられており、満開時には、およそ300mのサクラのトンネルのようになる。また亀島側と長尾総合公園を結ぶ「さくら橋」もライトアップされ、こちらも見応え十分。さらに、4月の第一曜日には、宇佐神社で平安時代の装束による「鎮花祭」が行われるが、これは、かつてサクラが散る頃に流行った疫病を鎮めるための神事。神職による降神の儀の後、御幣をのせた花みこし、少年武者や稚児、舞女などが桜並木の下を練り歩く、古くから伝わる神聖な行事だ。
金刀比羅宮(香川県)
桃陵公園(香川県) 内有数のサクラの名所の一つである桃陵公園は、多度津山にある県立公園で、春には町花・町木であるサクラ約2000本が一斉に咲き誇り、多くの花見客の目を楽しませている。園内には石畳や坂道の遊歩道が設置されていて、いろいろな場所からサクラを眺めることができる。開花に合わせて「多度津さくらまつり」も開かれ、大声大会やビンゴゲーム大会、お茶会などの各種イベントが、花見気分を大いに盛り上げている。「香川新50景」「香川のみどり百選」にも選定されていいて、春はサクラやツツジ、秋は紅葉と、四季折々に豊かな表情を見せてくれるため、家族連れで訪れる人が多い。桃陵公園のシンボルともいえるのが、童謡が流れて時間を告げるメロディー時計「カリヨン」、そして展望台には日露戦争に出征する息子を見送る母の像「一太郎やぁい」がある。展望台からは瀬戸内海の島々と多度津港、多度津町の街並みの眺望が広がり、こちらも見逃せない。
松山城(愛媛県) 松山市の内にある標高132mの城山(勝山)の一帯に広がる史跡公園で、春には、約200本のソメイヨシノなどが咲き誇り、松山城を背景にした見事な景観を見せてくれる。「日本さくら名所100選」「日本の歴史公園100選」の指定も受けているサクラの名所で、シーズンともなると大勢の花見客で賑わう。また、松山城の天守からは、松山平野や瀬戸内海などが見渡せる、360度のパノラマが展開する。天守へはロープウェイ・リフト(有料)を利用すると便利で、サクラだけでなく天守からの眺望も抜群。また、開花時期には松山春まつり・お城まつりも開催、「野球拳全国大会」「大名武者行列」などの行事やグルメ出店など、花見を盛り上げるイベントも盛りだくさん。咲き誇るツバキカンザクラやヨウコウザクラ、ソメイヨシノに囲まれて、春の一日を存分に楽しみたい。
石手川緑地(愛媛県) 市の中心部を東西に流れる石手川の岩堰橋から市坪橋付近に至る、全長約6kmの河川敷が石手川緑地。河川法などの制約で、整備も制限されていたために荒れた状態だったが、市民の提言を基に策定した「育てよう街のオアシス・そして緑の遺産へ」をコンセプトにした整備計画を実施、平成19年度から工事に着手し26年度に完成した。今では、犬の散歩や、家族で散策を楽しむ市民の姿が多く、とくにサクラのシーズンには、大勢の花見客で賑わう。ソメイヨシノやヨウコウザクラ、シダレザクラなど約920本のサクラが植えられており、市民のオアシスとなった河川敷を、ピンク色で華やかに彩っている。すっかり市民に憩いと安らぎをもたらす貴重な財産となった石手川緑地は、松山市の新しいサクラの名所としても定着しつつある。
開山公園(愛媛県) 開山公園は“伯方の塩”発祥の地として有名な伯方島にある公園。島の北側に突き出た丘陵地が開山で、その頂上周辺が公園となっていて、展望台からは多々羅大橋、大三島橋、伯方島大橋などのほか、四国・中国山地の眺望が楽しめるほか、サクラの名所としても人気が高い。ソメイヨシノなど約1000本が一斉に花を咲かせる時期は、開山全体が桜色に包まれ、夜桜用の提灯が灯り、おでん屋などの露店も出店、多くの花見客がうららかな春を楽しんでいる。さすが、中国地方の「桜名所三山」(平成15年)にも選ばれた名所だけあって、サクラの時期の華やかさは見事だが、ほかにも色々な花々が咲き乱れ、秋には紅葉と、絶好のハイキングのコースとなる。公園内には大きな滑り台やジャングルジムなどもあり、家族連れにも人気の公園だ。
武丈公園(愛媛県) “四国の嵐山”と呼ばれる武丈公園は、県下有数のサクラの名所として知られている。春には、西条市を流れる加茂川沿いに植えられた約1500本の桜並木が、八堂山を背景に見事なまでに咲き誇る。ソメイヨシノやカンザクラ、カンヒザクラをはじめおよそ100種類と、品種の多さでは群を抜いている。武丈公園のサクラは、抜群のロケーションと品種の多さで多彩な美しさを誇るが、そもそもは、天保6年(1835)に、福武村井の口にあったサクラを、自然美を保護するための風致目的で釜の口付近に移したことが始まりとされている。その音頭を取ったのが、俳句にも精通していた明神木村の庄屋・加藤定右衛門で、俳号を“武丈”としていたことから、公園にこの名が付けられたという。とくにお勧めしたいのが、加茂川に架かるメロディー橋からの眺めだ。
冨士山公園(愛媛県) 大洲市中心部南側に位置する大洲盆地の中央にある冨士山は、その姿が“富士山”に似ていることから名付けられたが、読み方は“とみすやま”である。ツツジの名所として有名で、その数は約63000本、4月下旬から5月上旬にかけて、山全体を見事な濃いピンク色に染め上げる。その1か月ほど前に、ツツジよりも淡いピンク色の花を咲かせるのが、およそ3000本のソメイヨシノやヤエザクラだ。春の訪れを告げるサクラから、春真っ盛りを実感させるツツジなど、四季折々の自然を肌で感じることができる公園は、展望台やトリムコース、ちびっ子広場、バーベキュー設備のあるキャンプ場、ピクニック園地などがあり、年中、家族連れで賑わっている。また、標高320mの山頂からは、大洲盆地や肱川を眼下に見下ろすことができ、眺望も大きな魅力となっている。
南レク大森山公園(愛媛県) テニスコートや野球場など、多彩なスポーツ施設が充実している総合運動公園で、園内にはソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤエザクラなど約3000本のサクラが植えられている。開花は3月下旬からで、4月初旬にかけて可憐な花を咲かせ、多くの人の目を楽しませている。有料の施設とは別に、公園内は自由に散策を楽しめ、サクラの開花シーズンには、大勢の花見客で賑わっている。また、桜まつりも開催、花見茶屋を設置して、祭りに彩りを添えている。夜にはぼんぼりによるライトアップも実施、昼とは一味違った、幻想的な夜桜を楽しむこともできる。スポーツで汗を流すもよし、サクラの花を愛でるもよし。多彩な楽しみ方のできる公園は、地域住民の憩いのオアシスでもある。
高知公園(愛媛県) 「日本100名城」でもある高知城の城跡を整備した歴史公園で、県内有数のお花見スポットとして知られている。見ごろは3月下旬から4月上旬で、ソメイヨシノなど約240本のサクラが園内に咲き誇る。山内一豊が築城した高知城は、享保12年(1727)の大火によって、追手門以外の城郭のほとんどを焼失してしまったものの、宝暦3年(1753)までに創建当時の姿のまま再建された。本丸内にほぼ創建当時そのままのカタチで残されているのは、全国でも高知城だけである。その風格のある姿は、“南海道随一の名城”と称えられるほど美しく、サクラの花びらが舞い散る季節は、その美しさを一層際立たせてくれる。また天守からは、高知市街が一望できるため、四季を問わず多くの人で賑わっている。
鏡野公園(高知県) 県立公園で、高知工科大学と隣接して園内が広がり、高知県内屈指のサクラの名所で「日本さくら名所100選」にも選ばれている。園内にはソメイヨシノやヤエザクラ、サトザクラなど複数の品種、約600本が植えられており、開花シーズンには、およそ200mに及ぶサクラのトンネルとなる。訪れる人の目を楽しませてくれる。ソメイヨシノなどの比べると、開花が遅いサトザクラもあるため、四国では遅くまで花見が楽しめるのも、鏡野公園の特徴だ。また、公園内にあるサクラの半数以上が樹齢60年を超えており、満開時の咲きっぷりは見事そのもの。シーズン中は、ボンボリが点灯され、幻想的な夜桜を楽しむこともできる。公園内は“動”のレクリェーション広場と“静”の緑のゾーンに分かれていて、それぞれの目的に合わせて楽しめるようになっているのも、鏡野公園ならでは。
ひょうたん桜(高知県) 樹齢500年、樹高21m、根本廻り8mの、立派なウバヒガンの古大木で、県の天然記念物にも指定されている。学名はエドヒガンで、つぼみの形がひょうたんに似ていることから、「ひょうたん桜」と呼ばれるようになった品種である。また、この老木は、地名までも変えてしまうほどの強いインパクトを持っていた。もともと、この地区は「大藪」という地名だったが、この存在感あふれる老木にちなんで昭和33年に「桜」と改称。「大藪」と称していた時代には、「大藪のひがん桜」と呼ばれていたこともあるほど、地域に根差した存在でもある。開花時期は4月上旬で、シーズンには地元の人たちが、名物の桜ゼリーや手作り饅頭、特産のブンタンなどを販売する売店を出店し、地域ぐるみで春を楽しんでいる
牧野公園(高知県・佐川町) 「桜のまち」として知られる佐川町は、“日本の植物学の父”といわれる世界的な植物分類学者・牧野富太郎が生まれ育った町で、その名を冠した牧野公園は、高知を代表する花見の名所のひとつ。園内に約200本のサクラが植えられているが、その始まりは、明治35(1902)年、牧野博士が東京から送ったソメイヨシノの苗を、地元有志が青源寺の土手などに植えたこと。現在、老朽化した木々の治療や植え替えを進めるほか、牧野博士にちなんだ、サクラ以外の花や木を植えるなど、リニューアルに取り組んでいる。佐川町のサクラは、1800年頃(文化・文政年間)、佐川地区と加茂地区の境(霧生関)に、サクラを植えて花の遊園地をつくったことから始まる。以来、「桜のまち」として広く親しまれ、川沿いの桜並木や街並みに点在するサクラの木々の景観は、人々の心の奥に、深く、長く受け継がれてきたものである。
為松公園(高知県) 四万十市といえば、日本最後の清流とされる四万十川や、小京都と評される碁盤の目状に広がる街並みで知られるが、サクラの名所としても有名だ。四万十市街西側の小高い古城山にある中村城跡を整備した市民公園で、園内にはソメイヨシノなど約500本が植えられており、開花シーズンは、多くの花見客で賑わう。また、開花に合わせて桜まつりも開催、期間中はボンボリが点灯し、昼間とは一味違った雰囲気の、幻想的な夜桜を味わうことができる。「四万十川花絵巻・桜の巻」も同時開催され、さまざまな催しが会場を彩る。城跡は、石垣が残っているだけだが、頂上からは中村地区の街並みを見下ろすことができるほか、郷土のさまざまな資料を展示する郷土資料館もある。

小倉城 (福岡県) 市民の憩いの広場であり、春は花見スポットとして親しまれているのが小倉城周辺の勝山公園。開花に合わせて、小倉城天守閣前広場で開催される桜まつりは、近隣市町村からも多くの人が訪れるほど人気がある。会場では、ふるさとうまい物市や、ステージイベントが繰り広げられ、大変な賑わいとなる。昭和34年に復元された天守閣を背景に、約300本のソメイヨシノが咲き誇るサマは、いつまで見ていても飽きることはない。北九州市・小倉のほぼ中心にあり、小倉城、小倉城庭園、市民会館、松本清張記念館、リバーウォーク、水環境館などの施設で、公園が構成されている。また天守閣には、和紙人形による城下町のジオラマや、からくりシアターなどがある民芸資料館、最上階の展望所からは、すばらしい街並みの眺望を楽しむことができる。
昭和池公園(福岡県) 「昭和池の千本桜」として親しまれているのが、農業用水ダム周辺一帯を整備した昭和池公園の約1200本のソメイヨシノ。山間にある美しい昭和池を取り囲むように咲き誇るソメイヨシノの薄紅色と、エメラルドグリーンの水を満々と蓄えた池のコントラストは、息をのむほど幻想的な美しさを見せてくれる。ダム周辺が一番の見どころだが、池沿いに貫山、水晶山、平尾台方面に続く林道がつながっていて、のんびりとサクラを楽しみながらのウォーキングにも最適だ。さわやかな春の風を受けながら、サクラや春の花々を眺めながら歩く山道は、一味違った花見の楽しさを教えてくれる。日頃は人出も少なく静かな公園だが、サクラの開花時には多くの花見客で賑わいを見せ、ダム周辺は車で一杯になることも。開花に合わせて夜にはぼんぼりが点灯され、夜桜鑑賞を楽しむこともできる。
西公園(福岡県) 福岡県で唯一「さくら名所100選」に選ばれている西公園は、博多湾に突き出た丘陵地にあり、春には、ソメイヨシノやオオシマザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラなど約1300本が見事に咲き誇り、公園全体をピンク色に染め上げる。サクラの開花シーズンは、多くの花見客が訪れるため、交通規制によって車両の進入を制限。出かける際には、公共交通機関を利用することが望ましい。西公園は、自然の丘陵と眺望、渓谷を活かした公園で、市街地にありながら、マツ、シイ、カシなどの自然な樹林が残されている貴重な場所。四季折々の景色を楽しみながら散策できる、市民の憩いの場として親しまれている。頂上には光雲神社があり、また展望台から臨む福岡市内、博多湾、志賀島の眺望も、西公園の魅力のひとつだ。
舞鶴公園(福岡県) 福岡城跡に整備された福岡市きっての花見スポットで、オオシマザクラ、サトザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約1000本、いろいろな種類のサクラを鑑賞することができるのが舞鶴公園だ。開花に合わせて開かれる「福岡城さくらまつり」では、城壁やサクラがライトアップされ、いろいろな屋台も出店する。また、さまざまなイベントが行われ、まつり期間中のみ、西広場でのバーベキューも可能となるため、多くの人が春の訪れを楽しんでいる。園内には、大和朝廷時代の迎賓館だった「鴻臚館」跡を展示館として開放しているほか、天守台跡の展望台からは、福岡タワーや福岡ドームまで見渡せる。また陸上競技場などのスポーツ施設も整備されており、ウメやサクラ、ボタン、シャクヤク、ツツジ、ハス、スイレンなど、四季折々の花々が、市民のオアシスである公園全体を彩っている。
発心公園(福岡県) ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど、約170本が咲き誇る発心公園は、歴代久留米藩主の花見の場だったこともあり、古くから花見の名所として親しまれている。明治の文豪・夏目漱石もサクラの時期に久留米市を訪れたことがあり、その際に詠んだのが「松をもて囲ひし谷の桜かな」の一句。草野地区の古い町並みの山側に位置し、3月下旬から4月上旬にかけて、山肌を淡い桜色に包み込み、まるで霞がかかったように映る。しかし、発心公園の魅力は春のサクラだけではない。夏は鮮やかな緑で覆われ、そして秋には見事な紅葉と、四季折々の自然を楽しむことができる、まさに市民の癒しスポットだ。園内には発心三社大権現の社、江戸時代に筑後川の床島堰の建設に力を注いだ草野又六の銅像、芭蕉の句碑等などもある。
大将陣公園(福岡県) 飯塚市の楽市エリアにあり標高112mある大将陣山の一帯に11.25haの敷地に広がる自然豊かな場所にあるのが大将陣公園。飯塚市内を一望でき筑豊富士と呼ばれているボタ山も頂上から眺めることができる。園内には約2,500本のソメイヨシノが植えられ、市内でも随一のお花見スポット。サクラが満開になる時期には、毎年『大将陣桜まつり』が開催され川筋太鼓の演奏などのステージイベントが楽しめる。また、園内には全長120メートルのローラーすべり台、頂上には天文台スタードーム、大将神社などもある。ちなみに、大将神社は、聖光上人という人物がこの山に登り「吾ニ衆生済度ノ道ヲ得サセ給ハバ此山上ニ水出サセ給ヘ」と西に向かって杖を立てたところ、不思議にも冷水が湧き出し、上人は喜び石像大勢至観音菩薩を奉じたのがこの神社の由来だとされている。
三柱神社(福岡県) 約2万坪の敷地の三柱神社は西国一の強者で百戦錬磨の武将と言われた、初代柳川藩主の立花宗茂公、岳父 戸次道雪公、宗茂室 誾千代姫の三神が祀られている。境内では、約300本のソメイヨシノが植栽され、サクラが満開になる時期には『桜まつり(春季大祭)』が開催される。『桜まつり』では、古武道、流鏑馬、地場産市などの他に、サクラがライトアップされるので夜桜を見ることもできる。また、三柱神社の秋季大祭は、大賑わいの発音がつまって「おにぎえで」と発音されたことから『おにぎえ』とも呼ばれている。県の無形民俗文化財に指定されている囃子山車「どろつくどん」や、「踊り山」が参道や町内を練り歩き、柳川の街を夜まで盛り上げる。境内には露店商も並ぶ。
甘木公園(福岡県) 総面積は31.7ha甘木公園は、朝倉市の市街地にあり通称「丸山公園」とも呼ばれている。園内には、4000本のソメイヨシノがあり、公園の中心にあるひょうたん型の池の周りを囲むようにして開花する。池に写る桜も見事なことから、県下でも桜の名所のひとつになっている。満開の時期には、ライトアップされ夜桜も楽しむことができる。また、園内にはアスレチック,ジョギングコースなどもあり市民に親しまれている公園である。ちなみに、この朝倉市には温泉もあり、特に、原鶴温泉は、筑後川の河畔の名湯として知られている。お花見ついでに足を伸ばすのもいいだろう。
神野公園(佐賀県) 神野公園は、旧藩主鍋島直正の別宅を1846年に整備した別名「神野のお茶屋」とも呼ばれている池泉回遊式の日本庭園。園内に約600本のソメイヨシノが、園内の茶室隔林亭を囲むように植えられ、満開時にはライトアップもされる。ちなみに、この隔林亭は佐賀藩十代藩主鍋島直正(閑叟公)の茶室として建てられ、佐賀の迎賓館的機能をはたしてしいたが、老朽化のため1960年に解体された。しかし、20数年後に隔林亭文書が発見され、一枚の写真と古図をもとに、平成5年に復元。現在は茶会も開かれている。また、園内には、西郷隆盛とともに活躍した江藤新平の銅像、こども遊園地、小動物園、グランドなどもあり市民の憩いの場になっている。なかでも、こども遊園地は、小さなこども向けの遊園地で、ミニジェットコースター、メリーゴーランド、チェーンタワーなどファミリーで楽しめる遊具が多い。フードコーナーもあり、BBQもあるので、親子で楽しむことができる。
西渓公園(佐賀県) 西渓公園は、江戸時代、多久邑女山多久家(家老職)の屋敷跡で大正12年に実業家高取伊好が私財を投じて建設整備した格調高い山水公園。で、多久村に寄贈したもの。そのため、高取伊好の号 の西渓から西渓公園と名づけられた。園内には約400本のサクラがありお花見スポットになっている。また園内には、郷土資料館、先覚者資料館、歴史民俗資料館の3つ資料館をはじめ、国登録文化財で佐賀県遺産の寒鶯亭(かんおうてい)や武富咸亮の大宝聖林碑、作家滝口康彦の文学碑などがある。もちろん、サクラだけではなく四季を通じて様々な植物を楽しめることができる。なかでも、ツツジと180本あるモミジは美しい。
御船山楽園(佐賀県) 15万坪(東京ドーム約10個分)の敷地の御船山楽園は、佐賀鍋島藩の第28代武雄領主・鍋島義公が約3年かけて1845年に完成させた池泉回遊式庭園。園内には、ソメイヨシノ、大島桜、八重桜など2000本のサクラが植栽され、九州有数の桜の名所のひとつで満開時には『花祭り』が開催され、ライトアップするので夜桜も楽しめる。また、サクラだけでなく、約20万本のツツジやフジの花も美しく、秋には樹齢170年の大モミジや楓群を見ることができる。ちなみに、この御船山楽園の造園は、狩野派の絵師を京都から招いて完成予想図を書かせている。また、2010年2月22日に風光明媚さと歴史的意義が評価され、文化庁より国登録記念物に登録されている。近隣には、武雄五社大明神ともいわれる市内で最も古い神社、武雄神社がある。この神社には、樹齢3000年の武雄の大楠があり神木になっている。
旭ケ岡公園(佐賀県) 日本の歴史公園百選にも選定されている旭ヶ丘公園は、鹿島城跡にある公園。春になると約5000本のサクラが咲く。満開時には、『旭ヶ岡公園桜まつり』が開催され、ライトアップされる。ちなみにこのライトアップは、今から約100年前の大正3年(1914)に九州初となる夜桜電飾が設置されたことが始まりになっている。今では、花見客で賑わう佐賀県三大桜の名所のひとつになっている。また、公園周辺にも桜並木が花のトンネルのようになる場所をはじめ、鹿島城址の赤門、鹿島鍋島藩の武家屋敷通りなど城下町の風情あふれる景観が楽しめる場所である。なかでも、赤門は、佐賀の乱で消失をまぬがれたもので県の重要文化財。現在は、県立鹿島高等学校の校門として使用され、祐徳稲荷神社と並ぶ鹿島のシンボルとなっている。
小城公園(佐賀県) 小城藩初代藩主の鍋島元茂、二代藩主直能が造営し名庭園のひとつになっているのが小城公園。園内にはソメイヨシノを中心に約3000本のサクラが植栽され、満開時には『おぎ観桜大会(スポーツ大会)』が開催される。これは、ソフトテニス発祥の地ということもあり古くから開催されているイベントのひとつである。もちろん、スポーツ大会だけでなく、園内では地元特産品の販売なども行われる。夜になると約5000本の竹灯篭が園内を彩るなか、『小城さくらいろコンサート』やラジオ局の生放送など、各種イベントも行われるほか夜桜を楽しむこともできる。ちなみに、その美しさは佐賀県で唯一「さくら名所百選」(日本さくらの会)に選ばれるほど。もちろん、サクラ以外の2万5000本のツツジやフジ、初夏にはホタルの鑑賞ができるほか、園内には、小城の滝、じゃぶじゃぶホタル池、噴水、水遊びができるウォターテラス、足つぼ歩道、冒険トリデ、ちびっこゲレンデなどもある。
陶山神社(佐賀県) 有田の町を見下ろすことができる高台に、1658年に建立された陶山神社は、当時有田の統治と有田焼及び陶工に関する管理を行っていた鍋島藩の皿山代官の指示により造営された、「有田焼陶祖の神」として陶工たちの崇敬を集めたとされている。境内には、約500本のサクラが植栽され、珍百景にも選ばれた神社の参道を通る電車や国の登録文化財に指定された磁器製の大鳥居や狛犬とのコントラストが楽しめる。また、毎年5月4日には、やきものの繁栄を願って『陶祖祭』が行なわれ県内外からの観光客等で賑わいを見せる。有田ならではの陶器のお守りが人気。神社近隣には、有田焼の陶祖・李参平の碑がある。李参平率いる朝鮮からの陶工集団は、1616年に有田町の泉山で白磁鉱を発見し、日本で初めて磁器の焼成に成功したとされている。
立山公園(長崎県) 面積約4.5haで立山や西山にまたがる丘陵地を公園にしたのが立山公園である。長崎市内の公園の中で最もサクラが多く約700本が植栽され、春にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、カンヒサクラ、八重桜などが咲く。サクラが満開の時期には、『立山公園さくらまつり』が開催される。夜間には、約500個のぼんぼりが灯され、夜桜を楽しむことができる他、露店も並ぶ。園内には展望台や多目的広場、遊技広場があり、スポーツなどの利用客も多く、寝幅広い年齢層に親しまれている。また、近隣には、長崎歴史文化博物館や眼鏡橋などの観光スポットがある。ちなみに、長崎歴史博物館は、大航海時代から明治期にいたるまでの西洋、中国、朝鮮などと長崎が深くかかわってきた歴史などをIT技術を使ってわかりやすく紹介している。
佐世保市中央公園 (長崎県) 中央公園は、佐世保市内の中央部に位置し、花見の名所としても知られ満開時には約350本のソメイヨシノが咲く。ソメイヨシノの他、陽光桜が14本植えられているが、こちらは旧制県立佐世保高等女学校の卒業生が2000年に寄付したことから「二千年サクラ」と呼ばれている。サクラが満開になる時期には『桜まつり』も開催される。園内には、交通公園もあり、信号機や標識のある全長500mのコースを利用したゴーカート(有料)があり、交通ルールを学びながら楽しく遊ぶ事ができる。また月曜を除く平日には、自転車練習場の利用も可。中央公園から徒歩10分くらいの所では、早朝3時より朝市が行われ漁から帰ってきた漁船がとれたての魚を水揚げされる様子を見ることもできる。
西海橋公園(長崎県) 総面積36.8haの 西海橋公園は、西海橋の佐世保市針尾東町側と西海市西彼町側、新西海橋添架歩道部分に位置する観光公園。アスレチック園内には、ソフトボール場、海浜広場、芝生広場、展望台等が整備され、家族やグループでにぎわっている。また、新西海橋の添架歩道の中央部分にある丸いガラス窓からは、真下にうず潮を見ることもできる。日本3大急潮の一つ針尾瀬戸の景観を望める場所としても有名で、特に旧暦3月3日は、節句潮と呼び大潮時には『大観潮会』も行われる。園内にはサクラは約1000本あり、長崎県内で人気の高いお花見スポットにひとつ。サクラの満開時には、海と渦巻く潮流との美しいコントラストが見ることができる。満開時には、ライトアップされるので夜桜を楽しむこともできる。
島原城(長崎県) 五層の天守閣をもつ島原城は、築城の名手と讃えられた藩主松倉重政が7年の歳月をかけて寛永元年(1624)に完成させた城であったが、明治維新で一度解体、昭和39年(1964)に復元されたものである。島原城を一周する堀端に約250本のサクラが咲き、花のトンネルになっている。そのため、藩政時代から桜馬場と呼ばれ、桜の名所として300年もの歴史がある。今でも、お城のサクラとして市民に親しまれている。桜の見頃に合わせ『桜祭り』が開催される。イベントでは、お茶会などがあるほか、提灯でサクラをライトアップするので夜桜も楽しめる。ちなみに、島原城内は、島原の乱の資料を展示したキリシタン史料館となっている。敷地内には雲仙普賢岳の噴火活動を解説した観光復興記念館や彫塑家北村西望の作品を展示する西望記念館などもある。
大村公園(長崎県) 大村公園は、江戸時代に大村藩主の居城であった、長崎県大村市の玖島城跡地に整備された公園である。園内には、総数2000本のサクラがあり、春になると次々に開花し「日本のさくら名所百選の地」にもされている。サクラは様々な品種があり、3月下旬から4月上旬はソメイヨシノ、4月中旬はオオムラザクラ、クシマザクラ、ヤエザクラが開花する。なかでも、オオムラザクラは国指定天然記念物にも指定されており、花弁が60枚から多いもので200枚にも及ぶものもあり名桜中の名桜、里桜の中の逸品とされている。サクラの開花を皮切りに、園内には次々に春から初夏にかけて様々な花を楽しむことができるので『おおむら花まつり』が6月下旬まで開催され期間中園内は23時までライトアップされる。
亀岡公園(長崎県) 亀岡公園は、平戸城二の丸跡を整備した都市公園。天守閣や各櫓、樹齢400年のマキ並木、数多くの記念碑などが並び、テニスコートや運動場も整備されている。サクラは、約1000本のソメイヨシノが植栽され、例年3月下旬から4月上旬に一斉に花を咲かせる。また、園内にある明治13年に建てられた本殿・拝殿・弊殿・神楽殿が国の登録有形文化財となっている亀岡神社では、花びらの中にさらにつぼみを持つ珍しい「二度咲き桜」を見ることができる。また、サクラが満開の頃には『さくら祭り』が開催され、夜はライトアップされているので、夜桜も楽しめる。その他、園内は、ヒラドツツジの原木園もあり、種の保存・活用がされている。
熊本城(熊本県) 天下の名城とうたわれ、街の中央に豪壮無比な構えを誇っている。日本三名城の一つに数えられ、天正16年(1588)、肥後半国の領主として熊本に本拠を置いた加藤清正によって築かれた。築城は慶長6年(1601)に始まり、同12年(1607)に完成したといわれている。城内は自然の趣を存分にたたえ、人々の人気を集めている。桜は、ソメイヨシノを中心にヤマザクラ、ヒゴザクラ(肥後桜)など約800本が咲く。開花時期には,行幸坂及び熊本城内一帯にちょうちんを点灯し、従来のお城のライトアップに合わせて優雅な姿を夜空に描き出す。
水俣市チェリーライン(熊本県) チェリーラインは湯ノ鶴温泉と湯の児温泉を結ぶ全長約27Kmの桜街道。「さくらの名所100選」にも選ばれている場所。なかでも、湯の児海から不知火海沿いに続く約5kmは、昭和32年に海岸道路完成に伴い500本のサクラが植栽された美しい桜並木を見ることができる場所。チェリーラインには、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど様々な品種があり毎年3月下旬から4月上旬に湯の児温泉で『湯の児桜まつり』が開催され、花見船(要予約)などもでる。ちなみに、湯の児温泉は、4世紀頃に第12代景行天皇がこの地方を行幸された際、お湯が湧き出るのを見つけ、湯温が低く「湯の親ではなく、子だ」としたことから「湯の児」と名付けられたとされている。泉質は弱アルカリ性炭酸泉で、リウマチなどに効果がある。
蛇ケ谷公園(熊本県) 蛇ヶ谷公園は、総面積約20万㎡の広大な公園。春には総数約5000本のサクラが咲く。園内の主な品種は、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、オオシマザクラなどで、満開時期に合わせ園内を提灯でライトアップされるので夜桜が楽しめる。園内は、野球場、グラウンドゴルフ場、テニスコート、芝生広場、展望所、わんぱくひろば等が整備されている。展望所は、玉名市内や有明海、雲仙が見渡せる絶景ポイントとなっている。ちなみに、蛇ヶ谷公園の名前の由来は、法然上人の師である皇円上人の龍神信仰からつけられたのだとか。近隣には、熊本県の1300年の歴史ある温泉郷。玉名温泉がある。玉名温泉は、かつて立願寺温泉と呼ばれ、地元にある疋野(ひきの)神社の神護寺であった立願寺がその名のその由来になっている。
菊池公園(熊本県) 菊池公園は、菊池市内を見渡せる小高い丘に位置する。春になると約3,000本のサクラが花開く。園内には、ソメイヨシノやヤマザクラだけではなく、一本の木から一重と二重咲きの花を咲かせる墨染桜と呼ばれる非常に珍しいサクラもある。サクラの満開時期には『きくちさくら祭り』が開催され、夜はライトアップも行われる。園内には、芝生広場や大型アスレチックもあり、なかでも観月楼展望所は菊池公園のサクラと菊池市内が一望できる絶景スポットとして知られている。また、サクラだけでなく、ツツジも美しい場所である。近隣には南北朝時代に南朝側で戦った菊池氏の3代を奉る菊池神社もあるほか、美肌の湯としても知られる菊池温泉がある。
高森峠の千本桜  (熊本県) 阿蘇郡高森町の高森峠は、ソメイヨシノやヤマザクラなど約6000本の桜がおよそ3kmの沿道に咲くことから千本桜と呼ばれる。また、麓から頂上まで150m標高差があるので比較的長期にわったってサクラを楽しむことができる。サクラが満開になる頃『サクラ祭り』が開催され、郷土芸能の披露、郷土料理や特産品の販売も行われる。ちなみに、高森峠は通称「九十九曲り」と呼ばれ、頂上までヘアピンカーブが続く峠で難所のひとつになっている。近隣には、湧水トンネル公園、高森殿の大杉などがある。なかでも、湧水トンネル公園は、トンネル内に歩道が整備されて、水玉が不思議な動きをする仕掛け噴水ウォーターパールも見どころの満載。
市房ダム湖畔(熊本県) 市房ダム湖は、昭和35年(1960)に建設された人造湖で宮崎県との県境近く、球磨川源流が流れる水上村の中央部にある。市房ダム湖の周囲約14kmにわたって、約70品約1万本のサクラが咲き「日本さくら名所100選」にも選ばれ一万本桜と呼ばれる熊本県有数の花の名所。サクラが満開の時期には『湯山温泉桜まつり』などのイベントが開催される。イベントでは、健康マラソン大会をかわきりに神楽や木ん馬レース、今話題のSAKURA組のダンス、子供向けのキャラクターショーをはじめ、前夜祭では日本一早い大花火大会が行われる。また、『湯山温泉桜まつり』会期中はサクラのライトアップもされる。ちなみに、ダム湖の中央には、高さ約80mの水柱を上げる大噴水があり、湖畔周辺はサイクリングをすることもできる。周辺には、熊本県球磨郡水上村の神社、市房神社がある。参道脇には樹齢800~1000年と伝えられる杉並木などもある。
 一心行の大桜   (熊本県)  南阿蘇に位置する白水村の畑に咲くヤマザクラの巨木。この村は名水で有名で、日本名水百選にも選ばれた地。水がいいのか、ふっくらと半円状に咲く桜は、樹齢四百年余りで樹高が十七メートル、幹回り六メートルで枝の差し渡し三十メートルもある。桜の下には眠るのが熊本県宇土郡内の矢崎城主に中村伯耆守惟冬。約四百二年前の天正八年に島津の侵略に破れ、故郷のこの地にもどった一族は、戦火に散った武士の霊を弔うために墓地に一本の桜を植え菩提樹とし、一心に行(修業)を修めたという。以来、この桜を菩提を弔うとの意味で、「一心行の大桜」と呼ばれるようになった。その後、一族によって守られた桜は、嘉永二年の山津波や昭和二十八年の大水害などの災害にも生き続けたが、五十数年前には落雷で幹が六つに裂けるという目にもあい、半円状に広がった枝の姿は、その時の名残でもある。今では周囲に柵が設けられ、満開の頃にはナノハナも咲き誇り、阿蘇五岳の山並みを背景に見事な咲きっぷりを見せてくれる。阿蘇周辺に夕闇が迫るとライトアップされ、その壮麗な美しさは昼間とまた違った趣を披露する。熊本県内では遅咲きで、花見の最後を飾る巨木としても地元の人に守られつづけている。
 大分県護国神社  (大分県)  大分県護国神社は、明治8年創建の招魂社。そのため、多くの慰霊碑や西南戦争で亡くなった軍人や警官の墓地などがある。サクラは約500本あり、ソメイヨシノやヤエザクラが咲き乱れる。また、境内には大分県花の豊後梅を中心に約200本のウメもあり毎年3月の第一日曜日は『梅花祭』が催される。展望台から大分市・別府湾が一望できなかでも臨海工業地帯やの眺望は最高。また、大分県護国神社以外にも元旦には『歳旦祭』、2月は『紀元祭』、4月『例大祭』、8月の『みたま祭』、10月には『秋期例大祭』、12月には『天長祭』と様々な催事が行われ市民には馴染がある場所のひとつでもある。ただし、神門の内側は飲食禁止。境内は火気厳禁なため当然バーベキューなどは禁止なので注意したい。
 鶴見岳(大分県)  大分県別府市にある標高は1,375mの活火山が鶴見岳である。東側山麓の扇状地には別府温泉(別府八湯)が広がっている。春、山麓には約2000本のソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇り、展望台やロープウェイから見下ろすサクラは絶景。鶴見岳山麓の県道沿いにはシダレザクラも咲いている。ちなみに、サクラの数は大分、別府を代表する花見の名所として知られるだけあり。その数2000本。満開になったときの景色は絶景である。また、サクラだけでなく初夏はミヤマキリシマ、秋はモミジ、冬は霧氷と自然の美しさを満喫できる場所である。山頂からは天気が良い日には四国まで見渡すこともできる。また、近くには美しい湖の志高湖や、サクラソウ、ハナショウブ、キスゲ、ミヤコアザミなど植物学上貴重な植物が繁茂する湿原地帯猪の瀬戸などがある。
 臼杵城跡(大分県)  東九州一円に権勢を誇ったキリシタン大名の大友宗麟によって築城された城跡が臼杵城跡である。春には植栽されている1000本ものサクラが咲く花名所である。満開になる3月下旬~4月上旬に『臼杵城址桜まつり』が毎年開催されるが、日程は開花状況により異なるため要確認。イベント期間中は、サクラのライトアップをはじめ大道芸人によるパフォーマンス、大友宗麟鉄砲隊演武、ワープ桜フェスティバルなどさまざまな催しが行われる。また、この臼杵城跡より遠くない場所には国宝の臼杵石仏(磨崖仏)もある。これは、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたもので、古園石仏大日如来像の代表のひとつである。60余体のうち、59体が国宝になっている。臼杵城跡のサクラと合わせて見るのもよいだろう。
 岡城阯(大分県)  岡城は、文治元年(1185)に緒方三郎惟栄が築城されたと伝えられているが、現在は石垣だけが残っているだけである。そのため、城跡一帯は公園として整備され、ソメイヨシノ、ボタンザクラなど約450本のサクラが植栽されている。史跡の石垣に美しく映えるサクラの美しさから「日本サクラ名所百選の一つ」にも認定されている場所である。サクラが満開の頃には『岡城桜まつり』が開催され、大名行列、甲冑武者行列が岡城阯から城下町をねり歩く他、肥後熊本藩 葦北鉄砲隊演舞、騎馬武者早駆けなども行われる。また、『岡城桜まつり』期間は、中学生以上1乗車100円でシャトルバスが運行される。ちなみに、この岡城阯は瀧廉太郎の名曲「荒城の月」の舞台にもなった場所である。
 宇佐神宮(大分県)  宇佐神宮は、国に4万社余ある八幡社の総本宮として知られている。春には約300本のソメイヨシノが咲き誇る花の名所としても知られている。太古からの原生林に囲まれた境内には、国宝の八幡造の3棟の本殿や下宮、神橋、呉橋、能楽殿といった貴重な建築物が立ち並んでいる。ちなみに宇佐神宮の神様は、八幡大神、比売大神、神功皇后で一之御殿では、勝負運や商談など仕事面や金運などの縁起が、また二之御殿と三之御殿は、縁結びや安産、子育などの運気を上げるとされている。参拝の方法は、通常の神社とは異なり出雲大社同様に二礼・四拍手・一礼なので覚えて置くと良いだろう。その他、国の天然記念物になっている千古斧を入れていないイチイガシなどもある。
 安岐ダムいこいの広場公園(大分県)  安岐ダムの周囲には3000本のサクラが植えられ、県下でも有数のサクラの名所として知られている。サクラが満開の時期には『桜まつり』が開催され、ライトアップされた夜桜のお花見を楽しむこともできる。ただし『桜祭り』は開花状態などで異なるので、日程などは事前確認をするほうが無難である。また、近くには、約500本のソメイヨシノが咲き誇る宇佐神宮や、国宝の臼杵石仏で有名な臼杵市の中心に位置する臼杵城跡、瀧廉太郎の名曲『荒城の月』で有名な岡城阯を見て回るのも良いだろう。ちなみに国東市では1万円以上ふるさと納税者には、国東市ならではふるさと産品や国東市の地場企業が作る商品などが贈られる他、全員に「富来神社」にて祈願済のスクラッチカード式富くじも送られる。
 ハーモニーランド  (大分県)  ハーモニーランドは、大分県にあるハローキティなどサンリオキャラクターに出会うことができる屋外型テーマパーク。園内にはソメイヨシノ、ヨウコウザクラなど約500本のサクラの木があり、園内各所にたくさんのお花見スポットがあることで知られている。満開期には夜桜とLEDが競演する『夜桜ファンタジア』が開催され、桜並木をライトアップされ夜桜見物ができる。園内は、エントランスには人気キャラクターの可愛い花壇もある。カーニバルスクエア近くの園路には、シダレザクラもありいち早く花を咲かせ春を呼ぶ。また、アトラクションにひとつ「ハーモニートレイン」はサクラのトンネルを通りぬけるとお花見シーズンは一番人気になっている。
   
   
 垂水公園(宮崎県)  標高120.5mの垂水台地にある垂水公園。この公園は、明石海峡大橋・垂水ジャンクションのオープン時に「スポーツ・健康と緑・憩い」をテーマに整備された公園である。公園の北ブロックには憩いの芝生広場、トリム園地、どんぐりの森、南ブロックには球技場やテストコート、フットサル等のニュースポーツ専用コート、健康足踏園路が整備されているので体力のレベルに合わせて運動ができる。園内には、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ(八重桜)などの品種約3500本のサクラがあり、約2キロの桜並木は「チェリーロード」と呼ばれ親しまれている。毎年3月下旬~4月上旬にかけて『桜祭り』が行われ、祭り期間中はサクラがライトアップされ夜桜を楽しむこともできる。
 母智丘公園(宮崎県)  母智丘公園は、天然芝の広場などがある広い公園である。園内には、母智丘千本桜と呼ばれている約2600本のソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラの、2km続く桜並木はその美しさから「日本の桜名所100選」にも選ばれるほどで、県下最大の規模を誇るサクラの名所のひとつである。また、サクラが満開になる時期には『都城もちお桜まつり』 が開催される。まつりでは、ライトアップをはじめ民俗芸能や地元芸能、スケッチ大会、さくら福男・さくら福女イベント、スタンプラリーなどが予定される。毎年『都城もちお桜まつり』は、3月下旬~4月上旬に開催を予定されてはいる。近くには遊歩道のある公園として知られている垂水公園もある。
 城山公園(宮崎県)  初代の藩主高橋元種が慶長8年(1603)に築いた延岡城の跡地を整備した公園。春には約250本のサクラが咲く名所になっている。満開の時期には竹灯籠の演出も行われる『ワイワイ花宵物語』や『ワイワイグルメ博』などのイベントが開催される。また、夜にはサクラがライトアップされ夜桜が格別の趣をかもしだす。園内には、二ノ丸広場には礎石をはずすと石垣がくずれ、本丸へ侵入しようとす敵を一度に千人倒すことができたとされることから名づけられた「千人殺しの石垣」や6~17時まで1日に計6回つかれる城山の鐘など多くの見どころもある。また、丘陵の頂上部には日向灘を一望できる広場もあり花見シーズンには多くの人が訪れる。
 八幡丘公園(宮崎県)  標高396mの八幡丘山頂とその周辺が、八幡丘公園と呼ばれるエリアである。宮崎県の花の名所のひとつに数えられ春はソメイヨシノ・オオシマザクラなど650本のサクラが空を覆う。また、山頂までの約1Kmは美しいサクラのトンネルとなり桃源郷を思わせる。もちろん、サクラ以外にもエビネ、野カイドウ、レンギョウ、ツツジ、フジ、ウメ、ツバキなどの四季の花々に出会うことができる。サクラの見頃になると『桜まつり』も行われ桜並木がボンボリなどでライトアップされた幻想的な夜桜を楽しむこともできる。藩政時代から明治、大正の頃には、八幡丘では馬、牛などの放牧がなされ、屋根の茅の刈場でもあった場所だとされている。尾根道には、弘泉寺、馬頭観音堂、相馬神社などもある。
 上米公園(宮崎県)  上米公園は、樺山城跡地を整備した公園で幼児用遊具、大型遊具、アスレチックなどもある。園内で見ることができるサクラは約500本。いずれも、ソメイヨシノで3月下旬から4月上旬には満開となる。満開の時期には『上米公園桜まつり』が開催され、期間中はサクラがライトアップされ夜桜を楽しむこともできるが、毎年サクラの開花状態によって日程は異なるので出かける際には要確認のこと。敷地内からは、高台にあるので三股町、都城市、都城盆地、霧島連山を望める。また、『上米公園桜まつり』は『椎八重公園つつじまつり』『しゃくなげの森のしゃくなげまつり』『早馬まつり』は三股町の春まつりとして親しまれている。なかでも『早馬まつり』は母智丘の大祭とともに都城・北諸地方における二大まつりにもなっている。
 舞鶴公園(宮崎県)  舞鶴公園は、鶴の羽ばたくカタチに似ていたことから舞鶴城とも呼ばれていた秋月氏の居城であった高鍋城の城跡を整備し造られた公園。現在は、高鍋町歴史総合資料館や秋月種樹の邸宅を復元した「萬歳亭はなれ」などもある史跡公園になっている。園内には、約1000本のヤマザクラ、ソメイヨシノなどを見ることができる。3月中旬から4月上旬には『舞鶴公園桜まつり』が開催され、夜桜見物、弓道大会、物産展などイベントが行われるが、日程は開花状況により毎年異なる。また、舞鶴公園では『舞鶴公園桜まつり』だけでなく、『灯籠まつり』『木もれびクラフト市』など四季を通じて県民の憩いの場となっている。
 西都原古墳群   (宮崎県)  宮崎県のほぼ中央、一ツ瀬川の中流域右岸に位置する西都原は、日本最大の古墳群で大小329基古墳が点在しており、特別実跡公園になっている。現在までの発掘調査より3世紀半ばから7世紀前半に築造された古墳群と推定されている。サクラは、九州最大といわれる2基の古墳の東に並木をつくっており、春の訪れとともに、約2000本が咲き誇る。また、約30万本の菜の花が咲き、野をいっせいに染め上げサクラと菜の花が同じ時期に見頃を迎え、その風景はまさに絶景そのも。また、夏には約100万本のヒマワリ、秋には300万本のコスモスが楽しめ、このほか、西都原考古博物館の北側第3古墳群付近では2月には白梅、西側高取山では4月下旬にはミツバツツジも見られます。
 仙巌園(鹿児島県)  世界遺産仙巌園は、約50,000㎡の広大な敷地の中に歴史、文化、自然など様々な見どころが点在している総合文化園である。園内にはカンヒザクラ、ガンタンザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、サトザクラなど約150本のサクラの木があり2月上旬~4月上旬に見頃となる。ウメからはじまる春の花の季節には『薩摩のひなまつり』イベントも開催される。ちなみに、この仙巌園は1658(万治元)年、19代島津光久によって造られた、島津家の別邸である。園内は、桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた風景を見ることができる。あの幕末の名君、28代島津斉彬がこよなく愛し、徳川将軍家に嫁いだ篤姫も足を運んだ場所としても知られている。もちろん園内には、サクラだけではなく、ツバキ、ザザンカ、ナノハナといった四季の植物を楽しむことができる他、温帯と亜熱帯の境に位置することから、数多くの珍しい植物も植えられている場所でもある。
 串良海軍航空基地跡(鹿児島県)  特別攻撃隊の基地であった串良海軍航空基地の跡地を整備して造られたのが串良平和公園である。今では、レジャープール、野球場、陸上競技場等整備されている場所であるが、約5,000人の飛行予科練習生が訓練を受け、終戦までの半年間に多くの若者が空に飛び立った場所でもある。昭和46年の春に、関西に移り住んだ串良町の出身者たちの手により、当時の滑走路跡東西南北3kmにわたり約1,200本の桜が植樹された。サクラが満開になる時期には『くしら桜まつり』が開催されライトアップされた夜桜が楽しめる他、『ジョギング大会』なども行われる。美しいサクラを愛でながら、特別攻撃隊の基地であったことを次世代へと語り継ぐのもよいだろう。各種のイベントは開花状況、自然状況などにより変更などもあるため要確認。
 魚見岳自然公園   (鹿児島県)  標高200mを超える荒々しい魚見岳にある魚見岳自然公園は、ハワイにあるダイヤモンドヘッドに、似ていることから地元では指宿のハワイとも呼ばれている。春には約1000本のソメイヨシノを見ることができるサクラの名所のひとつである。展望台からの眺望は素晴らしく、晴れた日には桜島、知林ヶ島、佐多岬や指宿市街地を眺めることもできる。近くには、露天風呂があるレジャー施設ヘルシーランドやなどもある。また、指宿の砂むし風呂は300年もの昔から知られる入浴法のひとつ。その効用は知る人ぞ知るといったものでしかなかったが、鹿児島大学医学部田中教授らの研究では普通の温泉のなんと3~4倍効果があるのだとか。花見に帰りに立ち寄るのもいい。
 国分城山公園   (鹿児島県)  192mの高台にある国分城山公園からは、霧島連山、南に桜島の雄姿と波穏やかな錦江湾、眼下に国分平野を望むことができる360度のパノラマが広がる風光明媚な場所である。園内には、約34種類3万本の樹木が植えられ、春にはソメイヨシノなど550本のサクラが開花する。サクラが満開の時期には『国分城山公園さくらまつり』も開催される。園内には観覧車、ゴーカート場、全長100mのローラースライダー、パターゴルフなどが楽しめる場所もある。また、霧島神宮温泉郷では「入湯霧札」があり1枚で3つの温泉施設を楽しめるので花見の帰りに足を伸ばしてみるのもいいだろう。その他にも、加久藤カルデラとその南縁に成長した霧島山がつくった風景を楽しむことができる霧島ジオパークなどもある。
 丸岡公園(鹿児島県)  明治100周年記念事業の一環として建設された総面積は27haの丸岡公園には、九州一のコースを誇る一周1,500mのゴーカート場、多目的グラウンド、日本庭園、ローラースケート場、宿泊、研修、合宿、会議などに利用できるコミュニティセンター、研修館、さらにバンガロー「こもれびの里」、お食事処「まるおか桜苑」などがある。園内には約6000本のサクラがあり満開の時期には約2万人以上の花見客でいっぱいになる。お花見の時期に合わせてサクラはライトアップされるので夜桜も楽しむことができる。サクラだけでなく、園内にはツツジも多い。近くにはキャンプ場も数多くある。
 知覧平和公園   (鹿児島県)  知覧平和公園の園内には、太平洋戦争末期の沖縄戦で爆装した飛行機で敵艦に体当たり攻撃をしたとされている陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料を展示している知覧特攻平和会館、陸上競技場、多目的球場、サッカー場、庭球場、弓道場、相撲場、武道館などがある。公園内には約600本のサクラを見ることができる。そのうちの120本は特攻平和会館に続く桜並木のトンネルとなっている。このトンネルは新城卓監督、石原慎太郎製作総指揮・脚本で知られる映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』のワンシーンにもなっている。サクラの満開になる時期には、ライトアップされるので夜桜も楽しむことができる。サクラの花影に当時の特攻隊の影が重なり、しみじみと平和の大切さを感じることもできる。
 忠元公園(鹿児島県)  忠元公園は、市街地を見渡せる小高い丘の上に位置し鹿児島県の花の名所のひとつである。園内には、約1000本のサクラがあり見頃の時期には、千数百個の提灯も灯されライトアップされるので、昼夜異なる表情のサクラを見ることができる。その美しさから平成2年には「日本さくらの名所100選」に選定され、毎年3月下旬から4月上旬にかけて『桜まつり』が開催される。『桜まつり』では、野点、フリーマーケット、高所桜見物、約2~32kmにもなるサクラの花のトンネルなどのイベントが多数。また、伊佐市には、日本一のエドヒガンサクラが奥十曽(おくじっそ)と呼ばれる場所にあるので足を伸ばすのもいいだろう。
   
   
 今帰仁城跡(沖縄県)  今帰仁城跡は、標高約100mあった今帰仁城の跡地である。サクラの本数は城内外で600本程度ではあるが城壁と桜の独特の景観を楽しめる。サクラが満開になる1月下旬~2月上旬には『今帰仁グスク桜まつり』が開催される。イベントでは、幻想的な光で城壁を照らし出すグスクライトアップが行われ、幻想的な普段見ることのできない城跡を見ることもできる。また、平朗門から城内への参道をロウソクの灯りで誘うグスク花あかりや特設舞台では地域の伝統芸能や創作太鼓の演奏が披露されるなど盛りだくさんのイベントが行われる。さらに、毎月第1日曜日の10時~15時には今帰仁城趾グスク交流センター前芝生で『今帰仁城跡ふれあい手作り市』も実施されている。ちなみに、グスク(スク)とは、沖縄地方の方言で城、城跡、古代の遺跡などを指す言葉だとされている。
 名護城公園(沖縄県)  沖縄のカンヒザクラは、本州よりも早く開花する。沖縄本島の北側に位置する名護市内を見渡せる名護城公園は、日本で最初にさくら名所100選に選ばれた場所。「日本の春はここから」をキャッチフレーズに約2万本のカンヒザクラが見られ、開花時期の2月には同公園内を歩き回れば、もう気分は春。この頃でも日中の最高気温は20℃近くまで上がる日もあるほど。また、「名護さくらまつり」期間には市街地を中心とした会場では、仮装行列や特設ステージでの多彩なイベントが催され、サクラの開花とともに華やかな賑わいを見せる。公園の頂上の展望台を目指して歩けば、途中から東シナ海と桜の共演する風景も見られる。また、近くでは八重岳では「 本部八重岳桜まつり」も開催中。標高453mの八重岳では、山すそから山頂まで約7000本のピンク色のサクラが鮮やかに彩り、訪れる人の目を楽しませてくれる。
 八重岳(沖縄県)  沖縄本島の北部にある本部半島にある標高453mの八重岳。麓から山頂までの約4kmの道沿いには、カンヒザクラ約7000本が植えられ、ピンク色の花びらが鮮やかに彩り、沿道は多くの花見客で賑わう。山の中腹にはサクラの木をはじめ、木々に囲まれた「八重岳桜の森公園」が整備され周辺の山々や海を望むことができる。また、開花に合わせて「八重岳桜祭り」が開催され、駐車場には露天の店が多数並びヤギ汁なども食べられ、祭り気分を盛り上げる。だが、沖縄ではサクラが低木で群落があまりないこともあり、サクラの下で宴会するようなお花見をすることはないので、散策しながらの花見となる。