花暦 
  
北海道神宮(札幌市) 札幌ではじめての花見の名所。明治時代に建立された円山公園に隣接する大社で、開拓の神が祀られています。札幌の春は本州と違い、ウメも同時期に咲くため、境内にあるウメ、エゾサクラ、ソメイヨシノ、チシマザクラ、ヤエザクラなど約1400本が一斉に咲き揃う様は圧巻です。花見の時期は約60店以上もの露店が立ちならび、北の短い春を市民総出で満喫するかのような賑わいを見せます。境内には他にも樹齢数百年を越えるハルニレの大木があるなど、初夏からは緑深く、バードウォッチングのメッカとしても知られています。
円山公園(札幌市) 隣接の北海道神宮、円山動物園、円山原始林(天然記念物)と併せて札幌を代表する公園。もとは明治初期に開拓使が設置した樹林の試験場だったのが、明治末から大正にかけて大規模な公園として整備され、野球場、競技場、テニスコートなどの運動施設がつくられ、現在では札幌市民の一大レクリエーションの場となっています。桜の名所になった謂れについては、札幌の基礎をつくった開拓主席判官の島義勇を偲び、部下だった福玉仙吉が明治8年に北海道神宮の参道に150本のサクラを植樹したのが始まりとされています。わずか百日だけの開拓判官をなぜこうも長い間慕い続け、桜まで植えたのか…。この話しは札幌誕生の秘話にも繋がる、人が人を思う美しい物語のひとつと言えます。その美しい桜の開花時期には期間限定でお花見用BBQコンロのレンタルも行われ、大勢の花見客が訪れます。
登別桜並木(登別市) 昭和9年に当時の皇太子(現在の天皇陛下)誕生を記念し、地元の有志たちが近隣の山からサクラの木を集め、2年かけてJR登別駅から登別温泉までの8㎞の沿道にエゾヤマザクラ約2000本を植樹。ここ数年でさらに数百本が植えられ、今では花のトンネルの名で親しまれています。札幌などに比べ人が少なめなのでゆっくりと散策できると隠れた花見スポットとして人気です。沿道の途中にある桜ざか駐車場公園に車を止め、じっくりと鑑賞したいもの。サクラの花の時期以外でも駅から長く続く緑の並木のトンネルは美しく、一度は訪れてみたい場所です。
函館公園(函館市) 函館公園は明治12年に開園した歴史のある公園で、園内には、動物園や市立博物館のほか、遊園地「こどもの国」などがあります。函館山の麓に位置するため、坂などの起伏のある園内から花見をすると、ソメイヨシノやヤエザクラなど約700本の桜をさまざまな角度から鑑賞できるのが何とも嬉しいポイントです。さらには海にほど近いため、ほんのりピンクに色づくサクラと青い海の二重奏を同時に眺められるのがこの公園の花見の最大の特徴。園内には随所にトイレも完備されているため小さな子がいる家族連れでも安心して楽しめるほか、指定エリア内では火も使えるので花見をしながら同時に地元ならではのジンギスカンを楽しむこともでき、夜にはサクラのライトアップも行われます。
光善寺の血脈桜(松前町) 松前町に生育するサクラは250種、総数は約8000本に上りますが、中でも一番有名なのが松前城の近くにある浄土宗の寺院光善寺の境内に咲く通称「血脈桜」こと「マツマエハヤザキ」という品種の八重桜。樹齢280年以上と言われる北海道指定記念樹にも指定されている老木で、樹高約8メートル幹回り5.5メートルの立派な樹勢からまるで枝垂れているかのように八重のサクラがたわわに咲く様は重厚感あふれる花姿です。「血脈」の名の由来は、昔、極楽浄土への証文のことを血脈といい、18代住職の時に庭にあったこのサクラを改修工事のため伐採することに決まった際、住職の夢の中に美しい女性が現れ「わたしは間もなく死にます。どうぞ極楽に行けるように血脈を書いてくださいませ」と頼むので書いてあげると、翌朝なんとサクラの木の高い枝にその血脈の証文が揺れていたとのこと。それを見た住職はサクラの精が会いに来たことを悟り、サクラを切ることをやめたそうです。その後、大火事に遭った際も焼けながらもこのサクラは見事に生き残り、今日に至ります。正式な品種名については、松前に桜前線が到達すると同時に開花することから「マツマエハヤザキ」とつきました。
松前公園(松前町) 北海道最南端に位置する松前町は、古くは最北の城下町として栄え、松前城をはじめとした数々の史跡が残っている町。桜は松前藩の時代に植えたのが始まり。約250種類、1万本以上の桜が1ヶ月に渡り、咲き競う。夜は露店が並び、天守閣もライトアップされ、ぼんびりで点灯された夜桜が楽しめる。松前の桜は、かつて松前城下で財力を誇った商人や、京の都から輿入れした藩主の奥方たちがふるさとを偲んで植えたり、藩主や侍たちが参勤交代の際に江戸から持ち帰ったのが始まりとも言われいる。この藩政時代からの古木は、今も花を咲かせているという。また、1965年に開園した桜見本園には、古くからある桜の品種や松前の桜守りと言われる浅利政俊氏が作りだした新種の桜など、約600本以上の桜が順番に咲き誇る。種類によっては早咲き、中咲き、遅咲きと花期が異なるので、長い期間に桜が楽しめるスポットでもある。
青葉ヶ丘公園(森町) 大正3年に開設された歴史ある公園で、その時に植栽されたサクラが100年を迎えて今も咲き誇る姿は圧巻です。眺望もよくサクラの間から駒ヶ岳が望めます。品種としてはソメイヨシノを筆頭に、モリコマチ(森小町)やアオバシダレ(青葉枝垂)といった世界で1本だけの固有種、ギョイコウ(御衣黄)やウコン(鬱金)など黄緑色の花を咲かせる珍種など、全16種約1000本が鑑賞できます。それぞれに花期が異なるため花見期間が長いのが嬉しい。また花見に最適の広い芝生もあり、パフォーマンス集団による大道芸や音楽隊の演奏なども行われる「もりまち桜まつり」も華やかに開催され、たいへん賑わいます。なお、サクラは突然変異を起こした枝を挿し木で育て1品種とすることもあって、この園だけの固有種が生まれたようです。
旭山公園(旭川市) 旭川公園は、昭和38年8月15日東旭川町と旭川市の合併により都市公園として開設された、約3500本ものサクラと愛らしいカタクリの群落が旭川に春の訪れを告げる花見の名所。自然につつまれた丘陵地に広がるこの公園には天然の美林がよく保存され、春の花見のほか、夏はハイキング、秋は紅葉狩りも楽しめるため、隣接の旭山動物園と併せて多くの家族連れで賑わいます。高台に位置しているので何より眺望が素晴らしく、旭川の夜景を楽しむデートスポットでもあります。毎春開催される「夜桜祭り」は満開のシーズンのみ19:00~22:00時までサクラのライトアップあり、おでんなどの露店も立ちます。北海道産ミルクのソフトクリームが人気です。

美唄市東明公園(美唄市) 4月の雪解けのあと、ソメイヨシノやエゾヤマザクラ、シダレザクラなど約2000本のサクラたちが一斉に春を告げる空知管内随一のサクラの名所です。例年、満開の花の中で「桜まつり」が盛大に行われ、夜桜も楽しめます。サクラの開花にあわせて園内にはたくさんのぼんぼりが灯り、日本情緒あふれる幻想的な花見の美しさを堪能できます。また、園内の「ふるさとの見える丘展望台」からは、雄大な空知平野を一望することも可能です。他にも6月中旬からピークを迎える5000本をこえるツツジや、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季を通じてさまざまな美唄の自然の景色が楽しめます。
朝日ヶ丘公園(富良野市) 日本百景の1つに選ばれた景勝地で、3000本のエゾヤマザクラが圧巻です。総合都市公園も隣接され、パークゴルフ場やアスレチックが整備されています。山頂からは富良野市街、その先には富良野盆地の広大な田園風景や空知川、そして、その奥には大雪山系、十勝岳連峰が望めます。地元っ子に「なまこ山」と呼ばれ親しまれているこの丘全体にサクラが密集して咲くため、遠目からはこんもりとした桜色のお椀のような風情。訪れた人があまりのサクラの多さに誰しも最初はびっくりするそうです。サクラ並木の通り抜けが十分楽しめるスポットですが、車の場合、公園内の道路は一方通行の周回道路となっており、アップダウンが急で道も細く歩行者もいるのでサクラに気を取られないよう注意が必要です。秋にはヤマモミジやハウチワカエデなどが色づき鮮やかな紅葉に変わります。また十勝岳などの景色を眺めるのであれば管理人小屋付近からがおすすめです。公園の東は樹林が多いので葉が落ちる晩秋までは眺望不良です。
二十間道路桜並木(新ひだか町) 大正5年から3年間の月日を費やして、牧場職員が近隣の山野からエゾヤマザクラを集めて道路の両側に植えたのが始まり。この新ひだか町は、日高地方の競走馬のふるさととして知られる町でもある。今では約3,000本の桜が直線で7キロに渡り、永遠と両側に美しい桜並木が続き、地元の人に親しまれている。名前の由来は、明治36年(1903年)に同牧場を視察する皇族方の行啓道路として造成されたのが『二十間道路』で、左右の道幅がちょうど幅二十間(36m)あったことから、いつの日からか二十間道路と呼ばれるようになったという。
清隆寺(根室市) 桜前線の終着点として知られている根室で、清隆寺のチシマザクラは日本一遅く咲くサクラとして有名です。根室市観光協会では毎年サクラの季節になると5月にこの清隆寺のチシマザクラを観測し、開花状況を発信しています。北方領土由来のチシマザクラを標本木としているのは全国で唯一、根室市だけ。明治時代に国後島から移植されたという珍種でタカネザクラの変種であるチシマザクラは、強い芳香を持ち、咲きはじめと終わりが淡紅色で、満開時には白色に変わります。樹齢約150年にもなる老木もあり、北海道100年記念名木に選ばれています。
弘前公園(青森県) 津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。津軽統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内のサクラは、正徳5年(1715)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在のサクラは、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。
合浦公園(青森県) 「日本の都市公園100選」のうちの1つ。サクラの名所としても名高い、陸奥湾に面する17万平方メートルの広大な敷地の海浜公園です。池沼の周辺は日本庭園の様式を取り入れており、公園中央には青森市指定記念物の「三誉の松」が植えられています。600本を超えるサクラ並木の薄紅色と、松の緑、そして海の青と3色のコントラストが楽しめるのがここの花見の特徴です。開花期間中は「青森春まつり」も盛大に開催され、ぼんぼりが数多く灯されるほか、公園内の遊歩道沿いに100軒を超えるさまざまな露店が並び、多くの花見客で賑わいます。600台止められる大規模な駐車場もありますが例年春まつり期間はたいへんな混雑を見せますのでバスなどの公共機関を利用した方が安心です。
八戸公園(青森県) 「東北・夢の桜街道八十八カ所」にも選ばれた人気の花見スポットです。東京ドーム約8個分の広大な敷地は、緑や花木の相談もできる植物園と、遊園地や動物放牧、芝生広場などがある「こどもの国」に分かれています。他にもキャンプ場なども併せて園内には9つのゾーンがありますが、その中の1つ、特設された桝席からサクラが眺められる「サクラの杜」ゾーンにはソメイヨシノのほか、ウコンザクラやオシドリザクラなどの珍種も含め、約1600本のサクラが植えられています。GWの4月29日から5月5日には「はちのへ公園春まつりも開催され、園内の他のサクラと併せると合計2000本ものサクラを愛でに大勢の家族連れが訪れます。平成23年には、新たに室内遊具を備えた「こども交流館」もオープン。サクラの時期以外でも子どもたちにとってはまさに喜びいっぱいの「こどもの国」と言えそうです。
 芦野公園(青森県)  毎年30万人が足を運ぶ、「さくら名所100選」にも選ばれた津軽半島屈指の桜の園。青森県北西部に位置する金木は、文豪・太宰治の生誕地で、園内の芦野湖畔は彼の幼少時の思い出の地でもあります。80万平方メートルの広大な敷地には約2200本のサクラと約1800本の松が植えられ、園内のため池ではボートも漕げるので水上よりサクラを望むことも可能です。また毎年、園内の満開のサクラのトンネルを抜けて走る津軽鉄道「走れメロス号」が大人気。そのレトロな姿を一目見ようと多くの花見ファン、鉄道ファンが詰め掛けます。郷愁を誘う懐かしい車両とサクラのトンネルの組み合わせは、まるでおとぎの国にタイムスリップしたかのよう…。毎年、GWには「金木さくらまつり」も開催。津軽三味線のステージをはじめ、花火大会も行われます。
 世界一長い桜並木(青森県)  岩木山の南麓、嶽(だけ)温泉に通じる県道3号および周辺に、全長20キロメートルに渡って6500本ものサクラが植栽されています。昭和60年から10年かけて市民の手によってコツコツ植えられたサクラは、淡いソメイヨシノと比べると紅色が強いオオヤマザクラという品種で、満開時には、沿道を埋め尽くす濃いピンク色の並木が北の春を美しく彩ります。とくに津軽平野のシンボルでもある残雪の岩木山をバックにどこまでも立ち並ぶ風景は息を飲むほど絶景です。ドライブポイントとしては県道3号よりも1本南側の道路が道幅も狭い分、密集した桜並木が見られるのでおすすめ。また、世界一長い桜並木の途中には、駐車場やシバザクラが楽しめる遊歩道などもあり、のんびり散策も楽しめます。
 十和田市官庁街通(青森県)  「日本の道100選」に選ばれた官庁街通(駒街道)は、碁盤の目状に区画された街並みの中でもひと際美しい市のシンボルロードです。約1.1キロメートルに渡り、約156本のサクラと165本の松の並木がピンクと緑の2色で街を並走します。また、馬の字がつく「駒街道」の名前からも解るとおり、もともと馬の産地だった十和田市ならではの見どころも豊富。サクラ並木の途中に幻想的な馬の群れのオブジェがあったり、サクラを祝う十和田春まつりでは乗馬体験が出来たり、さらに全国で唯一女性だけによるきらびやかな衣装の「桜流鏑馬」も開催されるなど、馬とサクラの組み合わせがいろいろな形で楽しめます。期間中、市役所の展望台も一般開放され、5階の展望ロビーから美しい十和田市街とサクラ並木が同時に眺められるのがお得です。
 早掛沼公園(青森県)  下北半島一の桜の名所。むつ市で一番大きい公園でもあり、宿泊施設があるオートキャンプ場も隣接されています。園内のサクラの品種と本数の内訳は、ソメイヨシノが328本、ヤエザクラが31本、ギョイコウが4本。御衣黄(ギョイコウ)は読んで字のごとくサクラでは珍しい黄緑色の花が咲き、ソメイヨシノより1週間遅い開花が特徴です。他にも沼のある地形を生かした解放感あふれる敷地には春先、約500株のチューリップや250株のツツジなどが次々に咲き、北国の短い春を祝います。4月下旬から5月上旬まで「むつ桜まつり」も開催。吹奏楽部の演奏などが楽しめるほか、日が暮れてから辺りを照らすぼんぼりが幻想的です。

 城山公園(青森県)  戦国時代、南部氏の居城として栄え、今も往時を偲ぶ石垣や堀跡が残る自然美あふれる県立の城山公園。平成18年には「日本歴史公園100選」にも選出されましたが、県南随一のサクラの名所としても知られています。ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラ、ウコンザクラなど約1600本ものサクラが咲き誇り、開花期間中には「さんのへ春まつり」も開催。露店も多数出るため、多くの家族連れで賑わいます。また、熊野川と馬淵川の合流点の標高120メートルの高台にあるため、町を見下ろし、遠く名久井岳も一望できるのがうれしい限り。ほかにも園内には南部氏について学べる天守閣風の建物の温故館などがあり、歴史好きのマニアにとってもうれしい花見スポットです。
 北上展勝地(岩手県)  南部藩の宿場として栄えた北上の東側を流れる北上川の左岸の北上展勝地園内には約1万本の桜が植えられており、珊瑚橋から2キロに渡って700本の桜並木が続く。毎年4月中旬から5月上旬までは桜祭りも開催され、観光馬車や船下りなども出て行楽客でにぎわう。北上川に沿って続く、桜並木の周辺は川岸と畑が続き、観光馬車もゆっくりと走りながら、まさに牧歌的な雰囲気が味わえる。樹齢80年を超える桜は圧巻で、頭上を覆い尽くし、まさに桜のトンネル。さらに川沿いを眺めれば対岸から桜並木までロープが張られた大小300匹の鯉のぼりが青空に舞う景色も美しい。歩き疲れれば、タンポポが生える川岸の草むらに座りながら緩やかに流れる北上川を眺めながめて過ごせるのもいい。いかにも遅い東北の春が、肌で感じられる桜並木でもある。
 石割桜(岩手県)  盛岡地方裁判所の構内入口にある桜は、見てのとおり、巨大な岩の割れ目に生え、成長のともに割れ目を少しずつ押し広げている。樹齢三百六十年といわれ、昔は南部藩家老北家の敷地にあり、落雷で割れた花崗岩の隙間に種が入り、そのまま成長。樹高十一メートル、幹回り四、六五メートル、枝張りは南北二十メートルの巨本に成長した。明治九年に明治天皇の東北巡行の時に「桜雲石」と紹介したが、大正初期には現在の名前に改名されたという。国の天然記念物指定を大正十二年に受け、歴代の地方裁判所長は桜を枯らさないよう努力してきたが、昭和七年、裁判所が火災になった時、桜の北側部分が一部が焼け、服を濡らして降り注ぐ火の粉を打ち払った必死の消化活動は今でも語られている。その時の名言に「裁判所は燃えても建てる事ができるが、この桜は造ることができない」と、当時の人たちの桜への愛着を感じさせる。火災にあった翌年、見事な花を咲かせ関係者が胸をなで下ろしたという。現在の岩の隙間は二十五センチから三十センチ、岩に挟まれて樹木部分は板状と思われるが、石の上は通常の桜のようにこぶを造りねじれながらも枝を広げ、その生命力の強さには見る人に力を与えてくれる。
 米内浄水場(岩手県)  サクラの開花期だけ一般に開放されている盛岡市郊外の上米内にある浄水場で、知る人ぞ知るサクラの名所。敷地内には岩手県指定の保存樹林として保護されている樹齢80年を超す老木9本を含む、ヤエベニシダレヒガンザクラが約30本。たわわに枝垂れる八重咲きのサクラたちは、たかが30本と言えども存在感十分の見ごたえがあり、足を運ぶ価値があります。ただ、場内での飲食はもちろん、敷物に座っての見学、ペットの入場も不可。春のひととき、静かに静かにシダレザクラたちが主役の花の宴をのんびり散策しつつ楽しむ、そんな大人の花見をどうぞ。
 高松公園(岩手県)  治水用の人造湖だった高松の池を中心に、釣り堀やボタン園、バラ園なども併設された公園で、サクラは日露戦争の勝利を記念してソメイヨシノを植えたのがその始まり。大正時代にはすでに県下一のサクラの名所と言われ、昭和24年には盛岡市立公園に指定され、平成元年には「さくらの名所100選」にも選出されました。池に面した遊歩道1.4キロメートルを中心にオオヤマザクラ、ヤエザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノなど1260本のサクラたちが白雪の残る岩手山を背景に凛とした風情を湖面に描き出します。4月中旬から5月5日まで開催される「盛岡さくらまつり」では、たくさんのぼんぼりが灯り、屋台も数多く出店し、市外からも多くの花見客が訪れます。
 盛岡城址公園(岩手県)  江戸時代、南部藩の城下町として栄えた南部盛岡の不来方(こずかた)城。時を経て、今では盛岡城址という名でサクラの名所として毎年春には多くの花見客でたいへんな賑わいを見せます。関東以北の石垣組みの平城としては最大規模を誇り、天守閣は明治維新の際、取り払われたものの、現存する桃山形式の美しい石垣から、会津、白河とともに東北三名城の1つに数えられる城址公園です。立派な石垣とシダレザクラの調和がとりわけ美しく、ライトアップされる夜も幻想的な佇まいを見せます。品種も数多く、ソメイヨシノにはじまり、ニワザクラ、エドヒガン、アズマヒガシ、シダレヒガン、コヒガン、モリオカシダレザクラ、カスミザクラなど約200本のサクラが楽しめます。若き日の石川啄木や宮沢賢治など詩人たちにも愛された盛岡の憩いの広場。啄木がこの地を詠んだ句碑も立ちます。
 鍋倉公園(岩手県)  明治維新で版籍奉還されるまで250年南部氏の居城であった鍋倉城。その跡地に出来た鍋倉山の傾斜を生かした公園には、麓から頂上までソメイヨシノやヤマザクラなど約1000本のサクラとたくさんのツツジが植えられています。民話の古里、遠野盆地を一望できるのが、三の丸跡に建つ天守閣を模した展望台。ここは山を彩るサクラをぐるりと見渡せる絶景の花見ポイントでもあります。「遠野さくらまつり」期間中には、提灯で夜桜がライトアップされるほか、南部の殿様が八戸から遠野へ入部した様子を再現した「南部氏遠野入部行列」も賑々しく行われます。
 小岩井農場の一本桜(岩手県)  残雪の岩手山を背景に、どこまでも広がる緑の牧草地。そこに、凛と佇む一本桜(エドヒガン)の老木…。その美しい風景に惹かれ、毎年多くのカメラ小僧たちが押し寄せます。もともとはここに牛を放牧していたので暑さが苦手な牛たちのために「日陰樹」として植えたのが始まり。現在は、牛の餌として牧草を育てているスペースの為、衛生面のこともあり、立ち入ることはできません。かわりに、広域農道沿いに観覧スペースが設けられているのでこちらを利用のこと。すぐ近くに専用の駐車場もあります。開花中のGW、どんなに混雑しても写真をとったら帰る人が出るので回転率は高めです。他にも県道沿い、農場の牛舎入口にある約100本のサクラ並木も岩手山を背景にした眺望が素晴らしく、近年人気があります。帰りにはせっかくですから農場に立ち寄り、濃厚なアイスなど乳製品も楽しみたいところ。なお、サクラの開花状況は、期間中随時農場の「まきば園だより」のブログで写真付きで情報掲載されますので要チェックです。
 角館武家屋敷通り(秋田県)  今でも武家屋敷の町並みが残る角館は、江戸時代に佐竹藩の支藩が置かれた町。各家屋敷のシダレザクラは、今から350年前、京都から迎えたお姫さまのお嫁入り道具の中にあった3本の苗木が最初。それが元となって長い年月を経て、今日まで残る「角館のしだれ桜」になったと言われている。樹齢300年以上の老樹を含む町内には約400本あり、162本が国の天然記念物に指定されて華麗に咲き乱れる。「みちのくの小京都」と呼ばれるだけあり、町並みが武家屋敷の黒板塀が続き、江戸時代の城下町にタイムスリップしたかのように歩いて楽しめる。桜はシダレザクラで、木立が大きいのが特徴。塀から通りへと流れ落ちるかのように枝を伸ばし、風に揺れながら舞い、優雅な雰囲気を醸し出している。さらに武家屋敷も見学できるので、家主になった気分で庭先からの眺めるのも一味違う楽しみ方。さらに近くには絶景の桧木内川堤もあり、ついつい歩きに夢中になってしまうほど。散策に疲れたら料亭など食事処も数あり、花より団子で郷土色溢れる料理も楽しみのひとつだ。
 桧木内川堤(秋田県)  昭和9年に町の中央を流れる桧木内川堤の左岸の堤に、昭和天皇誕生を記念して植えられたのが始まり。今では大木に成長し、川沿いには約400本のソメイヨシノが約2キロに渡り、鮮やかに咲き誇り花のトンネルを造る。武家屋敷のシダレザクラとともに日本さくら名所100選に選定され角館のシンボルとなっている。また、武家屋敷のシダレザクラより開花が遅い。桜まつり期間は、夜店も出店し、食べ歩きでの夜桜も楽しめる。武家屋敷とは、対照的な風景描写が楽しめるが、時期によっては夜風が冷たいので、厚着での散策が無難だ。
 千秋公園(秋田県)  明治の版籍奉還まで12代267年間続いた秋田藩佐竹氏二十万石の居城跡。明治29年に近代公園の先駆者で祖庭とも言われた長岡平安の設計により造園整備され、その後、昭和59年に故15代佐竹氏当主によって秋田市に寄贈された公園です。園内には樹齢120年のソメイヨシノをはじめ、ヒガンザクラ、シダレザクラ、ギョイコウ、ヤエザクラ、オオムラザクラなど761本のさまざまな品種のサクラが咲き誇ります。ユニークなのは市民に対して「千秋公園さくらファンド」と称して、新たなサクラの植栽や土壌改良など景観整備工事を行う為の寄付を募っていること。毎年、自らの寄付で手厚く保護されるサクラを眺めるのも格別の楽しみかも知れません。
 横手公園(秋田県)  横手と言えば「雪のかまくら」が有名ですが、季節を冬から春へ移せば、かまくらの会場でもある横手公園には約3000本ものサクラの花びらが雪に変わって降り積もります。天文23年(1554)に小野寺輝道によって築かれた朝倉城(横手城)。その二の丸跡を整備してできた公園で、天守閣様式の展望台をもつ資料館をはじめ、緑豊かな敷地の中にバラ園やアスレチック遊具のある赤土広場などがあり、市民の憩いの場になっています。とくに天守閣へと続く階段脇もサクラ並木が続き、時代劇のワンシーンのような景色が人気です。展望台からは横手盆地はもちろん、晴れた日には雄大な鳥海山も望めます。展望台の入場料は大人100円。朝9時から夕方16時30分まで。
 
真人公園(秋田県)
 赤いリンゴに唇よせて…。並木路子が歌った戦後の大ヒットソング「りんごの唄」は、戦後初の映画「そよかぜ」の主題歌。増田町にある真人公園は当時のロケ地のひとつでこの歌の歌碑があることでも知られています。もともとは大正天皇即位記念に造られた公園で、松の緑の真人山を背景に、池と中島を設け、周辺にサクラ、ウメ、ツツジなどを配した日本的な公園です。「さくら名所100選」に選ばれた県内屈指のサクラの名所でもあり、園内に約2000本のソメイヨシノ、ヤマザクラなどが咲き誇ります。「桜まつり」では毎年伝統として「たらい漕ぎ競争」が苑池で行われ、まだ肌寒い中、池に落ちないように大勢の観客の声援を受けて頑張る選手たちの姿がサクラとともに楽しめます。
 桂城公園(秋田県)  大館市にはサクラの名所がたくさんありますが、「大館桜まつり」の主会場となっているのがこちらの公園。露店も数多く並び、夜9時までライトアップされるので夜桜見物も楽しめます。中でも大館樹海ドームを望むサクラ並木がビューポイントで約140本のソメイヨシノが咲き誇ります。また、園内には全国で2番目に大きいとされる樹齢200年のエゾヤナギの大木もあるので時間があればぜひ見ておきたいところ。公園に架かる赤い橋からは秋田犬会見へも行けます。サクラの開花期間である5月3日には秋田犬日本一を決める「秋田犬展覧会」も毎年開催され、大いに盛り上がります。ちなみに公園に面して大館市役所があるので観光のことなど話を聞くには便利です。
 八乙女公園(秋田県)  「秋田30景」に選ばれたサクラの名所で、かつての古戦場を整備し、サクラを植えたのがはじまり。大正8年に植樹された樹形も立派な古木が多く、ソメイヨシノやヤマザクラなど約2000本が雪国の春に咲き競います。公園内に散歩が楽しめる遊歩道がめぐらされており、美しいサクラの林の中をのんびり歩けるのが嬉しい花見ポイントです。また、公園東側の玉川を越えた先にある道の駅「なかせん」周辺の斉内川土手もライトアップされた夜桜が美しく、花見どころとして人気があります。
   
   
   
 白石川堤(宮城県)  大河原から船岡に続く両岸8キロに渡り、大小約1200本のソメイヨシノが連なり、見事な景観を見せる。期間中はライトアップもされ、ボンボリが灯され、露店も多数出て賑わいます。荘厳な蔵王連峰を背景に咲き乱れる、ソメイヨシノを中心とした桜並木は「一目千本桜」と呼ばれ、町のシンボル的存在。大正12年に、大河原町出身の高山開治郎氏の寄贈により、1,000本余の桜を植樹。以後、地元の「柴田町さくらの会」が約30年に渡って植樹を続けており、「さくら名所百選の地」にも選ばれている。また、柴田町さくらの会が宣言したソメイヨシノの日本一の巨木は、JR船岡駅北口のさくら歩道橋から徒歩で約15分の下流側(柴田大橋の下流)にある。
 鹽竈神社 (宮城県)  国の重要文化財にも指定されている東北随一の神社で、古くから陸奥國一宮として信仰を集め、「しおがまさま」の名で地元の人々に親しまれてきました。創建は不明ですがすでに平安時代より重要な杜としてあったようです。現在の社殿は仙台藩主の伊達氏により宝永元年(1704年)に造営されたもの。神社自体も一見の価値がありますが等しく名高いのが境内に咲く54本の天然記念物シオガマザクラ。花弁が40もあり、大輪の八重の花が特徴。ソメイヨシノより遅い開花で4月下旬頃が見頃です。毎年、5月10日はシオガマザクラの日と称して、祈願祭も行われます。いにしえの姿を今に伝える社殿と咲き誇るサクラの杜の匂うような美しさ…。時の流れを忘れさせてくれる格調高い花見のひとときです。ちなみに主祭神は、塩土老翁神(しおつちおじのかみ)でこの地に塩の製法を伝えたと言われます。
 榴岡公園(宮城県)  伊達家四代藩主綱村が生母の冥福を祈って釈迦堂を建て、京都からシダレサクラなど1000本を取り寄せて植えたのが花見のはじまり。江戸時代にはすでに花見の名所として有名でしたが、文化年間の大火でサクラの大半は焼失してしまい、その後、昭和天皇の即位を記念して新たにサラク100本が植樹された他、往時の花見処として復活させたいと士気が市民の間で高まり、再びシダレザクラなどが植えられ、現在に至ります。音楽野外堂や噴水、芝生広場など総合公園として整備された敷地内にヤエベニシダレ、カンザン、オオシマザクラ、エドヒガン、ジュウガツザクラ、ギョイコウなど珍しい品種も含め、全19種367本のサクラが楽しめます。サクラの期間中は日没から21時まで提灯でライトアップされるほか、露店も出てたいへん賑わいますが、火気厳禁ですのでマナーを大切に。
 青葉山公園(宮城県)  広瀬川流れる岸辺…思い出は帰らず…。美しい旋律の往年のヒットソング「青葉城恋歌」でも知られる青葉山公園は、有名な伊達政宗騎馬像が街のシンボルとして今も城山から杜の都の街並みを見守っています。近年復元された仙台城大手門脇櫓、当時が偲べる古い石垣や土塁、それとは対照によく整備されたテニスコート場など…。城跡一帯が広大な公園となっているため、サクラのポイントもいくつかに分かれます。まず博物館周辺、そして堀の面影を色濃く残す長沼の周辺、さらに「桜の小径」と呼ばれる仙台第二高等学校方面へ抜けるサクラ並木の計3カ所。できれば散策も兼ねて順にめぐりたいところ。花見とは関係ない話ですが、長沼の隣にある五色沼はフィギュアスケート発祥の地なのだそうです。
 船岡城址公園(宮城県)  宮城県内で唯一「さくらの名所100選」に選ばれた東北有数のサクラの名所。明治維新まで柴田氏が居住した館跡で、小高い山の頂上に現在は平和を祈る観音像がシンボルとして立ちます。船岡城址はNHK大河ドラマ「樅の木は残った」の舞台でもあり、公園内に高くそびえる樅の木が原作者の山本周五郎の小説の題名のヒントになったそうです。人気を呼んでいるのが、1000本ものサクラが咲き誇る山の、そのサクラのトンネルの中を走り抜ける全長305メートルのスロープカー。頂上からは蔵王の山々、すぐ近くを流れる白石川、そしてその堤に咲く「白石川堤の千本桜」も同時に眺められます。サクラの中からさらにサクラを見下ろす、なんとも贅沢至極の春爛漫の世界です。ちなみに20人乗り2両のスロープカーは大人250円。
 西行戻しの松公園  (宮城県)  西行法師が諸国行脚のおり、松の大木の下で出会った童子と禅問答をして敗れ、松島行きを諦めたという由来の地。高台にあるため松島湾への眺望がよく、また春にはソメイヨシノ300本が咲き競い、サクラの眺望でも高得点の花見処です。青い海原に点在する松島の島々は、遊覧船や海岸からよりも、じつはこの「西行戻しの松公園」あたりから眺めた方が、絵画のように美しく絶景です。とくにサクラの季節は、手前に薄紅色のサクラの海原、その向こうに広がりゆく青い海原と島々のグラデーションが絶妙で、見る者の心を奪います。
 霞城公園(山形県)  国指定の史跡である山形城址にできた公園で、入口には復元された二の丸東大手門、二の丸跡には11代城主の最上義光の騎馬像が立っています。約1500本のサクラが咲く山形県随一のサクラの名所でもあり、日露戦争の戦勝記念として植樹された1400本のソメイヨシノは100年を越す樹形も立派な古木ばかりです。ほかにも樹齢600年を越すエドヒガンをはじめ、オオシマザクラ、シダレザクラ、サトザクラ、新品種のヤマガタカレンなど多種多彩なサクラを見ることができます。満開の時期には、大茶会など風流なイベントも行われ、堀に映るサクラ並木とともに日本の春を美しく彩ります。
 伊佐沢の久保桜   (山形県)  大河原から船岡に続く両岸8キロに渡り、大小約1200本のソメイヨシノが連なり、見事な景観を見せる。期間中はライトアップもされ、ボンボリが灯され、露店も多数出て賑わいます。荘厳な蔵王連峰を背景に咲き乱れる、ソメイヨシノを中心とした桜並木は「一目千本桜」と呼ばれ、町のシンボル的存在。大正12年に、大河原町出身の高山開治郎氏の寄贈により、1,000本余の桜を植樹。以後、地元の「柴田町さくらの会」が約30年に渡って植樹を続けており、「さくら名所百選の地」にも選ばれている。また、柴田町さくらの会が宣言したソメイヨシノの日本一の巨木は、JR船岡駅北口のさくら歩道橋から徒歩で約15分の下流側(柴田大橋の下流)にある。
 鶴岡公園(山形県)  「日本のさくらの名所100選」にも選ばれた旧庄内藩主酒井氏の居城跡に造られた公園で、ソメイヨシノなど730本のサクラが雪深い山形の春を彩ります。サクラの開花期に行われる春まつりでは、毎年、菓子職人がその場で作った出来立ての和菓子が食べられる「お花見茶会」などが人気。こちらは予約制なので期日など調べて早めに申し込みが必要です。ぼんぼりに照らされたお濠に映る夜桜も美しい鶴岡公園ですが、2010年には藤沢周平の小説を映画化した北川景子主演の「花のあと」のロケ地にもなっています。ヒロインの女剣士の匂うように美しい凛とした佇まいは、サクラの佇まいにも通じるものがあり…。DVDで作品を見てから訪れるのも楽しいかも知れません。
 寒河江公園(山形県)  寒河江の市街地中央にある長岡山一帯に渡る公園。サクラの名所としても名高く、広い園内には「さくらの丘」「日本三大名桜」「学び舎の桜」「八幡宮の桜」「桜のトンネル」などサクラの名のつく見どころがいっぱいです。展望台広場から遠く月山、朝日連峰を望めるのが「さくらの丘」。4月中旬から約700本のソメイヨシノやヤマザクラが咲き乱れ、1990年には映画「櫻の園」のロケ地にもなりました。「日本三大名桜」には、根尾谷淡墨桜(ネオダニウスズミザクラ)、山高神代桜(ヤマタカジンダイザクラ)、久保桜(クボザクラ)が植えられており、日本を代表する名桜を鑑賞することができます。平成11年には二代目苗木もすでに植樹されたとか。その「日本三大名桜」に隣接する「芝生公園広場」では、サクラの木々の下、敷物の上でくつろぎながら寒河江市街を一望することができます。「桜のトンネル」は、長岡山頂上へ向かう途中、森林研究所研修センターを少し過ぎたあたり。1日かけてサクラめぐりが楽しめる寒河江を代表する花見スポットです。
 烏帽子山公園    (山形県)  「さくらの名所100選」にも選ばれており、園内には樹齢120年を越すソメイヨシノをはじめ、カスミザクラ、オオヤマザクラなど25種類のサクラ約1000本が小高い山を埋め尽くすように咲き、“烏帽子山千本桜”の名でも親しまれています。また、古くから湯の町として栄えてきた伊達藩・上杉藩ゆかりの地でもあり、公園のすぐ下が赤湯温泉街。南陽市は県南部の置賜盆地に位置し、この赤湯温泉から白鷹町までつなぐ43キロメートルの道のりを「置賜桜回廊」と命名し、見どころ満載のサクラ観光ルートになっています。先ほどの“烏帽子山千本桜”を起点に、「大鳥居に映えるシダレザクラ」「二代目放鳥目白桜」「全国桜名木二代目園」「桜の句碑」「輪廻の桜」…と最初だけでもこんな調子でサクラの見どころが多数あり、1日では回るのは大変。温泉に泊まって、2~3日ゆったりとサクラ三昧を堪能したいところ。
 天童公園(山形県)  北畠天童丸が築いたといわれる城山、舞鶴山の頂上にある公園。地元の先人たちが明治35年を皮切りに「舞鶴山をサクラの山に」という夢を込めて植樹をはじめ、現在ではソメイヨシノを中心に2000本ものサクラで賑わう山になりました。頂上の西側斜面には樹齢400年と言われるエドヒガンの古木もあります。天童市といえば日本一の将棋の駒の産地として昔から有名ですが、園内にも大きな「王将」の石碑が建つほか、「天童桜まつり」の期間中には、甲冑姿や着物姿の武士や腰元たちが将棋の駒になる「人間将棋」や「こども将棋大会」も開催されます。サクラの時期の4月下旬の土日に行われる「人間将棋」は混雑が予想されるので公共機関のシャトルバスなどの利用が安心です。
 鶴ヶ城公園(福島県)  会津若松市のシンボル鶴ヶ城は約600年前に芦名氏によって築かれ、1381年黒川城築城以来伊達、上杉、加藤など戦国大名の居城。戊辰戦争の時に1ヶ月の籠城の末落城。その時の白虎隊の悲話で知られる。現在の天守閣は昭和40年の再建。平成16年3月には天守閣内部がリニューアルされ、会津のシンボルとしての鶴ヶ城で会津の歴史を「学び、遊び、体験」できる「お城ミュージアム」として好評を博している。城内にはソメイヨシノを主に、大小約1,000本の桜が植えられ、春は夜桜見物客で賑わう。
 花見山(福島県)  春先にウメ、数種類のサクラ、レンギョウ、モモ、ボケ、モクレンなど、赤白桃黄紅色の花々がそれこそ百花繚乱に咲き乱れる、旅ファンにも人気の花の名所です。日本を代表する写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所としても知られ、花木の栽培農家が善意で開放しているという私有地の公園です。もともとは貧しい戦時中、何とか食べてゆくために雑木林を開墾し、花木を植えたのが始まり。次第にその美しさが人を呼び、昭和34年に足を運んでくれる多くの人のために畑を一般公開するに至りました。中でも4月上旬から咲くトウカイザクラが素晴らしく、さらに華やかさが増すモモが咲き始める4月中旬が一番のおすすめです。なお、人気のため4月上旬から下旬にかけては交通規制があり、花見山近辺へのマイカーの乗入れは不可。車で行くなら「あぶくま親水公園」の駐車場へ止め、そこからシャトルバスを利用するか、「渡利体育館グランド」の駐車場に止めて20分ほど歩きます。シャトルバスを下車してからも、周辺にはサクラや花々も多く、まさにハイキング気分で散策が楽しめます。
 小峰城跡(福島県)  城の石垣とサクラの組み合わせが美しく、川越藩火縄銃鉄砲隊甲冑武者行列および姫行列が行われる「白河小峰城さくらまつり」も人気を呼んでいます。鉄砲隊による火縄銃の演武も見学できるほか、もちまき大会なども楽しめます。もともとは14世紀中頃、結城親朝が「小峰ケ丘」と呼ばれるこの地に城を構えたのが始まりで、平成3年に三重櫓、6年に前御門が江戸時代の絵図に基づき忠実に復元され、願い叶って平成22年には国の史跡に。また、人柱になった娘の悲しい伝説「おとめ桜」のサクラの木があることでも有名。江戸時代初期、城の石垣が何回となく崩れるため、最初にここを通った者を身分上下、老若男女の区別なく人柱にすることとなり、たまたま父を迎えに来た藩士和知平左衛門の娘が選ばれました。逃げ回る娘を藩士たちが追い回した場所は「追廻」という地名で今も残ります。城跡には娘を悼んでサクラが植えられましたが、戊辰戦争で焼失し、現在は二代目の「おとめ桜」が素晴らしい立派な樹勢で凛とした姿を見せています。
 南湖公園(福島県)  1801年に白川藩主の松平定信(楽翁公)によって築造された日本最古の公園。湖畔にはマツやカエデのほか、ヨシノザクラ約800本が植えられ、湖面に映るシルエットはもちろん、残雪の那須連峰とのコントラストが美しく、多くの花見客で賑わいます。中でも南湖神社境内に植えられたベニシダレザクラがひときわ人目を引きます。このベニシダレは、定信公の愛称をとって「楽翁桜」と呼ばれ地元の人たちに長年に渡って親しまれている樹齢約200年の古木です。
 福聚寺(福島県)  室町時代、三春の城下町をつくっていった田村氏義顕、隆顕、清顕の、通称「田村三代」のお墓があるのが臨済宗妙心寺派の寺院・福聚寺です。本尊は鎌倉時代の釈迦如来像で観音堂には木造十一面観音像が安置されています。境内の2本のベニシダレザクラは町のサクラの名所の一つで、まるで鳳凰が悠然と羽を広げたように枝垂れる様は圧巻です。それもそのはず、1本は樹齢250年、もう1本は470年と言い伝わる立派な老木で、風格が違います。この2本を見るために足を運ぶ人も多いことから開花期間中は売店の出店。ちなみにこのお寺の住職は、小説家でもある玄侑宗久氏。また、三春町周辺には、このほかにも「三春滝桜」「桜谷枝垂れ桜」「お城坂枝垂れ桜」など10カ所ほどサクラの名所があり、サクラめぐりが楽しめる“枝垂れ桜”の町でもあります。
 千歳桜(福島県)  美里町米沢集落の田園風景の中にぽつんと1本だけひっそり立っている、エドヒガンとは思えぬほど濃い紅色のシダレザクラ。根回り11メートル、高さ14メートル、枝張り18メートルの巨木で樹齢700年と伝えられています。由来としては、文永10年(1272)、この地の領主であった富塚伊賀守盛勝公が幼名を千歳と名乗った女性の死を悲しんで供養のために植えたことから「千歳桜」という名がつきました。千歳さんが想い人であったかどうかは詳しい文献が残されていないので解りませんが、エドヒガンという品種ではあり得ないくらいの紅色に色づくあたり、恋のサクラのように思えてなりません。また、4月中旬に開花することから別名「種蒔き桜」と呼ばれ、このサクラの開花を見てから作物の種を蒔く時期を決めていたとか。ファンからはこの県指定の天然記念物でもあるサクラの老木がなぜ「会津五桜」に含まれないのか疑問視する声も聞かれるほど、見ごたえのある一本桜です。
 合戦場のしだれ桜  (福島県)  「福島県桜見立番付」では西の大関と評されるベニシダレザクラの古木。正式な品種名としては野生種でもあるエドヒガンの変種と思われます。平安時代に朝廷の命で奥州征伐に来た八幡太郎義家と阿部貞任・宗任兄弟の戦ったとされる合戦場に咲き誇ることからこの名前がつきました。樹齢は約180年で、一本の木に見えますがじつは二本が寄り添いあってひとつに見えていることから「大林の夫婦桜」とも呼ばれます。黄色い菜の花の丘にピンクの滝がふりそそぐかのような眺めは秀逸で観光客からも人気が高く、開花期には露店も並びます。夜のライトアップも荘厳です。ちなみに「三春滝桜」の子が「福田寺の糸桜」で、この「糸桜」の枝を差して根づいたという説があり、つまり「三春滝桜」の孫という訳です。
 三春の滝桜(福島県)  福島県の郡山市の北東部に位置する三春町。城下町で春になると梅、桃、桜の花がいっせいに咲くところから三つの春が来るので三春と名付けられたという。町の南側に春を告げるように咲くベニシダレザクラの巨木は、樹齢千年以上といわれている。大正十一年、十月、わが国の桜を代表する巨樹として国の天然記念物にも指定され、岐阜県の淡墨桜、山梨県の山高神代桜とともに日本三大桜といわれる。名木として愛され、室町時代の殿様は早馬を立てて開花の様子を日々待ったといい、三春藩は手厚く保護し、周辺の畑の年貢を免除して柵を設けたほど。当時のことを三春盆踊歌では「滝の桜に手は届けども、殿の桜で折らない」と歌われている。また、江戸時代後期の天保年間、三春藩士草川次栄が上京し、公爵などとの会談の折り滝桜が話題にのぼり、この時に詠んだ桜の賛歌が世に名を知らせたという。桜の樹高十二メートル。幹回り十一メートル、枝張りは東西へ約二十五メートルもある。滝桜の名前の由来だが、四方に伸びた枝から紅色の滝がほとばしるように小さな花を無数に咲かせ、その模様は滝が流れ落ちるように見えることから。艶やかな花姿に訪れる人々は、しばし立ちすくんでしまうほどだ。
   
純白の桜  
白妙 白雪 琴平 緑萼桜 太白

白妙(シロタエ)

花形:八重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
シロタエの名から純白の花と思われがちだが、花弁の外面 には薄い紅色が少し出ている。
白妙(シロタエ)

花形:八重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
シロタエの名から純白の花と思われがちだが、花弁の外面 には薄い紅色が少し出ている。
白雪(シラユキ) 花形:一重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
黒褐色の果実を多く結ぶ。
コトヒラ 花形:八重咲
花の大きさ:中輪
開花期:4月中旬
香川県琴平町の金毘羅宮の参道に原木があったことがコトヒラの名前の由来。
緑萼桜(リョクガクザクラ)
花形:一重咲
花の大きさ:小輪
開花期:4月下旬
萼と若芽が鮮緑色、花弁が純白と、いかにも清楚な感じの花が咲き、ミドリザクラとも呼ばれている。
太白(タイハク) 花形:一重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
イギリスで作られた品種。元公爵、鷹司信輔がこのように命名した。海外でも多く植栽されている。
       
淡紅色の桜・・・わずかに赤みがさす、いわゆる「桜色」                      
染井吉野 一葉 普賢象 小彼岸


染井吉野(ソメイヨシノ)

花形:一重咲
花の大きさ:中輪
開花期:4月上旬
全国に最も広く植栽されている代表的なサクラ。4月上旬に、葉の出る前に淡紅白色一重の花が木を埋め尽くして華やかに咲き、花や葉には毛がある。明治初年に東京の染井(豊島区)の植木屋が、吉野桜の名で売り出し、のちにソメイヨシノと名付けられた。
一葉(イチヨウ) 花形:八重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
雌しべが葉のような形をしていることが、名前の由来。花の中央から一本細長くよじれた雌しべが伸びている。 つぼみは紅色だが、開くにしたがってやわらかな淡い紅色に変化してゆく。
 普賢象(フゲンゾウ)  
花形:八重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月下旬
普賢菩薩の乗ったゾウの鼻を花にたとえて、葉化しためしべの先に残っている2個の花柱を牙に見立ててこの名が付けられた。
 小彼岸(コヒガン)  花形:一重咲
花の大きさ:小輪
開花期:3月中旬
春のお彼岸の時期にみごろをむかえることが名前の由来。 大木にならないので小庭園に向くほか、切り花用としても栽培されている。長野県高遠町の高遠城址公園のものが有名で、房総半島、伊豆半島などに自生している。
       
       
       
 濃紅色の桜・・・深みのある紅色、緋色、紅紫色                        
紫桜 寒緋桜 長州緋桜 河津桜 紅豊

紫桜(ムラサキザクラ)
 
花形:一重咲
花色:紫紅
花の大きさ:中輪
開花期:4月中旬
小石川植物園で大木となった本種を見ることができる。
 寒緋桜(カンヒザクラ)  花形:一重咲
花色:紫紅
花の大きさ:中輪
開花期:3月中旬
中国南部、台湾に分布し、沖縄の石垣島、久米島でも見られる。寒い頃から濃紅色の花を咲かせることからこの名がつけられた。別名緋寒桜ともいう。
 長洲緋桜(チョウシュウヒザクラ)  花形:半八重咲
花色:紫紅
花の大きさ:中輪
開花期:4月上旬
満開期の短い深い紅色の花。
 河津桜(カワヅザクラ)  
花形:一重咲
花色:紫紅
花の大きさ:大輪
開花期:3月上旬
原木は伊豆半島の河津町にある。河津町では、増殖して川沿いに多く植えたものが温暖な気候により2月下旬から1ヶ月以上にわたり開花し、観光名所となっている。
 紅豊(ベニユタカ)  花形:八重咲
花色:濃紅
花の大きさ:大
開花期:4月中
紅色豊かな重弁のサクラとなったことから命名された。
   
       
       
       
 緑や黄色の桜                                            
ウコン 御衣黄
     
       
       
       
 大輪の桜・・・(花の大きさが3.5~6センチメートル)                     
大島桜 御車返し 松月 楊貴妃

大島桜(オオシマサクラ)
 花形:一重咲
花色:白
開花期:4月上旬
伊豆の大島に多いのでオオシマサクラといわれる。3月下旬から4月上旬に淡緑色の若葉とともに、大きな白色一重の花が散房状になって数個開花する。
 御車返し(ミクルマガエシ 別名 桐ケ谷)  花形:一重・八重咲
花色:淡紅
開花期:4月中旬
昔、この花をみた一人が八重の花だといい、別の一人は一重だといって争論となり車を返してみたところ八重と一重が混ざっていたところからこの名がつけられたといわれている。
 松月(ショウゲツ)  花形:八重咲
花色:淡紅
開花期:4月中旬
江戸時代中期に京都で栽培されていたナデシコザクラと同じ品種であるといわれている。
花びらの先端にある細かいギザギザが、ナデシコの花びらに似ていることが名前の由来。開花後に黄緑色の若葉がのびはじめるのが特徴。
 楊貴妃(ヨウキヒ)  花形:八重咲
花色:淡紅
開花期:4月中旬
昔、奈良にあった名木といわれ花色も優れた豊満な八重桜ということから中国の楊貴妃を連想して世人が名づけたといわれている。
 関山(カンザン)  
花形:八重咲
花色:濃紅
開花期:4月下旬
花色が濃紅色で美しく、成育もよいので海外でも広く栽培されている。また、桜湯にはこの花の塩漬けが用いられる。
   
       
       
       
 小輪の桜・・・(花の大きさが2.5センチメートル以下)                 
深山桜 丁子桜 豆桜 雛菊桜

 

深山桜(ミヤマサクラ)
 
花形:一重咲
花色:白
開花期:4月下旬
九州~北海道の冷温帯に分布する野生種。花は上向きに咲く。
 丁子桜(チョウジザクラ)  花形:一重咲
花色:白
開花期:3月中旬
花が小さいのに比べてがく筒は太くて長めなので、この様子を丁字に見立てて名づけられた。
 豆桜(マメザクラ)  花形:一重咲
花色:淡紅
開花期:3月中旬
南アルプス、房総半島、伊豆半島にも分布しているが、富士山麓一帯に多いことからフジザクラとも呼ばれる。
 雛菊桜(ヒナギクザクラ)
 花形:菊咲(段咲)
花色:淡紅
開花期:3月下旬
2個の花が重なって二段咲きになり、淡紅色の花弁が100~200枚以上もあり、4月上旬に若芽とともに開花する。菊咲奥丁字桜ともいわれている。
       
       
 匂いのある桜                                            
駿河台匂 萬里香 上匂
 香りの成分はクマリンと呼ばれるもので、桜餅に使われるオオシマザクラの塩漬けされた葉の香りと同じみたいよ。咲いた直後のオオシマザクラの花には、この「桜餅」の匂いがする場合が多いみたい。
   
       
       
       
 二度咲く桜                                              
冬桜 不断桜 子福桜 十月桜