花暦 
オダマキ(苧環)


金鳳花(きんぽうげ)
        


・開花時期は、 4/ 1 ~ 5/15頃。・花の形がかわっていておもしろい。

・「苧(お)」という繊維を中を空洞にして丸く巻き付けたもの苧玉(おだま))に花の形が似ているところから。
 ”苧(お)、玉(たま)巻き(まき)”が「苧環」という漢字で「おだまき」と呼ばれるようになった。

・色はいろいろある。 よく見るのは青紫のもの。

・英語名の 「コランバイン(Columbine)」はつぼみの形が鳩(同名)に似ていることから。

・「小田巻」とも書く。

・別名
 「糸繰草」(いとくりそう)。

・「しづやしづ賎(しづ)のおだまき繰り返し昔を今になすよしもがな」  義経記 静御前
オダマキには、ミヤマオダマキに代表される日本原産の山野草と、ヨーロッパ原産の西洋オダマキがあります。いずれも丈夫な多年草ですが、ガーデニングに使われるのは西洋オダマキが多く、多様な花色で私たちを楽しませてくれますよ。今回は、種まき、苗植え、植え替え、増やし方の時期と方法など、オダマキの育て方についてご紹介します。

オダマキ 庭 日当たりがよい場所を好みます。ただ、夏の暑さには弱く、直射日光で葉が焼けたり、高い気温にさらされることで枯れてしまう高温障害が起こったりします。鉢植えなら室内に取り込み、地植えは遮光するなど対策をしましょう。

また、日本原産のオダマキは「山野草」、西洋オダマキは「ガーデニング用」で、植え付ける土の質が異なりますので、ご注意を。
種類(原種、園芸品種)



アクイレギア・ブルガリス「クレメンタイン」シリーズ

Aquilegia vulgaris Clementine Series

距がない八重咲きクレマチスのような花が、上を向いて咲く。花色が豊富。





アクイレギア・ブルガリス・ステラータ「バロー」シリーズ

Aquilegia vulgaris var. stellata Barlow Series

距がない八重咲きクレマチスのような花が、うつむいて咲く。花色が豊富です。

アクイレギア・ブルガリス・ステラータ「バロー」シリーズ



アクイレギア・ブルガリス「ヴェルヴァエネアナ」グループ

Aquilegia vulgaris Vervaeneana Group

葉に美しい黄色の散り斑や掃き込み斑が入る園芸品種で、タネをまくと黄金葉の個体もあらわれる。花色は青紫、ピンク、赤紫、白があり、八重咲きもある。





アクイレギア・クリサンサ ‘イエロー・クィーン’

Aquilegia chrysantha ‘Yellow Queen’

クリサンサの選別品種で、草丈や花の大きさなど各種の性質がそろっている。