クリスマスローズ
花色:赤紫紫薄黄白緑複色 科名:キンポウゲ科 常緑多年草
原産地:東ヨーロッパ・西アジア

大きさ:20~30cm 25~40cm(※オリエンタリス系)     15~25cm 15~30cm(※ニゲル系)

花(2~4月)(※オリエンタリス系)      花(1~3月)(※ニゲル系)

クリスマスローズと呼ばれるものはいくつかありますが、一般的に販売されているのは早春から春咲きで花色豊富なオリエンタリス系(レンテンローズ)の改良・交配品種です。冬から早春咲きで白花のニゲル系もよく見かけます。オリエンタル系に比べると全体的に小型です。ほかにも原種系や原種とニゲルとの交雑種が出回りますがそれほどポピュラーではありません
うつむき加減の花を冬のまだ寒いころから咲かせます。よく目立つ部分は苞なので花期が長いのも特徴のひとつです。寒い中でも常緑を保つ濃緑の葉は手のひらを広げたように裂けており、株元から四方に広げます。葉の高さと同じくらい花茎を伸ばしますが、原種系の中には草丈が50cm以上の高さになる種もあります。清楚な印象と丈夫さからシェードガーデンの定番の花になりました
難易度: とても丈夫です
日照量: 半日陰を好みます。日向でも育ちますが夏は遮光します
水分量: 乾燥を嫌います
耐寒性: 寒い時期に花が咲きますが、南関東以南では保護の必要はありません
品種
オリエンタリス系(レンテンローズ・H.orientalis):
花色豊富な春咲き種。ニゲル系に比べ株が大きくなります。花つきが良いです。暑さに強く生育旺盛で育てやすい
 
 ニゲル系(クリスマスローズ・H.niger):
冬から早春に白色の花を咲かせます。葉が小さく鉢植えにも合います。オリエンタリス系ほどではありませんが、強健で暑さに強く育てやすいです
 
 フェチダス(H.foetifus):
原種系。原種系の中ではポピュラーな種。緑色の苞と、葉幅がやや狭いのが特徴。オリエンタリス系などと異なり、日当たりのよい、やや乾燥した場所を好みます
 
 アーグチフォリウス(H.argutifolius):
原種系。薄緑色の苞と、3裂に分かれる葉が特徴。大株になります。オリエンタリス系などと異なり、日当たりのよい、やや乾燥した場所を好みます
 
 
 育て方

とても丈夫な花で初心者でも育てやすいです。半日陰を好みますが、日向からやや暗い場所まで適応します。ただ、あまりに暗い場所だとだらしくなく葉柄が伸びてしまいます。肥沃で水はけのよい適湿からやや湿潤の土を好み、乾燥は苦手です。葉が大きく、横に広がりやすいので株間は考慮します
管理:花が上がってくる1月頃に古くなった葉を整理します。花後にも傷んだ古い葉があれば切り取っておきましょう。苞は長く持ちますが、緑色に変化しだしたら株元から切り取ります
株が込みだしたら3月頃に株分けします(まだ残っている花芽は切ってしまいます)
肥料は秋と春に控えめに与えます
病害虫:葉が黒くなる病気が発生することがあります。他の葉に移るので早めに切り取ります
花暦