リンソウ [九輪草]



花の特徴花は地上から伸びた花径の先に数段に輪生してつく。

花径は2~3センチで、花の色は紅紫色である。
花冠は先で5つに裂け、横に平らに開く。
それぞれの裂片の先は浅く2つに裂ける。
萼片は緑色で5枚である。
雄しべは5本、雌しべは1本である。葉の特徴根際から生える葉は長さ20~40センチくらいあり大形で、ロゼット状となる。
葉の形はへら形で皺があり、縁には不揃いの浅い切れ込みがある。
葉のつけ根の部分は狭くなり、葉の柄は紅色を帯びる。実の特徴花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。この花について―その他和名の由来は、段になって輪生する花の様子を、仏塔の先にたつ「九輪」に見立てたものである。

別名をナナカイソウ(七階草)、シチジュウソウ(七重草)ともいう。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。

種小名の japonica は「日本の」という意味である。

開花時期:4~6月花の色: 赤、紫 名前の読み:くりんそう分布:北海道から四国生育地:山地の湿地や沢沿いなど植物のタイプ: 多年草 大きさ・高さ:40~80センチ学名Primula japonica分類サクラソウ科 サクラソウ属
・春から初夏まで湿地で咲く。

・ピンクまたは白色の花が段々に 輪生(りんせい)し茎を伸ばしながら下から段になって次々と咲く。

 輪生する花の幾段にもなった様子がお寺の五重塔などの頂上にある柱の飾り「九輪」のようなのでこの名になった。


・「九輪草 四五輪草で 仕舞けり」  小林一茶
花暦 
クリンソウ群生地 千手ケ浜

九輪草(クリンソウ)は日光の奥、千手ケ浜の近くに自生する。
最近は鹿が花を食べてしまうので群生地の周りをネットで囲んである。
クリンソウ(ちくさ湿原)


弁才天 国内最大級、天然クリンソウの群落

群生地全域 15ha、遊歩道総延長 2.5kmを一般公開 5月中旬~6月中旬

ちくさ湿原群生地は、ちくさ高原キャンプ場の道路をはさんだ向かい側より入園口を設け、園内には大小7ヵ所の群生地、40万株にもおよぶクリンソウが咲き誇ります。(入園無料)

恵比寿 名前の由来

花は下の方から階層(段)になって次々と咲いて、その姿がお寺の屋根の先端についている九輪に似ているところから「クリンソウ(九輪草)」の名前が付きました。

地元の別名:クルマソウ
たたら製鉄が行われていたころからの呼び名との事
くりん草

九十九谷(くじゅうくたに)森林公園内の湿地帯には村花「くりん草」の群生地があり、ピンク、白、赤、黄などの色とりどりの花を咲かせます。

長野県下伊那郡喬木村 喬木村 小川(九十九谷森林公園内)