カリン(花梨)

Pseudocydonia sinensis科・属名バラ科・ボケ属英名Chinese quince原産地中国開花期3~5月/実は10~11月花の色ピンク別名安蘭樹(アンランジュ)
木瓜(モッカ)
食わず梨(クワズナシ)

カリンとは、バラ科・ボケ属に分類される中国原産の落葉樹です。平安時代に弘法大師が中国から苗を持ち帰ったことから日本に伝わったとされています。

樹高は6~8mに生長し、幹は黄褐色でつるつるとなめらかな質感をしています。4~5月になると、枝の先端に3cmほどの花を咲かせます。花びらは5枚で、ピンク色をしています。その後、花は実へと変化し、10~11月に熟します。
カリン 実 

10~11月に実るカリンの実は、黄色く甘い香りがします。ただ、生のままだと固くて渋いことから、焼酎に漬け込んだり、砂糖やはちみつに漬けたりして味わわれます。また、中国では、約2,000年前から「木瓜(モッカ)」という咳止めや鎮痛作用のある漢方薬としても利用されてきました。

カリンの実には、ビタミンCやポリフェノール、ベンズアルデヒドといった様々な成分が含まれています。ビタミンCには強い抗酸化作用や副腎皮質ホルモンの合成を助ける働きがあります。これによって、免疫力の向上やストレスの緩和、美肌効果などが期待できます。さらにリンゴ酸やクエン酸によって疲労も回復されるなど、体によい効果をたくさんもたらしてくれます。
 カリン(花梨)の育て方

日当たりのよい場所で育て、毎年かかさず剪定をすることが、実つきをよくするコツです。日当たりが悪いと、花つきが悪くなってしまいます。また、伸びた枝を切ることで短い枝をたくさん生やし、たくさんの花をつけるようにしていきましょう。


カリン(花梨)の種まき、苗植えの時期

苗木 地植え
種まき

適期は10~11月です。種から育てはじめると、実がつくまでに7~8年かかります。そのため、接ぎ木の台木として育てることが多いです。

1. 実から種を取り出し、果実をきれいに洗い流す
2. 1日ほど水の中に種を浸ける
3. 育苗ポットに赤玉土(小粒)など種まき用の土を入れ、種をまく
4. 薄く土をかぶせる
5. 発芽するまで、土が乾かないよう水やりをして管理する
6. 発芽したら、土の表面が乾いたら水やりをして育てる
7. 育苗ポットが窮屈になったら、鉢や地面に植え替える
 苗植え

11~12月か2~3月が適期です。鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢に植え付けていきます。地植えは、日当たりのよい場所を選び、苗よりも1回りほど大きな植え穴を掘って植えます。




カリン(花梨)の土作り、水やり、肥料の与え方

庭木 地植え 土 苗木 植え付け
土作り

水はけと水もちのバランスがよい土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)6~8:腐葉土2~4の割合で混ぜた土や、市販の果樹用培養土がおすすめです。地植えは、植え穴を掘った土に腐葉土や堆肥を2~3割混ぜて水はけをよくします。
花暦 
原産は中国東部で、日本への伝来時期は不明。花期は3月〜5月頃で、5枚の花弁からなる白やピンク色の花を咲かせる。葉は互生し倒卵形ないし楕円状卵形、長さ3〜8cm、先は尖り基部は円く、縁に細鋸歯がある。

未熟な実は表面に褐色の綿状の毛が密生する。成熟した果実は楕円形をしており黄色で大型、トリテルペン化合物による芳しい香りを放ち、収穫した果実を部屋に置くと部屋じゅうが香りで満たされるほどである。10〜11月に収穫される。実には果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリンなどを含む。適湿地でよく育ち、耐寒性がある。

花・果実とも楽しめ、さらに樹皮・新緑・紅葉が非常に美しいため家庭果樹として最適である。語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起を担ぎ庭の表にカリンを植え、裏にカシノキを植えると商売繁盛に良いとも言われる。
長野県諏訪市、箕輪町や香川県まんのう町で栽培が盛んであり、カリンの里がある。

長野県長和町にはマルメロ街道がある。