花暦 
カラタチ

・蜜柑(みかん)科。

・開花時期は、 4/10 ~ 4/末頃。
・「唐橘(からたちばな)」の略。
 中国や朝鮮から渡来した橘の意。 ただし「百両」で知られる唐橘とは全く別のものです。

・生け垣に使われることがある。
・枝に大きいトゲがある。さわると痛いよ。(気をつけましょう)


・別名 「枳殻(きこく)」
・英名は 「オレンジ・ジャスミン」


・「からたちの 棘原(うばら)刈り除(そ)け倉立てむ 屎(くそ)遠くまれ 櫛(くし)造る刀自(とじ)」
   万葉集 忌部首

 「からたちの 垣にも春は 待たれけり」 今泉恒丸
   
 「やはらかに 若芽のびたる からたち垣 白き小花の かつ咲けり見ゆ」  古泉千樫


花の特徴葉の出る前に花が咲く。

白い5弁花である。葉の特徴葉は互い違いに生え、3枚1組の小葉からなる複葉である。

小葉の形は楕円形ないし倒卵形で、周りには細かなぎざぎさの鋸歯がある。

葉の柄には翼がある。枝には鋭い棘がある。実の特徴花の後に球形の緑色をした柑果(多心皮性の液果)をつける。

実は秋から冬にかけて熟し、オレンジ色になる。

実は酸味や苦味があって食用にはならないが、薬用にされたり果実酒の材料にされたりする。この花について―その他和名の由来は、唐の国から来た橘の意味で、それが縮小された。

漢字では「枸橘」とも書く。

俳句では「枸橘の花」が春の季語である。

属名の Poncirus はミカンの1種のフランス名 poncire からきている。

種小名の trifoliata は「三葉の」という意味である。

開花時期:4~5月花の色: 白 名前の読み:からたち分布:原産地は長江の上流域

日本へは8世紀ころに渡来生育地:生け垣、庭木植物のタイプ: 樹木 大きさ・高さ:2~4メートル学名Poncirus trifoliata分類ミカン科 カラタチ属