イカリソウ
メギ科  夏緑性多年草(一部常緑種あり)  日本・東アジア原産
大きさ 背丈20~40cm  横幅25~60cm
花(4~5月) イカリソウの特徴
距が突き出し錨(イカリ)のような形の花を咲かせることから名がつきました。生薬としても有名です
花色は薄紫、赤紫~ピンク、薄黄色、白などです。花は葉の上部よりも下側にうつむき加減に咲かせるので派手さはなく楚々とした印象です
葉は複葉で、小葉は心臓~狭心臓型です。株は株立ち状になってこんもり横に広がります
一般的にただイカリソウといえばE grandiflorumを指しますが、黄花のキバナイカリソウや他種、地域変種、交雑種もよく出回ります。珍しいもの以外は基本的に育て方は同じでいずれも丈夫です
難易度 :とても丈夫です
日照 ~:日向から半日陰で育ちます。夏は遮光します
水 :乾燥には少し弱いところがあります
育て方と管理
それほど気を使わなくても、それなりの環境を用意できれば育つ丈夫な花です
半日~半日陰程度の日射を好みます。春によく日が当たり、初夏以降は木漏れ日の当たるような環境が最適です。真夏の直射光はよくないので強く当たるようなら遮光します
土壌は肥よくな土を好みます。やや乾燥に弱いです
山野草として小鉢に植えることも多いと思いますが、庭植えのほうが楽で立派に育ちます
管理 花が終わったら花茎ごと切り取ります
肥料は春と秋に控えめに緩効性肥料を与えます
病害虫 あまり発生しません
品種
○イカリソウ(E grandiflorum 写真左):一般的なイカリソウ。赤紫花が多いですが薄黄花や白花などもあります。多くの交雑品種の交配親にもなっています キバナイカリソウ

○キバナイカリソウ(E koreanum):黄色花種。花色は白に近い薄黄色のものから黄色みの強いものまで幅があります ○トキワイカリソウ(E sempervirens 写真右):名前の通り常緑。白花種が多いですが薄紅花もあるようです

○バイカイカリソウ(E diphyllumb ):距のない小さめの梅のような花が咲きます

○ホザキノイカリソウ(E sagittatum):中国原産。淡黄色花で常緑。薬用として栽培され園芸で使われるのはまれです
花暦