ヒナゲシ


・罌粟(芥子:けし)科。

・開花時期は、 4/ 5 ~ 6/15頃。 早咲き遅咲きがある。

・ヨーロッパ原産。江戸時代に渡来。

・花弁は非常に薄く、しわがある。
 つぼみは最初は下向きで表面に毛が生えており、咲くときに顔を上げ2つに割れて花が出てくる。
 
・ちまたに咲いている雛罌粟からは、採取が禁止されている
 「アヘン」は取れません。植えても大丈夫です。
 
(1) ヨーロッパ産の「ヒナゲシ」。

 (2) 地中海産の「鬼ゲシ」     (オリエンタルポピー)
       Oriental poppy   (濃い赤い色のものが中心)。

 (3) 黄、橙、白の「アイスランドポピー」。
    18世紀に北極探検隊が シベリアでこの花を発見したことから。
    ポピーといえば、このアイスランドポピーのことを指すことが多い。
     
 (4) 4~5月頃によく見かける
   オレンジ色の花は、長実雛罌粟ながみひなげし)」と呼ぶ。

 いずれも英名の「ポピー」の名で親しまれる。なお、スペインでは「アマポーラ」フランスでは「コクリコ」の名で呼ばれる。


・「罌粟」は「芥子」とも書く。

・「雛」は小さい、かわいいの意で、
 ケシの中では 小型でかわいい花であることから。
 漢字の罌粟(けし)は漢名からで実の形が罌(もたい。液体をいれる口のつぼんだ 甕(かめ))に似ていて種子が粟(あわ)に
 似ているから。 種子は非常に小さくそこから「芥子粒(けしつぶ)」の 言葉ができた。


・別名
 「虞美人草」(ぐびじんそう)
   中国歴史上の絶世の美女である虞美人にたとえた   )。
 「ポピー」  英語で「ケシ」を意味するが日本に咲くポピーからはアヘンの成分のモルヒネは採れないので栽培できます。
ヒナゲシは、薄い和紙でつくったようなしわのある花弁が、風に揺られる姿に風情があります。毛の生えた蕾は、初めは下を向いており、咲くときに上を向き、蕾の先端が2つに割れて花が咲きます。基本の花弁数は4枚ですが、八重咲きもあります。

育苗はやや難しいのですが、植えつけ後は丈夫であまり手がかかりません。ヨーロッパではコムギ畑に生える雑草として扱われるほど繁殖力も旺盛で、日本でも日当たりがよく、乾燥した場所であれば、こぼれダネでもふえます。

虞美人草と呼ばれるのは、中国の項羽と劉邦の最後の戦いのとき、項羽の寵愛を受けた虞妃(虞美人)が自害し、その傍らからヒナゲシの花が咲いたという言い伝えに由来します。
ケシというと、果実からモルヒネの原料(阿片)がとれて違法になるのではと心配されるかもしれませんが、ヒナゲシからはとれないので栽培することができます。

東京周辺の見どころ

 <小岩菖蒲園>
   江戸川の河川敷にある公園。
   花菖蒲や菜の花、コスモスなどが咲く。ポピーもいっぱい。花見頃5月中旬~5月下旬。
   江戸川区北小岩。
  
 <昭和記念公園>
   立川(たちかわ)の大規模公園。
   花見頃5月中旬~5月下旬。立川市緑町。
花暦