花暦 
ハルジオン

・菊(きく)科。

・開花時期は、 4/ 1 ~ 5/末頃。
・北アメリカ原産の帰化植物。

・”春に咲く「紫苑(しおん)」” から、春紫苑(はるじおん)と呼ぶようになった。


・花は姫女苑(ひめじょおん) そっくり。

 

【春紫苑】
  花期が1ヶ月ほど早い。
   (4~5月頃)
  つぼみは下向きにちょっと垂れる。
  白い花の部分はやわらかめ。
  葉っぱは茎を抱くような形で伸びている。
  茎は中が空洞。

【姫女苑】
  花期は夏(6月以降)。
  つぼみは上向きのことが多い。
  白い花の部分はピーンと張っている。
  葉っぱは茎からストレートに伸びている。
  茎には髄(ずい)という部分が詰まっている。


・別名
 「春女苑 (はるじょおん)」
   この別名の方で
   紹介している本もある。
花の特徴舌状花の色は白、ピンク、薄紫などである。

黄色い大きな筒状花の回りに車状にきれいに並ぶ。

蕾はうな垂れる。葉の特徴根際には長い楕円形またはへら形の葉が放射状に何枚かつく。

茎につく葉は互い違いに生え(互生)、茎を抱く。

全体に軟らかい毛が生える。実の特徴―この花について―その他北アメリカ原産の帰化植物で繁殖力があり、都市近郊に多く見られる。

大正時代に観賞用に日本に持ち込まれたものが野生化したのだという。

牧野富太郎博士の命名で、春に咲く紫苑(シオン)という意味である。

別名を春女苑(ハルジョオン)と言うが、これは似ている野草の姫女苑(ヒメジョオン)と対比してつけられた名である。

開花時期:4~7月花の色: 白、ピンク、紫 名前の読み:はるじおん分布:北アメリカ原産生育地:―植物のタイプ: 越年草 大きさ・高さ:50~200センチ学名Erigeron philadelphicus分類キク科 
ムカシヨモギ属