ハナカイドウ(花海棠、学名:Malus halliana)は、バラ科リンゴ属の耐寒性落葉高木。別名はカイドウ(海棠)、スイシカイドウ(垂絲海棠)、ナンキンカイドウ(南京海棠)。
中国原産の落葉小高木。花期は4-5月頃で淡紅色の花を咲かせる。性質は強健で育てやすい。花が咲いた後の林檎に似た小さな赤い実は、食することができるが、結実しないことが多い。
樹高:5〜8m 
開花期:4〜5月  
花径:3.5〜5cm  
花弁数:5〜10枚  
花柄長:3〜6cm  
果実径:2cm
実色:赤 
和名の由来は、中国名の「海棠」をそのまま読んだもの。 花言葉は「温和」「妖艶」「艶麗」「美人の眠り」。

近縁種はミカイドウ(実海棠、Malus micromalus)、ノカイドウ(野海棠、Malus spontanea)など。
 ハナカイドウの花 樹高

落葉低木又は小高木で、高さは4mほどになります。



花梗が細長く垂れるところに特徴があります。蕾が紅色で、開くとともに弁の色が淡紅色になります。

花付きが、すばらしく満開時には、木が花で覆われます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、北海道南部あたりまで植栽が可能です。
 
 ハナカイドウの種類と近縁種

ヤエカイドウ
M. halliana var. parkmanii
八重咲きの大変華やかな花が咲きます。

シダレカイドウ
M. halliana var. pendura
小枝が垂れる珍しい品種です。

ミカイドウ
M. micromalus
高さ7mになる高木で花は一重です。深山海棠あるいはナガサキリンゴとも呼ばれます。命名者は、牧野富太郎博士です。
 
花暦