種類

エビネの仲間は日本や中国をはじめインド、オーストラリアなどを中心に分布し、200種類弱の原種があります。日本にはそのうち約20種が自生しています。複数の種類が同じ地域に自生しているところがあり、このような場所では異なる種どうしが互いに交配し、多くの雑種が生まれ、変化に富む様々な花がみられました。

このように色彩ゆたかな日本のエビネですが、世界的にはカランセ Calanthe と呼ばれています。「美しい花」という意味のギリシャ語がもとになり、実にふさわしい名前が付けられています。

日本で栽培されているものの多くは、ジエビネ・キエビネ・サルメンエビネ・ニオイエビネ・キリシマエビネの5種の原種とそれらの雑種で、春咲きエビネの系統です。この他に夏に咲くエビネも若干栽培されており、また洋ランとして知られている熱帯産の落葉タイプもいくつかが一部の植物園などで栽培されています。変化が少なくさらに温室が必要なため、一般には栽培されることはほとんどありません。

ここでは春咲きエビネについて解説します。現在、一般的に栽培されているものは、
1.ジエビネ (Cal.discolor)
2.キエビネ (Cal.siebildii あるいは storiata)
3.サルメンエビネ (Cal.tricarinata)
4.ニオイエビネ (Cal.izu-insularis)
5.キリシマエビネ (Cal.aristulifera)
 1.ヒゼン (ヒゼン系) = ジエビネとキリシマエビネが係わると推測される雑種群
2.ヒゴ (ヒゴ系) = キエビネとキリシマエビネが係わると推測される雑種群
3.サツマ (サツマ系) = ジエビネ、キエビネ、キリシマエビネの3種が係わると推測される雑種群
4.コオズ (コオズ系) = ジエビネとニオイエビネが係わると推測される雑種群
5.イシズチ (イシズチ系) = サルメンエビネとジエビネが係わると推測される雑種群
6.スイショウ (スイショウ系) = キリシマエビネとニオイエビネが係わると推測される雑種群
7.ミクラ (ミクラ系) = キリシマエビネ、ニオイエビネ、ジエビネの3種が係わると推測される雑種群
 日本エビネ協会は、今後、健全な園芸種 (ラン) としてエビネが発展するには、世界の基準に合わせる必要があると考え、1996年から国際ラン登録局 (サンダースリスト Sander's List) への登録をはじめました。
これによりシンビジュームやカトレアなどの洋ランと同様に原種から交配し、経緯が明らかな交配種に対し、交配種名 (グレッグス) が付けられるようになりました。
世界的なラン展などで使われている正式なエビネの交配種名 (グレッグス) は以下の通りです。
1.Cal.Bicolor Cal.(discolor×sieboldii)
2.Cal.Hizen Cal.(discolor×aristulifera)
3.Cal.Satsuma Cal.(Bicolor×aristulifera)
4.Cal.Kozu Cal.(discolor×izu-insularis)
5.Cal.Inage Cal.(izu-insularis×Kozu)
6.Cal.Anagawa Cal.(discolor×Kozu)
7.Cal.Kasuga Cal.(izu-insularis×Bicolor)
8.Cal.Kokubu Cal.(discolor×Higo)
9.Cal.Miyuki Cal.(Higo×Kozu)

他に約100の登録があります。
 
 
 
 日本産のエビネ
エビネ
エビネと下記のキエビネ、キリシマエビネ、ニオイエビネは相互に交雑可能で、交雑種も稔性をもつ。混生する自生地では野生下で連続した交雑個体が出現し、
3種以上の交配による複雑な交雑種もみられる。 絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)


キエビネ
エビネより一回り大柄の種。花は大きく、花弁は幅広く、全体が鮮やかな黄色。また、距が短い。本州南岸から四国、九州、済州島に分布。原種としては比較的育てやすい種類だが、園芸流通価格が安価であるため、苗が商業的に人工生産されることは少ない。人工増殖が可能であるにもかかわらず、野生採集品が流通しているのは原種エビネ全般にみられる問題点である。 絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)


キリシマエビネ
花はうつむく傾向が強い。花弁はねじれる。また、距が長く、上に向く。唇弁は中央の裂片が大きく、前にとがる。花色は白に紫を帯びる。本州の近畿地方南部から九州、奄美大島に分布。純粋種に近いものは自家受粉による稔性が低く、栄養繁殖もしにくい。 絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)


オオキリシマエビネ
ニオイエビネとも(園芸上はこちらが使われる)。キリシマエビネに似るが、花に強い香りがある。また、花がやや開く傾向がある。葉柄が固いのも特徴。伊豆諸島の新島、神津島、御蔵島、八丈島などに産する。純粋種に近いものは性質が弱く、栽培は容易ではない。しかし園芸的に人気が高く、原種としては例外的に商業的な人工増殖も試みられている。 絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)


サルメンエビネ
) 落葉樹林帯に生育する種。花弁は緑色。唇弁は両側の裂片が小さく、中央の裂片はほぼ円形で大きく、縁はちぢれ、中央に3本のとさか状隆起があり、赤い。北海道から九州、台湾、ヒマラヤに分布。耐暑性に乏しく、暖地では長期栽培は困難。エビネとの間に自然交雑種(イシヅチ)が見つかっており、他の春咲き種とも人工交配は可能であるが、交雑種は稔性が低くなる。 絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)


ナツエビネ
夏に花をつける。花はフジの花のような紫で、花弁は反り返る。花序は花が咲くまでは先端がたれる。葉にはビロードの光沢がある。本州から九州、朝鮮から中国南部に分布。北海道(奥尻島)と青森県西部に自生する、葉の裏に毛のあるものを変種オクシリエビネ var okushirensis Tatew.として区別することがある。耐暑性に乏しく、暖地では正常に開花しにくい。 絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)


ツルラン
夏咲き。花は花茎の先端近くに集まって咲く。花は純白。唇弁は細く四裂、基部の上面に黄色のコブがある。また、距が細長く、下に伸びる。亜熱帯産で耐寒性には欠ける。耐暑性はあり、暑さに弱い夏咲き有色種との交配親に使用される。 絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)


オナガエビネ
) 夏咲き。ツルランに似るが、花数が少なく、唇弁は幅広く、距はさらに長い。花は淡紅紫色、鮮やかな紅紫色の個体もある。山地性で耐暑性は乏しく、耐寒性も弱い。 絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)


リュウキュウエビネ
古くから分類学的に混乱がある。ツルランとオナガエビネの中間的な形から、両者の雑種とも言われる。本種とツルラン、オナガエビネ、その他の外国産夏咲き種などを元にした園芸交配種がリュウキュウエビネとして販売普及しており、混乱に拍車をかけている。野生でみられる個体は耐暑性・耐寒性共に乏しく、栽培品として維持されている例は稀である。


ヒロハノカラン
) ダルマエビネとも。姿はツルランに似るが、花弁はごく短く、唇弁は広い。 絶滅危惧IA類(CR)(環境省レッドリスト)


トクサラン
偽球茎が細長く伸びるので、それをトクサの茎に見立てたもの。九州南部から琉球列島、中国からマレーシア、インドまで。 準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)


レンギョウエビネ
スズフリエビネとも。花は小さくて数が多く、多数がうつむいて咲く。屋久島以南、中国、フィリピンなどにも分布。 絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)


タガネラン
小型の黄色い花を多数つける。大分県の一部に固有。名前はカヤツリグサ科のタガネソウに似た葉であることから。栽培は難しい。 絶滅危惧IA類(CR)(環境省レッドリスト)


キソエビネ
花は紫を帯びる。唇弁は分かれない。本州中部と四国の一部に分布。耐暑性がないうえ性質も弱く、暖地での栽培は困難。 絶滅危惧IA類(CR)(環境省レッドリスト)


キンセイラン
初夏に黄緑の花をつける。北海道から九州に分布。耐暑性に乏しく、暖地での栽培は困難。

 
 
 
 自然交雑種

エビネ類は自然交雑種が多い。日本ではエビネ・キエビネ・キリシマエビネ・ニオイエビネは相互に交配可能であり、雑種個体も種子を作る能力がある。これらが混生している地区では純粋な個体を探すほうが難しいほどである。一方、サルメンエビネは遺伝的にやや遠縁のようで、交雑種の稔性が良くない。そのため雑種個体が子孫を残すことも少ないようで、サルメン系の交雑種は自然界では稀である。
どのような血が混じっているか類推できる交雑種には、親の組合せによってそれぞれ名前がつけられている。代表的なものとしては、以下のようなものがある。

タカネ:エビネとキエビネの自然雑種と考えられている。両種の中間のさまざまな姿を取る。全体にエビネに似るが唇弁は黄色い、というものが多い。

ヒゴ:キエビネとキリシマエビネの雑種。花は大きく、黄色を帯びるが、紫っぽい色が乗ったり、ややうつむいて咲いたりする。

ヒゼン:エビネとキリシマエビネの雑種。

サツマ:タカネ(エビネ・キエビネ)とキリシマエビネとの雑種。色彩に微妙な色合いのものが多い。花形も派手。

コオズ:エビネとニオイエビネの雑種。花は両者の中間に出るが、匂いが強いものが多い。

イシズチ:エビネとサルメンエビネの雑種。唇弁はやや裂け、赤い色が強く出る。
 
花暦 
エビネ


・蘭(らん)科。

・開花時期は、 4/15 ~ 5/15頃。
    (東京近辺での開花時期)
・日本原産。

・名の由来は、地下に連なっている茎とそこから生えている根の様子が、まるでエビの頭を指でつまんで持ち上げた
 ように見えるところから。 1600年代の書物にはすでに海老根の名が出ているほど昔からよく知られた花。

・黄色の「黄海老根」(きえびね)もある。
 また、エビネの仲間はほとんどが春に咲くのに対して、真夏に咲く「夏海老根」という種類もある。
日本種春咲きエビネは野生ランの中では比較的育てやすい部類に入ります。種によって耐寒・耐暑性などが多少異なりますが、基本的には柔らかい日射しで風通しの良い場所を好み、夏の蒸し暑さや多湿、強い寒さを嫌います。性質を理解して「季節ごとにあった置き場所」を選び工夫することが大きなポイントとなります。

開花時期に強い光が1方向から当たると花茎が光の強い方へ曲がってしまうので、鉢をときどき180℃回転させてまんべんなく光が当たるようにするか、直接日の射し込まない明るい日陰に移動させます。
主にスギ林の下など柔らかい日が差し込む樹林下に自生し直射日光を嫌います。強い直射日光に当たると葉焼けをおこして葉が黄色っぽくなったり一部枯れて弱ります。

一年を通して半日陰の場所で育てますが、あまり暗い日陰だと花付きが悪くなるので注意が必要です。具体的には1日あたり朝日が3時間くらい当たれば生長に問題ありませんので、それを目安に場所を選んでください。例えば、北側の庭でも間接光で必要な日光が充分まかなえる場所は日当たりの良い南向きの庭よりエビネに関してはむしろ栽培に適しているといえます。寒冷紗を用いる場合は冬30%、春・秋40%、夏60-70%を目安に遮光を行います。

蒸し暑いのが苦手で夏は根の動きが鈍り全体の生育も弱るいわば「夏バテ」状態になることがあります。真夏はできるだけ暑さを避けた風通しの良い場所を選び、夕方以降に葉や周りに打ち水をするなど、できるだけ涼しい環境をつくります。サルメンエビネのように特に暑さに弱くて冷涼な環境を好み、夏にがくんと生育が衰えるものもありますので注意が必要です。

寒さには比較的強いですが、霜に当たると霜焼けで葉が黒く枯れてしまうので気をつけましょう。ニオイエビネを初めとする暖地性のエビネは寒さに弱く最低5~6℃必要です。
おかしな言い方ですが「エビネの体はほとんど水でできている」と表現しても差し支えないくらい乾燥に弱い植物なので、水切れは禁物です。土の表面が乾きかけたらたっぷりと水を与えるようにします。ただし、常に用土が水に浸っているような状態では根腐れを起こしてしまう気をつけましょう。年々株が小さくなり充分生育できないのは肥料不足よりも水のやり過ぎによる軽い根腐れを起こしているケースがよくあります。水切れに弱いけども、水のやり過ぎも良くないですが適した土を用いて「土の表面が乾いてきたらたっぷり与える」を守れば大丈夫です。冬は休眠しているので、水やりの回数は控えめにします。

肥料は花後から秋まで液体肥料を月2回程度与えますが、真夏は暑さで根の動きが弱ることもあるので一旦ストップします。

水はけのよい土が適しています。日向土(ぼら土)小粒4:赤玉土の小粒4:腐葉土2の割合で混ぜた土を用います。

植植え替えの適期は新しい根が元気に伸び始める花後すぐの5月頃か9月中旬-10月上旬が適期です。鉢がいっぱいになって新芽の伸びるスペースがなくなりそれ以上生育できなくなったり、同じ用土で長い期間育てていると根腐れを起こすので1~2年に1回は新しい用土で植え替えが必要です。


植え付け鉢から抜いた株は用土を軽く落として根をほぐし、根を水に浸して揺すり洗います。触ってみてスカスカになっている根や傷んで黒ずんだ根は切り落として整理します。鉢の底に大粒の日向土や軽石を1/4くらいの高さの位置まで入れ、新芽が鉢の中心になるように新しい用土で植え付けます。植え付ける深さはバルブ(葉の付け根にある丸く太った根茎部分)が半分くらい地表に見えるくらいが適当です。

エビネは新芽が伸びてその基部にバルブができます。そのバルブからさらに新芽が出てきて…という風に年々新芽の出る位置が横方向にずれていきます。ですから現在の新芽が鉢の中心にくるように植え付け翌年、翌々年と新芽の出るスペースを広く空けておくのです。

株分けでふやすことができます。株分けの作業は植え替え時、新芽に古いバルブ(バックバルブ)を2~3個付けた状態で切り分けて一株とします。切り分ける際、位置をしっかり確認して元気な根まで切り落とさないように注意しましょう。あとは植え替えの要領と同じです。また、葉の付いていないバックバルブも2-3コずつに切り分けて湿らせた水ゴケに半分埋めておくと芽が出てきます。これをバックバルブふかしと言います。