ドウダンツツジ(灯台躑躅) 



・躑躅(つつじ)科。



・開花時期は、 4/10 ~ 5/ 5頃。
・花が、つぼみからぽこっと咲き出すところが おもしろい。壷形の花。


・枝分かれする形が「燈台」(燈明台、または結び燈台、燭台(しょくだい))に似ていることから
 「とうだいつつじ」になり、さらに次第に変化していってどうだんつつじ」になったらしい。
 ふつう略して 「どうだん」と呼ぶことが多い。

 また、枝分かれする形が岬に立つ「灯台」の脚の部分に似ていることから「とうだいつつじ」になった、
 との説もある。


・「満天星躑躅」とも書く。
 漢名から。 白い花が咲きほころぶさまを満天の星に見立てた。
ドウダンツツジは春に咲く白い壺形のかわいらしい小花と、秋の紅葉(10月中旬から11月)がすばらしい、落葉性の花木です。葉が出る前に開花します。
日本原産ですが、現在、各地で栽培されているドウダンツツジは小葉の優良個体を選抜したものです。刈り込みに耐え、小枝が密に出るので、生け垣用として、戦後急速に全国に広まったものと考えられます。野生のドウダンツツジの多くは、栽培されている株よりも葉が大きく、枝の出方が粗めです。実際、各地に残るドウダンツツジの古木は葉が大きく、葉の幅が広い、野性のヒロハドウダンツツジ(Enkianthus perulatus f. japonicus)だと思われます。
花暦