花暦 
甘茶 (あまちゃ)(小甘茶(こあまちゃ))


・雪の下(ゆきのした)科。


・甘味用に栽培され、6月頃、「萼紫陽花」(がくあじさい)に似た花が咲く。


・「甘茶」とは、 干したこの甘茶の葉を煮出しした甘い飲み物。
 葉っぱを乾かすと甘くなるらしい。 毎年4月8日の「潅仏会(かんぶつえ)」という仏教のお祭りでは、お釈迦様の像にこの甘茶を注ぐ。


潅仏会(かんぶつえ)
 お釈迦様の誕生日。 その日、甘露の雨が降った、という言い伝えから、4月8日にはお釈迦様の像に甘茶をかける風習がある。

・別名
 「小甘茶(こあまちゃ)」


・「潅仏や  皺手あはする 数珠の音」   松尾芭蕉