納豆
 豆類 加工品・他
 大豆加工食品

納豆 蒸し煮した大豆に納豆菌を植え付けて容器に入れ、適温で熟成させたもの。大豆をそのまま食べられ、しかも大豆より消化吸収がよい。発酵途中で生まれるグルタミン酸のおかげで、大豆にはないうまみ成分が納豆にはある。

豆腐 大豆加工食品の代表。特に、豆腐を作る過程でできる豆乳は、大豆の栄養素をほとんど受け継いでいる。ちょっと固い木綿豆腐は、水分が少ない分重量当たりの栄養価は高くなり、カルシウムや鉄などのミネラル類も豊富。一方、絹ごし豆腐は、豆乳をそのまま固めるため、水溶性のビタミンB1などは木綿豆腐より多い。

生揚げ 豆腐を揚げて加工したもの。木綿豆腐が使われている。揚げてあるため、さらに煮たり焼いたりしてもうまみが逃げず、調理しやすい食品のひとつ。

凍り豆腐 高野豆腐とも言われる。豆腐を低温で凍らせ、解凍・脱水し、乾燥させたもの。豆腐と同様、ミネラルが豊富で、消化がいいのが特徴。

おから 豆乳のしぼりかすだが、たんぱく質は2割ほど残っている。別名「卯の花」「雪花菜(きらず)」と呼ばれることも。

ゆば 豆乳を温め、表面にできた黄色い皮膜を棒ですくい、乾燥させたものがゆば。たんぱく質と脂質が凝集し、煮物や吸い物など幅広く使える。

枝豆 加工食品ではないが、枝豆を収穫しないでおくと大豆になる。枝豆は、大豆と同様にたんぱく質が豊富で、大豆にはないビタミンCが含まれているのが特徴。



もやし  煮豆  煎り豆  黄な粉 味噌 凍り豆腐 厚揚げ 豆乳
web30001n16 
 
 糖質制限