五街道       脇往還
       
  五街道   五街道   五街道   五街道
       
  脇往還      
       
 
     
       
       
       
       
 
     
       
  脇往還      
       
       
       
       
       
       
       
   
 
 
       
       
       
       
   
 
 
街道 宿場
 東海道  東海道1624年(寛永元年)完成。江戸・日本橋から小田原、駿府、浜松、宮、桑名、草津を経て、京都・三条大橋までの五十三次

延長部にあたる京街道 (大坂街道)の4宿も加えて、五十七次ともいった
 日光街道(日光道中)  日光街道(日光道中)1636年(寛永13年)頃完成。日本橋から、千住、宇都宮、今市を経て、日光までの二十一次
 奥州街道(奥州道中)  奥州街道(奥州道中)1646年(正保3年)完成。日本橋から宇都宮まで日光街道(重複区間)を経て、宇都宮より陸奥・白河までの二十七次。

日本橋から宇都宮までの17宿は日光街道と重複する。函館に至る延長部あり。
 中山道  中山道1694年(元禄7年)完成。 中仙道とも表記する。日本橋から高崎、下諏訪、木曽路の妻籠を経て、草津までの六十七次。

草津、大津の2宿を加えて六十九次ともいった
 甲州街道(甲州道中)  甲州街道(甲州道中)1772年(明和9年)完成。日本橋から、内藤新宿、八王子、甲府を経て、下諏訪で中山道に合流する四十三次
   
   
   五街道の枝道、また古街道として脇往還
 伊勢参宮街道  伊勢神宮への参拝道として整備された街道。伊勢街道・伊勢本街道・参宮街道と呼ばれる。
 伊勢路  伊勢国・伊勢神宮から熊野三山へ通じる参詣道で、熊野古道のひとつ。『東海道中膝栗毛』にも登場する。古くからの交通路で「伊勢へ七度、熊野へ三度」と呼ばれる信仰の路であった。
 中原街道  江戸から平塚間をほぼ直線につなぐ脇往還として沿道の農産物等の運搬や旅人の最速ルートとして利用された。東海道は大名行列が通る為、その煩わしさを嫌う庶民が利用した。
 川越街道・児玉街道  中山道の脇街道。板橋宿より川越城に至る「川越街道」と川越城下から上州藤岡へ至る「児玉街道」を総称して川越・児玉往還という。児玉街道は川越街道の延長路に当たるため、便宜的に両者を総称して川越街道と呼称することもある。
 鎌倉街道  鎌倉に直通できるように作られた軍事道路。上道・中道・下道があった。
 大山街道  神奈川県大山参りへの街道
 北陸道  北国街道から加賀国金沢、近江国木之本を経て中山道に至る。
 北国街道  中山道追分宿から分かれ、善光寺を経て越後国高田へ至る街道。
 三国街道  中仙道高崎宿から分かれ、越後国寺泊へ至り、佐渡国へ渡る街道。現在は国道17号が通る。
 京街道 (大坂街道)  東海道終点の京(三条大橋)から大坂へ向かう街道。
 大和の古道  大和地方を貫通する飛鳥・奈良時代の街道。
 高野街道  京、大坂から高野山への参詣道。
 西国街道  京から大坂を経由せずに下関へ向かう街道。江戸時代における山陽道の呼称で、公称中国道。幕府の道中奉行が管轄した五街道に次ぐ重要な道であった。
 水戸街道・陸前浜街道  日光街道・奥州街道の脇街道。江戸から仙台まで太平洋岸をたどる街道を総称して「陸前浜街道」といい、うち徳川御三家のひとつが置かれていた水戸までを「水戸街道」と呼称することがある。
 奥州街道(延長部)  道中奉行直轄の白河以南の延長部にあたり、最終的に函館まで至る主要街道。主に奥州街道の名称が多く使われ、そのほかに陸羽街道・江戸海道・松前道・外が浜道など様々に呼称する場合がある。
 羽州街道  中桑折宿から小坂峠・金山峠を越えて山形、秋田から青森へ至る街道。
 会津西街道  日光街道の今市宿から会津の若松城下へ至る街道。下野街道とも呼称され、会津や出羽国・越後国の藩が、参勤交代時に使用した重要な街道である。
 米沢街道  若松城下から米沢城下へ向かう街道。会津街道とも呼ばれていた。
 山陰道  京から丹波を経て山陰地方へ向かう街道。
 金毘羅街道  金刀比羅宮への参詣道。
 讃岐街道  讃岐国に至る街道
 土佐街道  土佐国に至る街道。
 千人同心街道  甲州街道八王子から日光へ向かう日光街道の脇往還。
 日光例幣使街道  中山道倉賀野から日光へ至る街道。
 日光御成道  将軍が日光東照宮参詣の為に利用した街道。本郷追分で中山道から分かれ、岩淵宿や岩槻を経由して幸手で日光街道と合流する。「日光御成街道」、「岩槻街道」とも呼ばれる。
 秩父往還  中山道熊谷宿から秩父大宮を経て甲州甲府へ至る街道。
 長崎街道  山陽道につながる豊前小倉から長崎へ到る街道
 薩摩街道  長崎街道より分岐し、山家宿から鹿児島城に至る街道
 佐渡路  
 美濃路  東海道宮宿(熱田)から中山道垂井宿に至る街道。東海道の鈴鹿峠・七里の渡し、中山道の太田の渡し等の難所を迂回できた。
飯田街道   徳川家康によって作られた、尾張名古屋から信州飯田に至る街道。
 東金御成街道  将軍が鷹狩をする為に土井利勝によって造成された街道。船橋から上総国東金へ至る。初代家康から三代家光までが下向した。
 塩の道  海岸から山中へ海産物を運ぶために使用された道の総称。特に中部地方の塩の道 (日本)が有名。
   
 江戸時代  国分
脇往還


脇往還(わきおうかん)は、江戸時代の五街道以外の主要な街道をいう。脇街道(わきかいどう)、また単に脇道(わきみち)ともいった。五街道とともに江戸幕府が直轄した主要幹線道路で幕府から重要視されたため、五街道と同様に道中奉行が管理し、宿駅・一里塚・並木などが整備された所も多い[1]。

主なものに駿州往還、下田街道、川越児玉往還、水戸街道、美濃路、伊勢路、日光御成街道、日光例幣使街道、壬生街道、佐倉街道、千人同心街道、薩摩街道、日光東往還、山陽道、下街道 (善光寺道)、北国西街道、矢倉沢往還などがある。

東海道の脇往還に、中原街道、姫街道(本坂街道)、佐屋街道がある。

脇往還にも関所はあったが、その取締りは五街道の関所ほど厳しいものではなかったという。
 行く道. 帰る道  街道