いでは文化記念館 山形県鶴岡市羽黒町手向院主南72

ビデオ映像シアターや山伏の世界を人形で再現したコーナーがあり、出羽三山の世界をわかりやすく紹介。現役の山伏の案内による山伏修行体験も開催されている。
丸山薫記念館 山形県西村山郡西川町岩根沢454-15

この土地の人々と深いかかわりを持ち、詩作を続けた詩人、丸山薫の資料館。彼のあたたかい心を映した作品は、今も多くの人々に支持されている。
最上徳内記念館 山形県村山市中央1-2-12

最上徳内は村山出身で、シーボルトが絶賛した探検家だ。彼は当時未開だった北方諸島の地図や書物を著した。館内では当時の地図や測量器など、探検に関する資料を展示している。
斎藤茂吉記念館 山形県上山市北町弁天1421

上山市出身でアララギ派の歌人斎藤茂吉の遺墨・遺品を集めた資料館。茂吉の直筆原稿や書簡、書画のほか、生活をしのばせる遺品を数多く展示している。
山形県産業科学館 山形県山形市城南町1-1-1 霞城セントラル内低層棟南側 2〜4F

県内の優れた技術や産業、さまざまな科学原理に触れ親しむことを目的としている。科学の広場は体験学習を中心としており、県内外の子供たちがたくさん訪れる。
山寺芭蕉記念館 山形県山形市山寺南院4223

芭蕉の来訪300年を記念して建てられた山寺芭蕉記念館。館内には芭蕉の遺墨をはじめとする直筆の作品や「奥の細道」に関する興味深い資料が多数展示されている。
土門拳記念館 山形県酒田市飯森山2-13 飯森山公園内

写真界の巨匠、土門拳の全作品を収蔵。「古寺巡礼」「ヒロシマ」「筑豊のこどもたち」など土門の気迫のこもる著名な写真を順次公開。緑多い公園に調和したアートな空間が魅力。
南陽市立結城豊太郎記念館 山形県南陽市赤湯362

南陽市出身で大蔵大臣や日本銀行総裁などを歴任した結城豊太郎の記念館。王義之をはじめ中国書家の原拓など貴重な書道資料、遺品を多数展示。
浜田広介記念館 山形県東置賜郡高畠町一本柳2110

『泣いた赤おに』『むく鳥の夢』などの代表作で知られる現代児童文学の先駆者、浜田広介。記念館は氏の作品と生涯を紹介する、夢と優しさにあふれる広介ワールドだ。
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
     記念館・学習館・科学館
  博物館
ギャラリーまつ 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡25

松ケ岡開墾場内の、一翠苑の2Fにあるギャラリー。庄内文化を紹介するスポットとして数々の作品を展示公開している。1Fにはカフェもあり、自然、アート、文化、食が楽しめる。
後藤美術館 山形県山形市山寺2982-3

ミレー、ルソーなどフランスの油彩画を中心に、17〜19世紀のヨーロッパ諸国の絵画を収蔵している。他にガレ、ドーム等のアールヌーボーのガラス工芸品も展示されている。
広重美術館 山形県天童市鎌田本町1-2-1

「東海道五十三次」で有名な江戸時代の浮世絵師・歌川広重の版画、肉筆画などを月ごとに展示替えして公開している。ミュージアムショップやコーヒーショップもある。
今井繁三郎美術収蔵館 山形県鶴岡市羽黒町泉野

旧羽黒町出身の洋画家、今井繁三郎氏の常設美術館。作品はどれも色使いが鮮やかで、生命力にあふれ、魅力的だ。建物は江戸元禄2年に建立した土蔵を利用している。
財団法人 掬粋巧芸館 山形県東置賜郡川西町中小松2911-5

骨董品愛好家で知られる故井上庄七氏が設立した、全国でも数少ない陶磁器専門の美術館だ。中国、朝鮮、日本のものなど、600点あまりを常時展示。重要美術品も数多い。
財団法人本間美術館 山形県酒田市御成町7-7

巨大な財力を誇った酒田の大地主本間家に伝わる書や絵画、美術工芸品を中心としたコレクションを一部本館にて展示。建物は、戦前は酒田の迎賓館として利用されていた。
山形美術館 山形県山形市大手町1-63

与謝蕪村や渡辺崋山ら、江戸時代以降の日本画家の作品を集めた長谷川コレクションや、モネ、ルノワールをはじめとする印象派の絵画を集めた吉野石膏コレクションなどを展示。
酒田市美術館 山形県酒田市飯森山3-17-95

日本洋画界の重鎮で文化勲章受章者の森田茂氏の作品を中心に酒田市出身の洋画家、故斎藤長三氏、彫刻家、故高橋剛氏の作品などを展示。その他6〜7回の特別展を開催。
出羽桜美術館 山形県天童市一日町1-4-1

出羽桜酒造の敷地内にあり、朝鮮最後の李王朝の貴重な工芸品を中心に収蔵・展示。数千点の展示品の中でも李朝白磁の収集品は、本国にもない希少価値のある逸品揃いだ。
真下慶治記念美術館 山形県村山市大淀1084-1

最上川を眼下に望む高台に位置し、美しい景観と一体になった美術館。最上川を愛した真下慶治の作品とともに、地元産の杉や石を利用した創造的な空間が楽しめる。
   
 鶴岡アートフォーラム  山形県鶴岡市馬場町13-3

新しいタイプの芸術文化施設。公園内に建設され外観も館内も周辺環境に見事に調和している。展覧会は複数行われていることもある。入場は無料だが展覧会によっては観覧料が必要。
   
 天童市美術館  山形県天童市老野森1-2-2

日本画を中心とした市立美術館。天童出身の今野忠一氏の日本画や画壇の仙人と呼ばれた熊谷守一氏の油彩画、また吉野石膏コレクションなどが収蔵されている。
   
 文教の杜 長沼孝三彫塑館・丸大扇屋  山形県長井市十日町1-11-7

明治41年、長井市の丸大扇屋と呼ばれる商家に生まれた長沼孝三氏は、現代具象彫刻家の先進的気鋭と評された。やさしさが感じられる作風は、約940点の作品を収蔵している。
   
 歴史と文化の美術館 わらべの里  山形県山形市蔵王温泉童子平1138

明治天皇行在所をはじめ、後世に残したい貴重な建物5棟からなる。中山町の富豪、石沢家などの母屋・座敷蔵を移築し、屏風・掛軸等の美術品や、皇室縁の品々を展示。
   
    記念館・学習館・科学館
アルスベル天童オルゴール博物館 山形県天童市貫津鍬ノ町2567

100年以上前のオルゴールや音楽付きの西洋からくり人形、ストリートオルガン、自動演奏ピアノなどを展示。歴史的背景などの解説を交え、実際に最高の音響環境で当時のままの音楽が楽しめる。
山形県酒田海洋センター 山形県酒田市船場町2-5-15

海洋文化や歴史を紹介する博物館で、酒田港の目の前に建つ。海運や海洋開発など、6つのテーマでわかりやすく解説されている。
山形県立博物館 山形県山形市霞城町1-8 霞城公園内

山形県を中心に、自然・人文の資料を収集・展示した総合博物館。世界的な発見のヤマガタダイカイギュウの化石や、国重文の西ノ前遺跡出土の日本最大の土偶なども必見。
出羽三山歴史博物館 山形県鶴岡市羽黒町手向羽黒山33

大正4(1915)年、出羽三山神社宝物館として設立。鏡池から引き上げられた銅鏡500面のうち190面が国の重要文化財になっている。芭蕉筆の天宥別当追悼句文なども保存。
西川町自然と匠の伝承館・大井沢自然博物館 山形県西村山郡西川町大井沢4110

伝統工芸の工房見学や技法の体験ができる施設。月山メノウ細工、土鈴絵付けなど様々な分野の工人たちが集まっている。博物館では朝日連峰を中心とした動植物の標本を展示。
致道博物館 山形県鶴岡市家中新町10-18

鶴ヶ岡城三の丸にあたり庄内藩の御用屋敷だった場所。旧藩主酒井氏の隠居所だった御隠殿、重文旧西田川郡役所、重文旧渋谷家住宅、国指定名勝酒井氏庭園がある。
伝国の杜 山形県米沢市丸の内1-2-1

米沢城二の丸跡地、松岬公園の濠のすぐそばに造られた新しい名所。500席分のイスを備える置賜文化ホール、上杉氏と地域の歴史を紹介する上杉博物館から成る。
伝国の杜・米沢市上杉博物館 山形県米沢市丸の内1-2-1

伝国の杜は米沢市上杉博物館と置賜文化ホールの合築施設。国宝「上杉本洛中洛外図屏風」をはじめとして、上杉家や米沢市にゆかりのある資料を収蔵。常設展示室は見て、楽しみながら歴史を学ぶことができる。
  博物館
 県別情報&ガイド     山形県    美術館・ギャラリー