翁座 広島県府中市上下町上下2077

大正時代に建てられた劇場としては県下唯一。集会や芝居、映画上映が行われる劇場として賑わっていた。終戦当時は高田浩吉、鶴田浩二らが舞台に立った。外観のみ見学可能。
吉井邸 広島県竹原市本町

屋号を「米屋」といい、代々続いた豪商の家。竹原では現存する最古の商家であり、主屋は1690(元禄3)年の建築。たくさんの貴重な古文書を収蔵している。
吉原家住宅 広島県尾道市向島町樫原

1635(寛永12)年に建てられた茅葺き寄棟造りの民家で、国の重要文化財に指定されている。建築された年が明らかになっている農家の中では国内最古のもの。
吉水園 広島県山県郡安芸太田町加計空条

一帯の自然を取り込み、入母屋造り茅葺きの吉水亭や薬師堂を配した風流な回遊式庭園。水辺の樹上に産卵する県の天然記念物モリアオガエルの生息地としても知られる。
旧石井家住宅 広島県東広島市西条町下見1086-1

西条四日市の旧西国街道沿いにあり、江戸時代には酒造業などを営んでいた町家を移築復元したもの。1795(寛政7)年の建築で、妻入り、本瓦葺の入母屋造りが見られる。
旧木原家住宅 広島県東広島市高屋町白市1046-1

江戸時代に酒造業と製塩業を幅広く営んでいた豪商木原家の住宅で重要文化財。主屋は平入り切妻造り、本瓦葺き、塗籠など江戸時代初期の商家の形をよく留めている。
原田村庄屋、田坂家の多門 広島県豊田郡大崎上島町原田693

見るからに立派な石垣の上に建てられた多門は、ツガと杉を主材にしている。現在も住居として使われているため、内部の見学はできないので、外からのみ見学可能。
原爆ドーム 広島県広島市中区大手町1-10 平和記念公園内

当時の惨状を伝える姿で、太田川の支流、元安川沿いに建ち、戦争の悲惨さを伝えている。世界遺産に登録されている。ライトアップは日没から日の出まで。
御手洗七卿落遺跡 広島県呉市豊町御手洗

1864(元治元)年、蛤御門の変で長州軍が幕府に敗れたため、三条実美ら討幕派5人の公卿が、長州兵に守られて京都から長州へ向かう途中に立ち寄った屋敷。
御茶屋(本陣)跡 広島県東広島市西条本町4-31 江戸時代、参勤交代の大名や長崎奉行らの役人が往来の際、宿泊や休憩をした本陣跡。明治時代に取り壊されたが、現在は本陣御門が復元され、往事の面影を伝えている。
広島拘置所の壁画 広島県広島市中区上八丁堀

初めて見た人は、まさかこれが拘置所の壁だとはわからないほど、ユニークな壁画が続く。1808(文化5)年に描かれた『江山一覧図』に手を加えて完成させたもの。
志賀直哉旧居(おのみち文学の館) 広島県尾道市東土堂町8-28

おのみち文学の館の施設の一つ。文豪・志賀直哉が1912(大正元)年から翌年にかけて暮らした棟別長屋で、「暗夜行路」の草稿を練っていたとされる旧家。
春風館 広島県竹原市本町3-7-24

頼山陽の叔父にあたる頼春風の家で、長屋門と玄関構えをもつ武家屋敷風の建物。春風はここで医院を開業していた。重要文化財に指定されており、外観のみ見学できる。
松阪邸 広島県竹原市本町3-9-22

町並み保存地区にある代表的な商家で、公開している2軒のうちの1軒。唐破風の屋根や庇、出格子などは堂々とした構え。座敷は数寄屋風の造りになっている。
浄土寺 広島県尾道市東久保町20-28

聖徳太子の創建と伝えられ、足利尊氏が戦勝祈願に立ち寄ったとして有名な寺。重要文化財に指定されている山門と阿弥陀堂があり、本堂、多宝塔は国宝に指定されている。
千葉家住宅 広島県安芸郡海田町中店8-31

江戸時代に代々広島藩の天下送り役を務めていた千葉家(神保屋)は、酒造業も営む商家だった。本座敷は数寄屋風書院造りになっていて、内部見学は問い合わせが必要。
多家神社の宝蔵 広島県安芸郡府中町宮の町3-1-13

檜皮葺きの校倉造りで、四角い木の角二ヶ所を落とし、六角形にした木を組み合わせた、非常に珍しい建物。県の重要文化財。事前に申し込めば宝蔵の内部見学が可能。
太田家住宅 広島県福山市鞆町鞆842

薬酒である保命酒の醸造元だった商家の建物を保存修理し、公開している。18世紀中期に建てられた主屋や醸造蔵など9棟からなり、重要文化財に指定されている。
対潮楼 広島県福山市鞆町鞆2

天暦年間(950年頃)に建てられたと伝わる真言宗の寺院、福禅寺の客殿。本堂に隣接する対潮楼は、元禄年間(1690年頃)に建てられたもので、国の史跡に指定されている。
大元神社 広島県廿日市市宮島町大元公園

四季折々の花が楽しめる大元公園内にある神社。厳島神社創建者の佐伯鞍職を相殿に祀る。本殿は重要文化財。毎年1月20日に御弓初めの神事、百手祭が行われる。
   
 中村憲吉旧居(おのみち文学の館)  広島県尾道市東土堂町15-10

中村憲吉は広島県出身のアララギ派の歌人で、静養していた尾道で亡くなった。その旧居(離れ)を公開している。高台にあり尾道の町並みが一望できる。
   
 白雪楼  広島県呉市下蒲刈町三之瀬197

江戸時代には多くの漢学者が集う建物だったが、明治時代に竹原市に移され頼山陽の別荘になっていた。壁を動かして通路を作るどんでん返しなど珍しい建築様式が見られる。
   
 頼杏坪役宅(運壁居)  広島県三次市三次町1828-2

頼杏坪が1828(文政11)年から3年間、執務していたところ。別名運壁居(うんぺききょ)。甥の頼山陽も訪れたという。書斎や庭などが簡素なたたずまいで残っている。
   
 頼惟清旧宅  広島県竹原市本町3-12-21

紺屋を営んでいた頼山陽の祖父、惟清の家。山陽の父、春水をはじめ、三頼(春水、春風、杏坪)を輩出した頼一門の発祥の地。建物は本瓦葺き、塗籠の入母屋造り。
   
白雲洞 広島県庄原市東城町帝釈未渡1940

国定公園帝釈峡にある鍾乳洞。鐘乳石や石筍、石柱が幻想的にライトアップされ、奥行きは200m。常時11度を保ち、岩間から吹き出す水は「不老の水」と呼ばれている。
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
     特殊地形
  渓谷・滝
    特殊地形
三段峡 広島県山県郡安芸太田町柴木

中国山地の原始林を深く切り込んだ、全長約13kmに渡って広がる大渓谷。黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝は「五大景観」と呼ばれ、必見の名所として知られる。
上帝釈 広島県庄原市東城町

帝釈峡の上流側の入口。散策して行くと、奥行きが200mある鍾乳洞「白雲洞」や石灰岩でできた天然記念物「雄橋」、約3億年前に形成された渓谷「断魚渓」などが見られる。
水分峡 広島県安芸郡府中町石コロヒ83

府中町北部に広がる水分峡や呉娑々宇山などの豊かな渓谷美は、ドライブコースとしても楽しめる。周辺は生活環境保全林として整備が進められ、森林公園になっている。
石ヶ谷峡 広島県広島市佐伯区湯来町菅沢

水内川の支流沿いに約7kmにわたって続く渓谷。ハイキングなら往復3時間のコースだ。紅葉の名所としても知られ、シーズンには美しい山の景色を見せてくれる。
帝釈峡 広島県庄原市東城町、神石郡神石高原町

中国山地のほぼ中央に位置する国定公園の帝釈峡は、神竜湖を中心に奇岩や絶壁が約18kmに渡って続く大渓谷。日本五大名峡の一つで、中国地方有数の景勝地として有名。
桂の滝 広島県呉市蒲刈町宮盛

桂谷山の杉林の中から湧き出ている霊水。どんな日照りの年も涸れることがなく、広島県銘水10選に選ばれている。ミネラルウォーターとして販売されている。
三郎のすべり滝 広島県府中市三郎丸町90

三郎のすべり滝は、約30mに渡って続くなめらかな岩を一気に滑り落ちる天然のウォータースライダー。7月に滝開きが行われ、ます釣りやバーベキューなども楽しめる。
女王滝 広島県三原市本郷町上北方

沼田川上流にあり、NHKの大河ドラマ「毛利元就」のタイトルバックで放映されていたことでも有名な滝。岩盤を流れる清水が女王の白袴に似ていることが名称の由来。
昇雲の滝 広島県三原市高坂町

佛通寺近くの仏通寺川にかかる落差約50mの壮大な滝。奇岩に囲まれた昇雲の滝は、佛通寺から歩いて約30分ほどの距離にあり、新緑や紅葉の季節にはとくに美しい。
   
 常清滝  広島県三次市作木町下作木

中生代白亜紀に噴出した流紋岩の断崖にかかり、高さは約126mにも及ぶ。春の新緑、夏の涼風、秋の紅葉、冬の凍結と四季を通じて美しい姿が見られる。
   
 雄滝・雌滝  広島県庄原市高野町南

大鬼谷のブナや落葉樹が美しい遊歩道を歩くと、絹糸をたらしたような繊細な流れの雌滝が見えてくる。静かに水が流れ落ちる雌滝とは対照的に、迫力があるのが雄滝。
   
  渓谷・滝
 県別情報&ガイド        広島府    歴史建造物・文化財