JR出雲坂根駅 島根県仁多郡奥出雲町八川992-3

全国でも珍しい3段式スイッチバックのある駅。スイッチバックとは進行方向と逆に引き込み線を設け、いったん後退してそこに入り、再び前進する急勾配の登はん法のこと。
阿部家 島根県大田市大森町駒の足

代官所地役人の遺宅。阿部清兵衛は、大久保長安によって甲斐国から召し抱えられた。門長屋もあり塀を巡らせるなど大森では最大級の武家住宅。建物内は未公開。
岡家 島根県大田市大森町宮ノ前

代官所の土着する地役人の遺宅。銀山付役人の鹿野、沢井氏の住まい。県指定文化財で建物内は未公開となっている。母屋の南には庭があり、奥の間は書院造りになっている。
旧大社駅 島根県出雲市大社町北荒木

平成2年廃駅となったJR大社駅を保存、公開している。大正13(1924)年に建てられた日本建築の駅舎がそのままの形で残っている。外観は純和風だが内部はモダン。重要文化財。
旧道面家住宅 島根県鹿足郡吉賀町注連川764

元禄時代(1688〜1704)に建てられた農家で、国の重要文化財。桁や梁は原木を用い、屋根は茅葺きで軒下を低くし冬の寒さを防ぐなど、当時の暮らしぶりがうかがえる。
金森家 島根県大田市大森町

郷宿泉屋(旧河北家)遺宅。表屋造りで外壁は漆喰塗籠。商家としては熊谷家に次ぐ規模の建物。棟札は幕末のものが残されている。建物内は未公開。県指定文化財。
高橋家 島根県大田市大森町

唯一残っている山組頭の遺宅。茶室を設け、付属建物では酒造なども行っていたという銀山屈指の建築。「山組頭」は鉱山の取締役で、坑夫の人事や物資の購入などを担当。
重要文化財熊谷家住宅 島根県大田市大森町ハ63

大森町年寄の遺宅。広大な屋敷地に主屋、納屋と共に五つの蔵が建ち並び、大森では代官所跡に次ぐ、部屋数が34ある総漆喰の建物。重要伝統的建造物群保存地区にある重要文化財。
出雲文化伝承館 島根県出雲市浜町520

出雲地方の大地主だった江角家の主屋、長屋門、出雲流庭園を移した豪壮、かつ閑雅な屋敷を公開している。千利休が建てた「独楽庵」を復元した茶室もある。
小泉八雲旧居(ヘルン旧居) 島根県松江市北堀町315

小泉八雲が愛し、彼の著作にもたびたび登場する武家屋敷とその日本庭園。三方に庭があり、八雲は中央の部屋から三つの庭を眺めるのが好きだったという。小泉八雲記念館隣。
庄屋屋敷 島根県大田市温泉津町温泉津

庄屋屋敷(内藤家)住宅は、廻船問屋・梅田屋の建物である。通りに面する壁の下部には焼板を張り付け、路地に面した壁は、なまこ壁。江戸時代の商家の特徴を伝える。
森鴎外旧宅 島根県鹿足郡津和野町町田イ230

森鴎外が10歳まで過ごした家。木造平屋建て、瓦葺きの簡素な造りで、玄関の左側が鴎外の勉強部屋だったといわれている。藩医の家らしく調剤室が残っている。国の史跡。
清水谷製錬所跡 島根県大田市大森町

仙ノ山北側に位置するこの製錬所跡は、明治28(1895)年に完成したもので、当時の先端技術によって建設された。さまざまな遺構が残る石見銀山遺跡のなかでは、いちばん新しい近代遺跡だ。
西周旧居 島根県鹿足郡津和野町後田

西洋の学問や思想の啓蒙運動に努めた哲学者・西周が21歳まで暮らした家。津和野川をはさみ、森鴎外旧居の向かいにある。母屋、土蔵などが残っており、国の史跡にも指定。
青山家 島根県大田市大森町昭和区

郡中六組六軒の御定郷宿のひとつである「田儀屋」の遺宅。漆喰(しっくい)塗込の外壁で、大森では珍しい妻入りの形式の建物。建物内は未公開。県指定文化財にも指定。
多胡家老門・大岡家老門 島根県鹿足郡津和野町後田殿町

津和野藩の藩校だった養老館前のあたりは、かつて家老屋敷が集まっていたところ。家老職を務めた多胡家や大岡家の武家屋敷門が残り、当時の家老の権勢を物語っている。
中間長屋 島根県大田市大森町宮ノ前

銀を収納した蔵の番を担当するお金蔵番、銀山取締や夜警、役所と銀山の連絡係である御門番などを勤める中元が住む長屋。すのこ天井など内部も一部復元されている。
渡辺家 島根県大田市大森町

銀山と大森地区を分ける番所を守った、銀山付地役人の遺宅。武家住宅の構えをよく残している。建物内は未公開。市指定文化財。質素だが、格式を感じられる造り。
内藤豪商屋敷 島根県大田市温泉津町温泉津

温泉津温泉街の入り口にある豪商屋敷。外塁のなまこ壁や玄関の縄のれん、屋内の梁組みなどに往時の隆盛ぶりをうかがわせる。見学は外観のみで内部をみることはできない
武家屋敷 島根県松江市北堀町305

江戸初期から中級藩士が住んだ屋敷。庭園は飾りを排した素朴なつくりで、屋敷や長屋門はいざという時すぐに出陣できるように設計されている。家具調度も展示
   
 武家屋敷 旧河島家  島根県大田市大森町ハ118-1

1800年代初めに建築された大森代官所に勤めた役人の武家屋敷で、市の指定文化財となっている。復元された主屋に当時の生活用品を展示し、一般公開している。
   
 本石橋邸  島根県出雲市平田町841

江戸時代の姿を残す妻入り土蔵造りの屋敷。国学者でもあった家主が学問の場として庶民に開放。風情ある日本庭園が眺められる。木綿流通がにぎわった頃を伝える町のシンボル的存在。
   
 明々庵  島根県松江市北堀町278

松江藩主不昧公が殿町の有沢家本邸に建てた茶室。入母屋造り茅葺き。入り口は松江城が見渡せる展望台になっている。見事な庭園と風情ある茶室を目の前に抹茶をいただける。
   
 木幡山荘  島根県松江市宍道町宍道1715-2

木幡山荘は八雲本陣の木幡家代々の隠居所だったところ。三方を山に囲まれたひっそりとしたたたずまいは、深山幽谷の趣そのものだ。新緑と紅葉の時期がとくに美しい。
   
 柳原家  島根県大田市大森町新町

代官所の銀山付同心の遺宅。質素な中にも武家住宅の体裁が間取りや玄関に示されている。一見平屋だが、背面は2階建てとなっている。建物内は未公開。県指定文化財。
   
鬼ヶ城 島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

断崖絶壁が取り囲み、頭上にぽっかり口を開けて空がのぞける部分がある。そこが『鬼ヶ城』と名付けられている。
国賀の赤壁 島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

国賀海岸にあり、鉄分を多く含んだ赤茶けた海食断崖が、地殻変動によってうねった地層を見せる。知夫の赤壁にも匹敵する、隠岐地方第二の赤壁といわれる。
象ヶ鼻 島根県隠岐郡隠岐の島町西村

巨象が鼻で海水を吸い上げているように見える「象ヶ鼻」は白島海岸にある。白い岩肌と松の緑、青い海が美しい白鳥海岸は、オオミズナギドリの繁殖地としても知られている。
多古の七ツ穴 島根県松江市島根町多古

島根半島の最北端にあたる多古鼻の絶壁に並ぶ大小9つの洞窟のこと。そのうち海上から一度に7つの穴が見えるのでこの名がある。名勝、天然記念物に指定されている珍しい景観。
 大根島の第二熔岩隧道(竜渓洞)  島根県松江市八束町寺津

特殊な火山地形で、特殊な洞窟生物が生存。(国指定の天然記念物)内壁に、熔岩が流れ出した跡が鮮やかに残っている。足元には若干の滞水がある。第一熔岩隧道は地震により閉鎖中。
   
 知夫の赤壁  島根県隠岐郡知夫村鷲が尾

知夫里島内最高峰の赤ハゲ山と並んで島の名所となっている雄大な岩壁。高さ50mから200mの赤褐色の岩肌が約1kmも続いている。赤に白、黄、紫色の岩脈が浮き出て美しい。
   
 通天橋  島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

通天橋は、日本海の荒波が造り出した岩の架け橋である。かつては下を船で通ったが、落石によって次第に浅くなり、現在船は通れない。約7kmに渡って粗面玄武岩の海蝕洞が続く。
   
 八雲風穴  島根県出雲市佐田町朝原1671-1

約6000年前に火山の爆発によってできた竪穴の風穴。1年中5〜10度の風が吹き出ている。農作物を保存する天然冷蔵庫として、古くから利用され、風穴の上に旧冷蔵用建物が立つ。
   
 明暗の岩屋  島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

摩天崖、通天橋と共に名勝天然記念物の指定を受け、国賀遊覧のなかでもスリルが味わえる海食洞窟。明暗の世界を味わうことができ、まさに「明暗(あけくれ)の岩屋」。
   
 矢走の二十六穴  島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

奥行き50mくらい、高さ(水深)15mくらいの半水面の洞窟。半水面なので、光がさしこみ、とても幻想的な雰囲気がただよう。断崖に開いた穴は、26個とも言われている。
   
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
     特殊地形
    特殊地形
奥匹見峡 島根県益田市匹見町道川

表匹見峡をさらにさかのぼったところにある。苔むした岩肌にしぶきをあげて流れ落ちる「大竜頭」と呼ばれる滝は、秘境ムードがたっぷり。周辺はシャクナゲの名所としても有名。
深谷渓谷 島根県鹿足郡吉賀町田野原

山口県との県境にあたる渓谷で、ここに架かる深谷大橋は長さ約100m、水面からの高さ約80m。秋の紅葉、春の新緑が美しい。のんびりと散策したり、森林浴を楽しめる。
千丈渓 島根県江津市桜江町江尾

江津市桜江地区と邑南町石見地区にまたがる滝と淵、絶壁が続く渓谷。豪壮な白藤滝をはじめ紅葉滝、相生滝、一の滝などの景勝がある。遊歩道は岩沿いに歩き、橋で谷を渡る。
双川峡 島根県益田市美都町板井川

町の東北部、坂井川をさかのぼったところにある渓谷。古樹の間からしぶきを上げて落下する養戸の滝は壮観。滝の近くに六地蔵と観音堂があり、イチョウの大樹が立っている。
断魚渓 島根県邑智郡邑南町井原

国道261号沿いに奇岩怪石が約4kmにもわたって連なる。国道の西を流れる濁川が作り出した渓谷で、両岸に断崖絶壁がそそり立つ。渓谷沿いに遊歩道や温泉、キャンプ場がある。
長瀬峡 島根県鹿足郡吉賀町田野原

延長約14kmにわたって続く深谷川最上流部の渓谷。昼でも暗い谷間に滝や奇岩が連続する。最深部にシャクナゲの自生地がある。天然の巨大なウォータースライダーがある。
表匹見峡 島根県益田市匹見町匹見

匹見川沿い全長約4kmの峡谷で、滝や淵、奇岩、巨石が連続している。悲恋伝説が伝わる神秘的な青い水をたたえた小沙夜淵など、変化に富んだ渓谷美が美しい。
裏匹見峡 島根県益田市匹見町匹見

匹見川の支流、広見川の中流にある峡谷。切り立つ断崖や変化に富んだ渓流が連続する荒々しい男性的な景観が見もの。約4kmにわたって渓流沿いに遊歩道が整備されている。
立久恵峡 島根県出雲市乙立町

神戸川上流の渓谷。奇岩・柱石が約1km続き、山陰の耶馬渓といわれるところ。渓谷沿いの遊歩道は一周が1時間ほど。途中に吊り橋があり、歩くとゆらゆら揺れてスリリング。
蟠龍峡 島根県邑智郡美郷町村之郷

ほぼ直角に切り立った断崖に、淵や滝、数々の奇岩が幽玄の美を見せる。寵愛を争って滝壺に落ちていった2人の女性と、自刃した主人の悲話が残されている。
   
   
   
 観音滝  島根県江津市桜江町鹿賀

観音滝県立自然公園の中にある高さ約50mの岸壁を滑り落ちる珍しい三段滝。壮大な景観は中国地方屈指。駐車場から続く道は、せせらぎを緑が包み込み、幻想的な美しさ。
   
 壇鏡の滝  島根県隠岐郡隠岐の島町那久

壇鏡神社社殿両側にある高さ約40mに及ぶ2本の滝。向かって右側の滝が雄滝、左側が雌滝。昔から闘牛大会参加者の清めの水、長寿の水としても重宝され「名水百選」にも選ばれている。
   
 八重滝  島根県雲南市掛合町入間

三刀屋川の上流には大小8つの滝が続き美しい渓谷を作っている。本滝は日本の滝100選に選ばれている。川の流れに沿った散策道では秋には紅葉狩りが楽しめる。
   
 龍頭が滝  島根県雲南市掛合町松笠

中国地方随一の名瀑ともいわれ、日本の滝100選の一つ。杉並木の間をぬけると約40mの高さから落ちる雄滝が見えてくる。滝の裏側の岩窟から眺める“裏見の滝”は涼味満点。
   
  渓谷・滝
  渓谷・滝
 県別情報&ガイド        島根府    歴史建造物・文化財