柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
メテオプラザ 島根県松江市美保関町七類3246-1

46億年前に誕生した美保関いん石を常設展示したミュージアムのほか、一年中海水浴が楽しめ
る温海水プールやリラクゼーションマシーンを配したリラックスルームがある。
モニュメント・ミュージアム 来待ストーン 島根県松江市宍道町東来待1574-1

この周辺でのみ産出される来待石の採石場を利用したミュージアム。古代に使われた来待石の
歴史や文化をパネルや映像で紹介。産出された化石や美石も展示している。
益田市立雪舟の郷記念館 島根県益田市乙吉町イ1149

中世水墨画を大成した禅僧の雪舟は、文明10(1478)年ごろ、益田を訪れ、翌年「益田兼堯像
」(重要文化財)を描いた。館内には雪舟のゆかりの地の写真や屏風絵を展示。
山内生活伝承館と菅谷たたら 島根県雲南市吉田町吉田4210-2

江戸時代、製鉄する場所を「高殿」、作業所や従事する人の住む地区を「山内」と呼んだ。伝承
館では山内の生活を紹介。また菅谷山内の中心に、たたらの「菅谷高殿」を保存。
手錢記念館 島根県出雲市大社町杵築西2450-1

大社町の旧家手錢家が代々収集してきた出雲地方の書画や工芸品を展示している。江戸時代に
建てられた酒蔵を使った第二展示室では、楽山焼や布志名焼などを数百点常設展示。
出雲かんべの里 島根県松江市大庭町1614

籐工芸や陶芸、機織り、和紙てまり、木工の制作過程の見学、体験(有料・要予約)ができる工
芸館と、耳なし芳一の立体映像シアターや、昔話を生で聞ける民話館、散策のできる自然の森が
ある。
出雲科学館 島根県出雲市今市町1900-2

見て、ふれて、創って、科学の楽しさを体験できるミュージアム。約40種類の体験型展示装置を
備えているほか、休日には気軽に楽しめる自由参加の教室などを開催している。
出雲市立平田本陣記念館 島根県出雲市平田町515

江戸時代松江藩の本陣として使われた屋敷と庭を移築、公開している。白壁と黒瓦が調和した外
観は、堂々としている。枯山水庭園、美術展示室、民芸展示室、茶室などがある。
小泉八雲記念館 島根県松江市奥谷町322

小泉八雲の名で親しまれている明治の文豪ラフカディオ・ハーンの遺品が展示されている。ハー
ンが使った机、デザインに興味を持って買い集めたキセル、直筆原稿などがある。
森鴎外記念館 島根県鹿足郡津和野町町田イ238

文久2(1862)年津和野町に誕生した森鴎外の生涯を映像や著書、直筆原稿などを使ってわかり
やすく紹介する近代文学資料館。ガラス張りのロビーからは彼の旧宅が見える。
鉄の未来科学館 島根県雲南市吉田町吉田892-1

「オープン・エアー・ミュージアム」内にある科学館。世界の製鉄炉の変遷を中心に、炉の原寸
大復元模型やマルチビジョンによる展示で製鉄産業の歴史を振り返る。
     記念館・学習館・科学館
  博物館
加納美術館 島根県安来市広瀬町布部345-27

陶器コレクションは金重陶陽を中心に、山本陶秀、藤原啓、藤原雄、伊勢崎淳の備前焼人間国
宝の作品や古備前などを展示している。日本画の池田遙邨、小野竹喬などの作品も所蔵。
葛飾北斎美術館 島根県鹿足郡津和野町後田ロ254

初摺の『北斎漫画』が津和野で発見されたことから津和野出身の北斎研究者が建てた美術館。
幕末の江戸を中心に活躍した浮世絵師・葛飾北斎と、その弟子たちの作品を展示。
桑原史成写真美術館 島根県鹿足郡津和野町後田71-2

津和野出身の報道写真家桑原史成氏の写真を中心に展示している。激動のロシア、韓国、ベト
ナムなど国内外を撮影した写真は、現代史の一幕を現在に伝えてくれる。
今井美術館 島根県江津市桜江町川戸472-1

川のほとりに建つ白壁の土蔵を模した美術館。館内には宮廻正明氏の作品を中心に現代日本画、
洋画、韓国の陶器などを常設展示している。年間約2回の特別展を開催している。
今岡美術館 島根県出雲市天神町856

院展や日展など著名な作家や地元作家の日本画、洋画、彫刻、陶芸など館蔵品を中心に企画、
展示。常設展では、300年以上の古木のオブジェを展示。自然が作り上げた神秘の造形を観賞
出雲キルト美術館 島根県簸川郡斐川町福富330

キルト作家八幡垣睦子さんの常設展示場。日本の心を伝える作品が季節ごとに展示され、キルト
に綴られた懐かしい風景に出会える。館内のカフェで抹茶も味わえる。
石見安達美術館 島根県浜田市久代町1655-28

安達啓二個人のコレクション約950点を中心に、昭和52(1977)年に開館した美術館。収蔵品は
、石見地方を中心とする古美術品が主体で、特に長浜人形のコレクションが充実。
足立美術館 島根県安来市古川町320

近代日本画、陶芸、童画の作品など約1300点を収蔵する山陰随一の美術館。横山大観コレクシ
ョンは世界一。米国の庭園専門誌で6年連続日本一に選ばれている日本庭園は絵画さながらの美
しさだ。
津和野町立安野光雅美術館 島根県鹿足郡津和野町後田イ60-1

淡くやさしい画風で知られる安野光雅氏の世界を体験できる。作品のほかに、昭和初期の学校を
模した教室や自宅アトリエの再現コーナーがある。プラネタリウムを併設。
田部美術館 島根県松江市北堀町310-5

昭和30〜40年代に島根県知事や文化人として活躍した故田部長右衛門氏が創設した茶道にまつわ
る美術品の美術館。書画、陶器、漆器のほか不昧公の愛蔵品を紹介。
杜塾美術館 島根県鹿足郡津和野町森村イ542

庄屋屋敷を修復した美術館。独立美術協会の重鎮である津和野出身の画家中尾彰の作品を中心
に展示する。ゴヤの版画「闘牛技」シリーズや庭園が障子に写る針穴写真も必見。
島根県立石見美術館 島根県益田市有明町5-15

美術館とホールが融合した島根県芸術文化センター「グラントワ」にある。津和野出身の森鴎外
ゆかりの美術家の作品や石見にちなんだ作品、ファッションを広くとらえた作品などを収蔵。
島根県立美術館 島根県松江市袖師町1-5

宍道湖畔に建ち、無料開放された全面ガラス張りのロビー、屋外彫刻がある湖岸から見事な夕景
が望める。「水」を描いた国内外の絵画や工芸、写真などを幅広く展示。
板橋アンティックドール美術館 島根県鹿足郡津和野町森村

白い洋館の中には、19世紀後半に「天才人形師」と呼ばれたジュモー、アーテーなどのアンテ
ィーク・ドールが並ぶ。ヨーロッパの貴族が愛用したレースや陶磁器なども展示。
浜田市世界こども美術館 島根県浜田市野原町859-1

「みること」と「つくること」をテーマにした美術館。子供の創造力や感性を養うことをモット
ーに、工夫を凝らした展覧会を開催。週末・祝日の午後には創作活動を親子で楽しめる。
浜田市立石正美術館 島根県浜田市三隅町古市場589

浜田市三隅町出身の日本画家、石本正氏の作品を収蔵・展示する美術館。女性像、風景、花な
ど多彩な作品は観る者を感動させる。小さいながら、自然に溶け込む美しい外観も印象的。
奥出雲多根自然博物館 島根県仁多郡奥出雲町佐白236-1

世界の化石と珍しい鉱物を一堂に展示。宇宙の進化と生命の歴史をテーマにした博物館。「メ
ガネの三城」を経営する多根氏が建てたもので、食事や宿泊もできる。一般のみ飲物券あり。
荒神谷博物館 島根県簸川郡斐川町神庭873-8

荒神谷史跡公園内にある。館内には三つの展示室があり、国宝青銅器の展示(展示期間は要問
合せ)や荒神谷遺跡の歴史や発掘風景などについて映像や企画展で紹介している。
仁摩サンドミュージアム 島根県大田市仁摩町天河内975

大小6基、全面ガラス張りのピラミッドからなる砂の博物館。メインホールには高さ5.2m、世界
最大級の「一年計砂時計」や「鳴り砂」に関する資料などを展示している。
鉄の歴史博物館 島根県雲南市吉田町吉田2533

古い町並みの中にある、鉄の生活史に関する資料館。木造2階建ての1号館は「たたら製鉄とその
技法」、茅葺きの民家と土蔵の2号館は「鉄山経営と鍛冶集団」を紹介。
島根県立古代出雲歴史博物館 島根県出雲市大社町杵築東99-4

荒神谷遺跡で発掘された銅剣(国宝)や加茂岩倉遺跡の銅鐸(国宝)、13世紀半ばの出雲大社
本殿の巨大柱などを展示する。古代出雲大社本殿の10分の1模型や神話シアターなどもある。
二人の美術館 島根県浜田市西村町1433-41

島根県在住または出身の作家の常設展示場として、地域文化の発展を目的 にして運営されてい
る美術館。絵画、陶器、彫刻、木工品など、現代の幅広い美術家の作品が紹介されている。
和鋼博物館 島根県安来市安来町1058

かつて奥出雲で“たたら”という製鉄法によって生み出された鉄の歴史や文化、産業をわかりや
すく展示。エントランスには、明治時代に作られた本物の天秤ふいごを展示・体験ができる。
絲原記念館 島根県仁多郡奥出雲町大谷856-18

奥出雲を代表するたたら製鉄師・山林地主の絲原家に伝わる美術工芸品、民俗資料、たたら製
鉄の用具など約5000点を収蔵、公開。庭園、国指定登録文化財の居宅も見もの。
    記念館・学習館・科学館
  博物館
 県別情報&ガイド        島根県    美術館・ギャラリー