井上家住宅 岡山県倉敷市本町1-40

井上家は正徳年間(1711〜1716年)に建築されたとされる大型の町家。構造は小屋組に登梁形式を採用していることから年代の古さがうかがえる。重要文化財に指定されている。
岡山禁酒会館 岡山県岡山市北区丸の内1-1-15

1923(大正12)年に禁酒活動の一環で建てられ、2002年には国の登録文化財に指定された。1、2階にカフェやショップが入っている。大正時代の趣を今に残す建物。
河原邸 岡山県岡山市北区御津紙工2248

江戸末期、庄屋として繁栄した河原邸の旧宅。母屋、長屋門、離れ座敷、複数の蔵など、江戸後期の建築・生活の様式を残した邸内は、民俗資料とともに見学できる。
閑谷学校 岡山県備前市閑谷784

1670(寛文10)年、備前藩主池田光政が庶民教育を目的に開いた学校。備前焼の瓦を用いた国宝の講堂をはじめ、敷地内にある建造物のほとんどが重要文化財。
旧遷喬尋常小学校 岡山県真庭市鍋屋17-1

2000年まで使用されていた、明治時代に建てられたルネッサンス風の美しい洋風建築。内部の見学が可能で、地元の歴史資料などを展示している。
旧足守商家藤田千年治邸 岡山県岡山市北区足守916

江戸時代末期に建てられた豪商の邸宅。内部に明治期の醤油工場を復元し、当時の商家の暮らしぶりや醤油工場のようす、昭和40年代の藤田氏の所蔵品が見学できる。
旧足守藩侍屋敷遺構 岡山県岡山市北区足守752

足守藩の家老職を務めた杉原家の旧宅。白壁の長屋門と土塀に囲まれた屋敷は現代和風建築の原型といわれる武家書院造り。保存状態がよく、県の重要文化財に指定されている。
旧片山家住宅 岡山県高梁市成羽町吹屋367

吹屋を代表するベンガラ豪商、片山一門の総本家、「胡屋」の邸宅。ベンガラの製造と販売を200余年にわたって手がけた。母家やベンガラ製造にかかわる棟などが立ち並ぶ。
旧野崎家住宅 岡山県倉敷市児島味野1-11-19

江戸後期に製塩業で財を成した野崎武左衛門の大庄屋屋敷。約3000坪の敷地には、42mの奥行きがある主屋、土蔵群、茶室、水琴窟があり重要文化財。塩づくり体験は予約制。
旧矢掛本陣 岡山県小田郡矢掛町矢掛3079

旧山陽道18番目の宿場町矢掛で、酒造業を営み本陣職を務めた豪商石井家。御成門、上段の間を備える豪壮な佇まいは当時の繁栄を今に伝える。重要文化財に指定されている。
旧脇本陣 岡山県小田郡矢掛町矢掛1981

旧矢掛本陣から東に約300mのところにある旧脇本陣は、両替商を営んでいた高草家の建物で、おもに大名の家臣が宿泊したところ。重要文化財に指定されている。
広兼邸 岡山県高梁市成羽町中野2710

江戸末期に銅山経営とベンガラの原料となるローハの製造で巨大な富を築いた広兼家。山々を見渡す庭園には水琴窟を設けている。映画<八つ墓村>のロケ地としても知られる。
作州城東屋敷 岡山県津山市中之町19

白壁と火の見櫓が目をひく、江戸時代の町家を復元した無料休憩所。建物内に映画<男はつらいよ>のロケ風景の写真を展示。屋敷裏の展示館には見事なだんじりが並ぶ。
勝山武家屋敷館 岡山県真庭市勝山651

家老格にあった旧渡辺邸の屋敷を一般公開したもの。長屋門、母屋、土蔵などが建ち、土蔵内に武具や古文書を展示。簡素で無駄のない暮らしぶりが感じられる。
城東むかし町家 岡山県津山市東新町40

旧梶村家住宅を城東むかし町家として公開。広大な敷地に母屋、洋館、裏座敷、西蔵、茶室、庭園などがあり、江戸後期から昭和初期にかけての建築様式が見られる。
西江邸 岡山県高梁市成羽町坂本1604

ベンガラ、ローハ製造で財を成した西江家の邸宅。江戸時代には惣代庄屋として代官御用所を兼ねた。簡易白州、郷蔵、駅馬舎、手習場が見学できる。現在も人の住まう文化財。
倉敷館 岡山県倉敷市中央1-4-8

1917(大正6)年に倉敷町役場として建てられた木造洋風建築で、現在は観光案内所、無料休憩所として開放。夜間は館内に明かりを灯し、倉敷美観地区に風情を添える。
倉敷市横溝正史疎開宅 岡山県倉敷市真備町岡田1546

『獄門島』『八つ墓村』などで知られる推理小説界の巨匠、故・横溝正史が1945(昭和20)年から3年半、疎開生活を送った家。名探偵金田一耕助を生み出し数々の傑作を執筆。
大橋家住宅 岡山県倉敷市阿知3-21-31

江戸時代に塩田・新田の開発で財を成した大地主の住まいで、倉敷町屋の建築様式を伝えている。建物内では日用品や家財道具などを展示。重要文化財に指定されている。
大原家住宅 岡山県倉敷市中央1-2-1

入母屋風本瓦葺きの屋根、倉敷窓や倉敷格子などが施された典型的な倉敷の町屋。1795(寛政7)年から建築が始まった主屋や表座敷など全10棟が重要文化財。内部は非公開。
   
井倉洞 岡山県新見市井倉409

高さ約250mもの断層が約8km続く井倉峡の最上流に広がる鍾乳洞。西日本では秋芳洞に次ぐ大きさで、全長約1200m、内部の高低差は約90mある。見学所要時間は約40分。
磐窟渓・磐窟洞 岡山県高梁市備中町七地、備中町布瀬

白亜の断崖が連なる磐窟渓は国の名勝。この断崖は、石灰岩と角岩の断層によって作られた台地を磐窟川が深く浸食してできた。旧川上町側の渓谷には鍾乳洞、磐窟洞がある。
備中鍾乳穴 岡山県真庭市上水田8854-1

吉備高原の北端、カルスト台地にある日本最古の鍾乳洞。岩の裂け目のようなドリーネを降り
ると、洞内では大広間や大石筍、洞内富士、日本一の鍾乳石などが見学できる。
満奇洞 岡山県新見市豊永赤馬2276-2

与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから満奇洞と名付けられたといわれる。動の井倉洞に対して静の満奇洞ともいわれ、幻想的な見どころが続く。見学所要時間約30分。
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
     特殊地形
  渓谷・滝
    特殊地形
宇甘渓 岡山県加賀郡吉備中央町下加茂

吉備清流県立自然公園の代表的な景勝地。初夏の新緑、秋の紅葉と四季を通じて景観が楽しめる。遊歩道、バードウォッチングのための小屋、キャンプ場などを整備。
羽山渓 岡山県高梁市成羽町羽山

成羽川の支流、島木川の上流に約2kmにわたって続く石灰岩でできた渓谷。絶壁をつたって流れる不動滝、巨岩が転がる川原、鍾乳洞などと変化に富んだ自然美が魅力。
奥津渓 岡山県苫田郡鏡野町奥津川西

川床の石が水流に削られてできた甌穴をはじめ、奥津渓八景と呼ばれる見どころが続く。新緑や紅葉のころはひときわ美しい景観が広がる。渓流沿いに約800mの遊歩道がある。
豪渓 岡山県総社市槙谷

総社市北部、槙谷川の上流の豪渓は岡山県を代表する名勝地の一つ。奇岩、絶壁、清流のせせらぎに加えて秋は紅葉、夏は万緑が美しい。紅葉の見頃は11月中旬から下旬。
天神峡 岡山県井原市芳井町吉井

小田川沿いの渓谷。県指定の名勝で、高梁川上流自然公園の一つ。春は山桜、ツツジ、藤が美しく、夏は深い緑、秋は紅葉に包まれる。冬の雪景色はまるで山水画のような趣。
白賀渓谷 岡山県苫田郡鏡野町富西谷

村の中央北部に位置し、数kmにわたる渓谷は、県下最大の規模を誇っている。遊歩道が設置され、四季を通じて自然を楽しむ手軽なハイキングコースとなっている。
美甘渓谷 岡山県真庭市延風

新庄川に沿って約6km続く渓谷。さまざまな形の奇岩が点在し、猿飛、魚切りと呼ばれる渓谷美が見られ、とくに春の新緑、秋の紅葉は美しい。渓流釣りを楽しむ人も多い。
神庭の滝自然公園 岡山県真庭市神庭

岡山県立自然公園に指定されている神庭の滝は、高さ110m、幅20m。日本の滝百選の一つに数えられ、四季折々の美しさを堪能できる。滝近くには野生の猿が群生している。
  渓谷・滝
 県別情報&ガイド        岡山府    歴史建造物・文化財