柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
  渓谷・ 滝
          特殊地形
           特殊地形
カンカネ洞 秋田県男鹿市戸賀加茂青砂

西海岸に点在する洞窟のなかで最大級の大きさを誇る。波の打ち寄せる音が洞内に響き、不思議な世界を作り出している。陸上からアクセスできるので、ぜひ立ち寄りたい。
孔雀ヶ窟 秋田県男鹿市南磯海岸

暗く湿った洞窟の内部には不気味なムードが漂う。昔、海賊たちが隠れ家にしていたという噂も信じられそうだ。徒歩で10分ほどの大棧橋と、合わせて訪れたい。
川原毛地獄 秋田県湯沢市高松川原毛

山全体が山肌を露出し、あちこちから硫黄や水蒸気を噴き出す日本の3大霊山のひとつ。草木が一本も生えていない荒涼とした風景が広がる。近くに天然の温泉滝がある。
大棧橋 秋田県男鹿市南磯海岸

海に突出した岩が波にくり抜かれてできた、巨大な天然の橋。遊覧船に乗ればその下をくぐることもできる。白糸の滝にも近い、男鹿西海岸遊覧のハイライトスポットだ。
峨瓏峡 秋田県山本郡藤里町藤琴滝の沢地

瓏親水公園にある峨瓏大瀧は、四季の美しさを眺めることができる場所として有名。滝の沢林道に入ると、美しい白糸二段の滝もあり、薬草や草花を見ることもできる
岩瀬川渓流 秋田県大館市岩瀬川

田代岳の中腹。澄んだ川の流れといくつも連なる滝が美しい景勝地。中でも五色の滝が見どころで、キャンプ場なども整備されている。
三途川渓谷 秋田県湯沢市高松三途川

川原毛地獄の入口、約40mの高さの橋から眺める渓谷は断崖絶壁で背すじの凍る思いだ。三途川横にある十王堂の閻魔大王などの30体の仏像は、市の重要文化財に指定。
小安峡 秋田県湯沢市皆瀬新処


皆瀬川上流、約4kmに渡る深いV字谷の渓谷美を見せる栗駒山麓の景勝地。最大の見どころは断崖の裂け目から轟音とともに湯けむりがあがる大噴湯。新緑、紅葉の名所でもある。
小又峡 秋田県北秋田市奥森吉

数の甌穴など、森吉山屈指の自然の造形美が見られる。三階滝までの遊歩道もある。
石沢峡 秋田県由利本荘市石沢

紅葉の名所として知られる自然美あふれる峡谷。切り立った断崖がおよそ8kmも続き、数多くの奇岩怪石が点在する。なかでも18mもの高さから流れ落ちる石沢大滝は圧巻。
岨谷峡 秋田県秋田市河辺新川

河辺地区を代表する景勝地。そそり立つ岸壁の間を縫うようにして渓流が流れ、5月の新緑や10月の紅葉が特に美しく、木々と岩と川の流れが絶妙のコントラストを見せる。
太良峡 秋田県山本郡藤里町藤琴沢国有林

藤里町中心部から北に向かい、高さ30mの太良橋を渡ってほどなくして太良渓谷の入口地点。遊歩道沿いには、天然の秋田杉や犬戻し渓谷、一通滝、位牌岩、仁王岩など、見どころいっぱい。
抱返り渓谷 秋田県仙北市田沢湖神代

東北屈指の渓谷美を見せる景勝地。抱返り神社から夏瀬ダムまでの約7kmが特に美しく、回顧の滝までは断崖に沿って遊歩道が整備されている。紅葉美は県内一との評判。
 うさぎ滝  秋田県北秋田市森吉

ノロ川の源流部であり、森吉山野生鳥獣センターを起点に徒歩で約2時間。なだらかな斜面の巨大な一枚岩の岩肌に這うように流れるのが見もの。
   
 安の滝  秋田県北秋田市阿仁打当


高さ90mの2段構造で、日本の滝100選にも選ばれた東北屈指の名瀑。昔、身投げをした美しい娘が、中秋の名月の夜、髪を梳くという伝説が残り、訪れたカップルは恋が叶うといわれている。
   
 元滝伏流水  秋田県にかほ市象潟町関

幅約30mの苔むした岩肌から、鳥海山の伏流水が滲み出すように流れ落ちる幽玄な滝。水は驚くほど冷たく澄んでいて、苔の緑と飛沫の白が目に鮮やかだ。
   
 三階滝  秋田県北秋田市奥森吉

太平湖からのびる遊歩道の終点。なめらかな岩肌を滑り落ちるように連続して3段に分かれる滝が現れる。太平湖、小又峡最大の見どころで、上流側へは縦走路がある。
   
 七滝  秋田県鹿角郡小坂町上向藤原35-3

60mの高さから7段に渡って流れ落ちる滝。迫力ある水の落下を見上げることができる。また、周囲には水車小屋や小川があり、散策路も整備。「日本の滝百選」にも選ばれている名瀑だ。
   
 川原毛大湯滝 秋田県湯沢市高松川原毛

断崖から湧き出した温泉が滝となって流れ落ち、天然の露天風呂になっている。川原毛地獄から徒歩15分ほどにあり、7月上旬〜9月中旬に入浴できる。  
   
 男滝  秋田県北秋田市森吉

桃洞滝からザイルを使って登る上級登山者向けのコースにある、ほぼ直角に切り立った崖を落ちる滝。透明度は高く、水量は少ない。
   
 桃洞滝  秋田県北秋田市奥森吉

森吉山野生鳥獣センターから桃洞・赤水分岐点を経由して約1時間。流れが最上部で左右に広がり、滝壺でまた一点に集まるという不思議な滝で、別名「女滝」とも呼ばれる。
   
 奈曽の白滝  秋田県にかほ市象潟町小滝

かつて鳥海山に向かう途中の難所だった奈曽地区にある勇壮な滝。鳥海火山の溶岩流の末端として絶壁を形成した。昭和7(1932)年には国の名勝にも選ばれている。
   
 法体の滝  秋田県由利本荘市鳥海町百宅

日本百名山の一つ鳥海山の東麓、秋田県由利地方を流れる子吉川の源流部にある末広がりの荘厳な滝。3つの滝からなり、流長約100m、落差57.4mのビッグスケールだ。特に紅葉の美しさは格別。
   
 老不知の滝  秋田県北秋田郡上小阿仁村南沢

鯉茶屋の裏手にあり、滝最上部に祠が置かれた落差35m、幅6mの滝。秋田の新観光三十景に選ばれている。周囲はミニ動物園、釣り堀などもあり、週末の観光スポットだ。
   
    滝
 県別情報&ガイド    秋田県     歴史建造物・文化財
あきた角館 西宮家 秋田県仙北市角館町田町上丁11-1

西宮家のある田町は角館のもうひとつの武家屋敷どおり。明治後期から大正時代に建てられた五棟の蔵と母屋を復元。蔵は工芸品の販売・展示コーナー、食事処などになっている。
安藤醸造元本店 秋田県仙北市角館町下新町27

嘉永6(1853)年創業。商人の町であった外町の外れにある、みそ・しょう油の老舗の醸造元。文庫倉で漬物、味噌汁、お茶のサービスがある。
河原田家 秋田県仙北市角館町東勝楽丁9

屋敷は書院造りで、角館町武家屋敷資料館に隣接。藩政時代の建築をそのまま踏襲しており、細部の様式にもこだわっている。庭にはアカマツやユリノキの大木もある。
角館歴史村・青柳家 秋田県仙北市角館町東勝楽丁26

武家屋敷通りのほぼ中心に位置し、ひときわ立派な薬医門を構える青柳家。邸内には秋田蘭画を集めた青柳庵、武具を展示する武器蔵のほか、食事処や喫茶室が並ぶ。
岩橋家 秋田県仙北市角館町東勝楽丁3-1

江戸末期に建造された中級武士の屋敷。岩橋家は会津芦名氏以来の家臣だが、主屋は4室のみ。階級で定められた武士の質素な生活ぶりをいまに伝えている。明治30年頃、茅葺屋根から木羽葺に改築。
旧日新館 秋田県横手市城南町7-1

明治35(1902)年に旧制横手中学校に赴任したアメリカ人英語教師の住まいとして建てられた洋館。当時の姿のままとどまるその姿は、明治時代の洋風建築様式美を今に伝えている。
国指定重要文化財「土田家住宅」 秋田県由利本荘市矢島町元町相庭舘9

現存する農家としては東日本最古のもの。17世紀ころの豪農の家で、この地に古くから伝わる「中門造り」系統ながら、「主殿造り」の要素も併せ持つ貴重な文化財だ。
秋田県立博物館分館 旧奈良家住宅 秋田県秋田市金足小泉上前8

秋田特有の両中門造りの農家。豪農・奈良喜兵衛が宝暦年間(1751〜1764年)に建築したもので、国の指定重要文化財にも認定されている。館内の土間には古い民具が展示されている。
小田野家 秋田県仙北市角館町東勝楽丁10

解体新書のさし絵を描いたことで知られる秋田蘭画の創始者、小田野直武の分家としても知られている。質実な、中級武士の屋敷の造りを残している。
松本家 秋田県仙北市角館町小人町4

江戸時代末期の建築物。置き石屋根、柴垣という簡素な造りの下級武士の屋敷。主屋が県有形文化財(建造物)に指定されている。
男鹿真山伝承館 秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97

大晦日に行なわれる男鹿真山地方の伝統行事「なまはげ」を再現する伝承館。なまはげ行事を実際に体験しながら詳しくなれる。戸をバンと開けて訪れるなまはげは迫力満点。
天使館 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山古館35-2

昭和7(1932)年にカトリックの保育園として建築。当時の雰囲気もそのままに改築され、現在はさまざまな催しが行われている。美しい外観は、記念撮影のポイント。
八郎潟漁撈用具収蔵庫 秋田県潟上市昭和大久保元木山根50

干拓で姿を消した八郎潟の漁を、今に伝える貴重な資料館。氷下漁の用具や、引き網などを展示。国指定重要有形民俗文化財の潟船は必見。
武家屋敷石黒家 秋田県仙北市角館町表町下丁1

文化6(1809)年に建てられた角館で最も古い武家屋敷。母屋の座敷に上がることができるのはここだけ。部屋の特長や当時の生活様式を案内してくれる。樹齢300年の樅の木がある庭園も見もの。
払田柵跡 秋田県大仙市払田仲谷地95

平安時代の儀式や行政、軍事の機能を果たした役所跡とされている。遺跡は外柵と外郭区画施設で二重に囲まれ、東西南北には4つの門があり、復元工事が進められている。
 北秋田市阿仁郷土文化保存伝承館・北秋田市旧阿仁鉱山外国人官舎異人館  秋田県北秋田市阿仁銀山下新町41-22

国の重要文化財に指定されている、明治15(1882)年建造のレンガ造りの洋館。ルネッサンス風建築の異人館で、伝承館は、阿仁鉱山の歴史を紹介する施設。
   
 鈴木家住宅  秋田県雄勝郡羽後町飯沢

秋田県で最古の寄棟式茅葺き屋根で中門造りの住宅。柱はクリ材で天井が高く、丸みのある優雅な仕上がり。土蔵も国指定重要文化財で見学可能。全国の「鈴木」姓の発祥の地だ。
   
END