岩瀬家 富山県南砺市西赤尾町857-1

約300年前に建てられた合掌造り最大の家屋。加賀藩の塩硝上煮役宅で、書院造りの座敷、武者隠しの間、奥式台、雨戸など珍しいものが多い。(国重要文化財指定)。
国登録有形文化財 豪農の館 内山邸 富山県富山市宮尾903

建物は江戸時代の典型的な豪農屋敷の構えと生活様式をとどめ、表座敷や書院、庭園などに当時の繁栄ぶりが偲ばれる。文化的諸行事の場として施設の利用も可能。春は梅・桜・椿、秋は紅葉が見事。
佐伯家住宅 富山県高岡市福岡町蓑島313

江戸時代の砺波地方の代表的茅葺民家。昭和46年に国指定重要文化財に指定されている。
菅野家 富山県高岡市木舟町36

土蔵造りの家並みが多く残る山町筋にあり、重厚な外観と細部の華やかな装飾が見事で国の重要文化財。重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。
村上家 富山県南砺市上梨725

オーソドックスな形の合掌造りだが、1〜3階まで屋内が見学できる施設として貴重な存在。およそ400年前の建築と伝えられ、国の重要文化財に指定されている。
島田邸 富山県高岡市福岡町福岡1004

約130年以前に島田邸付近に伝わったとされる雅楽を伝承する活動の拠点。明治11年には明治天皇が北陸巡幸の際、雅楽を演奏した由緒を持つ。緑の多い風情ある和風庭園は随時見学可。
浮田家住宅 富山県富山市太田南町272

加賀藩から奥山廻り役、代官役を賜った浮田家。寄棟造りの母屋は1828年の建築で、江戸時代中期の豪農民家の建築様式を旧態のまま残す。藩政時代を物語る県内唯一の建造物。
武田家住宅 富山県高岡市太田4258

江戸時代後期、武田信玄の弟の子孫といわれる名家で代々庄屋を務めた豪農の建造物。敷地は約1万平方メートル。伏木勝興寺再建の余材で建てたという茅葺と寄棟造の住宅が国の重要文化財。
片山等記念庄川民芸館収蔵館 富山県砺波市庄川町金屋12

日本はもとより、世界の民芸品を収蔵している建物。中には入れないが、古い建造物である表門は見事。民芸品は水記念公園の一角に展示されている。
北前船回船問屋(森家) 富山県富山市岩瀬大町108

江戸中期〜明治期にかけ、北前船で栄えた岩瀬の町の中に残る回船問屋群の1軒。天井の木組み、一枚岩の通り庭、土蔵の鏝絵彫刻などに当時の隆盛を見ることができる。
薬種商の館 金岡邸 富山県富山市新庄町1-5-24

国登録有形文化財。300年の歴史をもつ富山売薬業に関する資料が保存展示され、国内でもまれな売薬資料館。母屋は明治初期の商家、新屋は総檜造りの建物で見事。
立山室堂 富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂平

江戸時代中期に建設された、日本最古の山小屋。国の重要文化財に指定されている。現在は宿泊施設としては使われていないが、内部が一般公開されている。
流刑小屋 富山県南砺市田向

現存する唯一の流刑小屋。1坪ほどの独房は粗末な小屋で罪人の叫びが聞こえてきそう。中に人形を置き、当時の様子を再現している。
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
     記念館・学習館・科学館
    特殊地形
悪城の壁 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林

称名滝に向かう途中にあり、溶結凝灰岩の壮大な岸壁が称名川に向かって切り立つ。高度差は約500mで一枚岩盤としては日本一を誇る。まさに峻嶮という形容がぴったりだ。
呉羽丘陵 富山県富山市吉作地内

富山平野を南北に分ける緑の丘陵。日本の自然100選に選ばれている。山頂から西斜面にかけてナシ畑が広がっており、4月中・下旬には真っ白なナシの花で埋め尽くされる。
室堂平 富山県中新川郡立山町室堂平

アルペンルートの最高所で、間近に迫る立山連峰が圧巻。トロリーバスが発着する室堂ターミナルは、標高2450mの日本最高所駅。眼下に青雲が広がり、澄みきった空気が心地いい。
大境洞窟住居跡 富山県氷見市大境駒首ほか

九段浜海岸にある幅約16m、高さ約8m、奥行き約35mの海岸洞窟。1918(大正7)年に縄文時代から続く6層の住宅跡が発見された。国指定文化財。
 地獄谷  富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11 国有林(地獄谷)

無数の硫気口から噴気が吹き出す室堂平の火山活動エリア。土と岩のほかにはガスの噴出によってできたイオウ塔があり、荒涼とした雰囲気。危険なので歩道以外は歩かないで。
   
猿飛峡 富山県黒部市黒部奥山国有林(欅平)

黒部川本流で、一番幅の狭い場所。昔、猿が飛び越えたということから猿飛の名が付けられた。花崗岩の岩肌、ヒスイ色の水面が美しく、国指定特別名勝・特別天然記念物に指定されている。
宮島峡 富山県小矢部市宮島地内

伝説と緑にあふれた渓流。瀧や洞窟があり、子撫川沿いにブロンズのビーナスが並ぶ。ハイキングコースも整備。「宮島緑の村」には展望台や休憩室を備えた林間休養施設がある。
黒部峡谷 富山県黒部市黒部奥山国有林

北アルプスの立山連峰と後立山連峰の間に深く刻まれた谷が黒部峡谷。黒部峡谷鉄道宇奈月駅から終点欅平駅までの約1時間半、トロッコ電車で、大自然の美しさをたっぷりと楽しむことができる。
庄川峡 富山県砺波市庄川町小牧、湯谷

小牧ダムから上流に広がる庄川沿いの峡谷で、春の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と一年をとおして素晴らしい景観を楽しめる。小牧と大牧温泉を結ぶ遊覧船も通年運航している。
神通峡 富山県富山市牛ヶ増〜岐阜県境

神通川に架かる笹津橋から細入地区猪谷付近まで約15kmにわたる峡谷が、県定公園神通峡。鋭く切れ込んだ谷間がうねる自然の造形美は、雄大そのもの。
片路峡 富山県富山市庵谷

露出する横山楡原衝上断層は太古の地殻変動を示す貴重な資料として国の天然記念物に指定されている。
岩室の滝 富山県中新川郡立山町虫谷

高さ約24m。白岩川の支流・虫谷川の中流にある滝で県の天然記念物に指定されている。
称名滝 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外国有林(称名平)

日本の滝百選に選定。落差約350mは日本最大級を誇る。4〜6月の雪解け時には、隣にハンノキ滝という滝が現れる。紅葉の時期も見頃。晩秋には雪も混じり幻想的な光景に。
常虹の滝 富山県富山市猪谷

神通川の支流・猪谷川にある、不動滝、大滝、常虹の滝の3つの滝のひとつ。晴れた日にはいつも虹がかかるこの滝は、落差約30m。
  渓谷・滝
  渓谷・滝
 県別情報&ガイド        富山県    歴史建造物・文化財