柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
黒部市吉田科学館 富山県黒部市吉田574-1

自然と科学のテーマ館。直径20mのプラネタリウムは約1万3500個の恒星と12の星団、星雲を映し出す。立体映像プログラムも上映。
黒部川電気記念館 富山県黒部市黒部峡谷口11

縮尺60分の1の黒部ダム大模型、ダムの現在の姿を見られる「クロヨンNOW」、電源開発の初期から活躍した電気機関車の実車などを展示。
セレネ美術館 富山県黒部市宇奈月温泉6-3

宇奈月国際会館「セレネ」内に誕生した美術館。平山郁夫をはじめとする7名の現代日本画家が美術館と一体となって黒部を題材とする作品の創作に取り組んでいる。
下山芸術の森 発電所美術館 富山県下新川郡入善町下山364-1

大正期の赤レンガの水力発電所を改装した珍しい美術館。導水管や発電機などが当時の面影を残す。現代美術の立体造形の企画展を季節ごとに開催。
高岡市美術館 富山県高岡市中川1-1-30

古城公園近くにある「高岡文化の森」の中心施設。金属工芸、金属造形を中心に常設展示と企画展示を。他、ロダンの「考える人」やマリソールの彫刻「ピカソ」なども収蔵。
黒部市美術館 富山県黒部市堀切1035

黒部市立総合公園内にあり、美術館からは立山連峰が望まれる。郷土ゆかりの作家と国内の現代版画作品を収集。企画展を中心とした展示のみで、年4〜6回開催。
砺波市美術館 富山県砺波市高道145-1

郷土作家の作品や世界の写真、日本の工芸を紹介する常設展示に加え、年間を通して多彩な企画展示を開催している。子どもの造形アトリエ、市民ギャラリーも開設。
百河豚美術館 富山県下新川郡朝日町不動堂6

フグ料理事業で成功した青柳政二氏が、自らの号「百河豚」を冠し開館した東洋古美術専門の美術館。絵画、工芸、書、彫刻のほか、とくに野々村仁清のコレクションが充実。
富山県水墨美術館 富山県富山市五福777

竹内栖鳳や横山大観らの作品を展示する「近代水墨画の系譜」と、県出身の下保昭の作品を展示する「下保昭作品室」が設けられている。映像ホール、図書室、茶室などもある。
富山県立近代美術館 富山県富山市西中野町1-16-12

ピカソ、ミロ、シャガールなど、20世紀以降の美術を系統的に展示する常設展(郷土作家などを紹介する全5室)や、多彩な企画展を随時開催している。
     記念館・学習館・科学館
    記念館・学習館・科学館
チューリップ四季彩館 富山県砺波市中村100-1

チューリップ公園に隣接するチューリップの博物館。栽培の歴史や品種紹介のコーナー、一年中チューリップの花が生で見られるスクエアなどを完備。年数回、チューリップを用いた特別展を開催。
魚津埋没林博物館 富山県魚津市釈迦堂814

魚津の二大名物である“埋没林”と“蜃気楼”がテーマの博物館。館内では埋没林を発掘した状態で保存展示。蜃気楼に関する展示や大型ハイビジョン映像もある。
立山カルデラ砂防博物館 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂68(千寿ヶ原)

立山カルデラの自然・歴史と砂防をテーマとした博物館。巨大ジオラマや320インチ立体映像、トロッコ機関車の実車展示などがある。7〜10月には、「立山カルデラ砂防体験学習会(抽選)」も開催。
  博物館
  博物館
 県別情報&ガイド         富山県    美術館・ギャラリー