とんぼ玉美術博物館 長野県北安曇郡松川村4335-1

古代から人々を魅了してきたガラス装飾品「とんぼ玉」を常設展示。3500年前の古代エジプトや、古代メソポタミア時代、江戸のとんぼ玉などのほか、びいどろの展示もしている。
エルツおもちゃ博物館・軽井沢 長野県北佐久郡軽井沢町風越公園193

木製のくるみ割り人形やパイプ人形など、300年以上の歴史をもつドイツ・エルツ地方の貴重な伝統工芸おもちゃや、北欧を中心とした知育玩具を収蔵。展示館にはおもちゃの体感コーナーもある
塩の道博物館・流鏑馬会館 長野県大町市八日町2572

塩問屋の平林家の建物を博物館として公開。塩の道に関する資料や家具調度類を展示している。千国街道で塩を運んだ歩荷の服の試着コーナーや機織り体験コーナーもある。
 街かどミニ博物館  長野県長野市中央通り

善光寺参道内にある、全10店舗の店先や店内で開設されているミニ博物館。展示品はそれぞれの商売ゆかりの道具類や美術品、骨董品などさまざまで、入館はいずれも無料。
   
 茅野市尖石縄文考古館・尖石遺跡  
長野県茅野市豊平4734-132

茅野市内出土の縄文土器、石器など約2000点を展示する考古館。棚畑遺跡出土の土偶は国宝に指定されている。周辺には国特別史跡の尖石遺跡があり、見学自由の史跡公園となっている。
   
 旧制高等学校記念館  長野県松本市県3-1-1

長野県松本市あがたの森公園内にあり、旧制松本高等学校をはじめ、全国の旧制高校の資料を展示する記念館。公園内には、大正時代に建てられた旧松本高等学校校舎もあり重要文化財に指定されている。
   
 戸隠そば博物館とんくるりん  長野県長野市戸隠上立道3018

そば資料展示室、そば打ち体験室がある戸隠ならではの施設。そば打ち体験は10〜16時まで随時受付(30名以上は要予約)。所要時間は約1時間。地場産品の販売も行なっている。
   
 豪商の館 田中本家博物館  長野県須坂市穀町476

田中本家の、蔵に眠っていた室町時代の屏風、江戸時代の陶器、江戸・明治・大正・昭和の婚礼衣装、漆器などを展示替えしながら公開。館内には明治時代の建物を改修した食事処もある。
   
 小池千枝コレクション 世界の民俗人形博物館  長野県須坂市野辺1367-1

須坂出身の文化服装学院元名誉学院長・小池千枝氏から寄贈された、世界100ヶ国の民俗人形約3000体を収蔵。各国の民俗衣装をまとった人形は表情豊か。
   
 松本市時計博物館  長野県松本市中央1-21-15

和時計、掛時計、置時計など和洋の古時計約110点を展示。ほとんどが実際に動く状態で展示公開されている。18世紀から20世紀初頭の国内外の珍しい古時計は必見。
   
 松本市立博物館  長野県松本市丸の内4-1 松本城公園内

松本城公園内にある博物館。松本城に関連した歴史的資料と、重要有形民俗文化財・七夕人形コレクションなどの民俗資料を中心に常設展示。企画展も年に数回開催される。
   
 松本市歴史の里  長野県松本市島立2196-1

たてもの野外博物館として信州の近代をテーマに貴重な建物を移築復元。6700平方メートルの敷地には、県宝旧長野地方裁判所松本支部庁舎をはじめ5棟の文化財建造物が立ち並ぶ。
   
 諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館  長野県諏訪郡下諏訪町5805

日本電算サンキョー(株)のアンティークオルゴールコレクションを主体に、世界のオルゴール120点を展示。オルゴール作り体験工房や喫茶、ショップも併設。
   
 大鹿村中央構造線博物館  長野県下伊那郡大鹿村大河原988

大鹿村の中央を小渋川沿いに走る日本列島最大の断層、中央構造線や土砂災害などについて解説。大鹿村に中央構造線が地表に露出した自然露頭があり、この標本も展示。
   
 大町エネルギー博物館  長野県大町市平2112-38

水力発電や太陽光発電など電気エネルギーの仕組みが学べる博物館。土・日曜、祝日にはプラネタリウム、科学体験工作教室などファミリーで楽しめる施設がそろう。
   
 大町温泉郷酒の博物館  長野県大町市平2811

大桶や米かすりなどの酒造りの道具を展示。日本全国の酒1500本の陳列は圧巻だ。試飲コーナーもあり、5種類の地酒の試飲ができる。
   
 大町山岳博物館  長野県大町市大町8056-1

1階では近世以前の山と人との関わりから近代登山に至る登山史を解説。2階では周辺の自然や北アルプスの動植物について紹介している。3階展望室からは北アルプスを一望。
   
 長野市立博物館  長野県長野市小島田町1414 八幡原史跡公園内

長野盆地を自然、考古、歴史、民俗の4テーマから展示、解説。プラネタリウム(土・日曜、祝日のみ)併設。
   
 登内時計記念博物館  長野県伊那市西箕輪1938-88

18世紀から近代までのヨーロッパの置き時計を中心に、約300点の機械式時計が展示されている。すべての時計が正確に動いており、正時に鳴り響く鐘の音は圧巻。
   
 南木曽町博物館  長野県木曽郡南木曽町吾妻2190

島崎藤村の母、ぬいの生家であった妻籠宿本陣は平成7年に復元。脇本陣奥谷は、脇本陣を務めた奥谷林家の住居を公開。歴史資料館には、木曽地方の歴史資料を展示。
   
 日本のあかり博物館  長野県上高井郡小布施町973

栗菓子の老舗・竹風堂の中庭にある。古い土蔵を改修した館内では、国の重要有形民俗文化財指定の灯火具などを展示。照明文化の歴史を紹介している。
   
 日本スキー博物館  長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8270

日本のスキーの始まりから現在までのさまざまな資料を収蔵展示。日本に本格的にスキー術を伝えた、ハンネス・シュナイダー愛用のスキーやスキー靴も展示している。
   
 日本浮世絵博物館  長野県松本市島立小柴2206-1

松本出身の酒井家が、5代200年にわたって収集した浮世絵10万点を収蔵。初期の浮世絵から現代の創作版画まで、幅広いコレクションの中から常時140点を展示している。
   
 木曾くらしの工芸館  長野県塩尻市木曽平沢2272-7

連続したアーチ型の木の梁が美しい、吹き抜け天井が見もの。木と漆を中心にした木曽ならではの工芸品やアートを展示、販売。レストランや喫茶も併設。沈金等の体験もできる(要予約)
   
 野尻湖ナウマンゾウ博物館  長野県上水内郡信濃町野尻287-5

野尻湖から発掘された氷河時代のナウマンゾウの化石や、出土品、復元された実物大の模型を展示。野尻湖9万年の歴史や4万年前の人類の暮らしなどについても紹介している。
   
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
  博物館
KIGIギャラリー&スタジオ 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東33-2

現代アート作家の作品を鑑賞できるギャラリー。個展・グループ展の開催、作品の販売を行っている。美術講座(参加型ワークショップ)も開催。(不定期)。
museum cafe BANANA MOON 長野県安曇野市穂高有明3613-32

「週刊新潮」の表紙絵でおなじみのイラストレーター・成瀬政博氏の美術館。カフェを併設した白亜のモダンな内観に心が和む。静かな空間でぬくもりのある作品とおいしいお茶を。
おぶせミュージアム・中島千波館 長野県上高井郡小布施町小布施595

小布施出身の日本画家、中島千波の作品を常設展示するミュージアム。現代的な感性で描く花鳥風月や人物、裸婦などが多く、とくに桜をモチーフにした作品は人気が高い。
イルフ童画館 長野県岡谷市中央町2-2-1

童画という言葉を生み出した武井武雄の作品を中心に国内外の童画作品を収蔵。モーリス・センダックの原画も常設展示している。約2000冊の絵本が見られるライブラリーも。
ギャラリーシュタイネ 長野県安曇野市穂高有明7360-17

安曇野の森にとけ込むおしゃれなギャラリー。陶、ガラス、絵画などジャンルを問わず、幅広い企画展を念に7〜8回催し、常設も展示している。
サンリツ服部美術館 長野県諏訪市湖岸通り2-1-1

日本、東洋の古代から近代に至る絵画、書、工芸と西洋近現代絵画を多数収蔵。年数回展示替えがある。国宝指定の本阿弥光悦作「白楽茶碗(銘不二山)」は年一度の展示。
セゾン現代美術館 長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140

ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホルなどの、現代美術史上欠くことのできない絵画や彫刻作品を系統的に紹介。庭園にはイサム・ノグチ、安田侃の彫刻が点在する。
ハーモ美術館 長野県諏訪郡下諏訪町10616-540

諏訪湖畔に建ち湖の眺望もいい。ルソーやモーゼスなど素朴画家と呼ばれる人々の作品とルオーの銅版画、マティスのジャズ全作品を所蔵し、貴重な美術館として世界に注目されている。
ペイネ美術館 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217

フランスの画家、レイモン・ペイネの作品を展示。かわいい恋人たちが登場する淡い色調のリトグラフや水彩画が並ぶ館内には、あたたかい雰囲気と夢が満ちている。
マリー・ローランサン美術館 長野県茅野市北山4035(蓼科湖畔)

20世紀前半に活躍し、透明感のあるパステルカラーで独特の優美な女性像を描いた画家の生涯の代表作を収蔵展示。蓼科湖畔の瀟洒な建物で、彫刻公園やリゾートホテルを併設する。
メルシャン軽井沢美術館 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1799-1

緑あふれる敷地内に美術館棟、蒸留所、レストラン棟、ミュージアムショップ棟、エントランス棟が点在している。蒸留所見学は無料で、ウイスキー&ワインは一部有料で試飲もできる。
ラフォーレ白馬美術館 長野県北安曇郡白馬村北城2965

マルク・シャガールのリトグラフなど580点のコレクションの中から常時120〜150点を公開している。他にモノクロの銅版画館があり音楽ホールや映像展示室を併設。
ル ヴァン美術館 長野県北佐久郡軽井沢町長倉957-10

建物は創設当時の文化学院校舎を再現したモダンな外観の美術館。学院創設者である西村伊作の油彩・水彩作品や、学院ゆかりの与謝野晶子や石井柏亭の書画などを展示する
安曇野ちひろ美術館 長野県北安曇郡松川村西原

いわさきちひろの水彩画や初期の素描、絵本などの原画を展示。年に4回展示替えをしながら紹介している。エリック・カールなど現代を代表する絵本画家の原画も見られる。
安曇野ジャンセン美術館 長野県安曇野市穂高有明4018-6

フランス現代画家ジャンセンの専門美術館。彼の代表作である、バレリーナ、ベニスのシリーズを中心に700点余を収蔵し、常時80点程がみられる。カシニョールの作品も一部併設展示。
安曇野絵本館 長野県安曇野市穂高有明2186-117

内なる自然をテーマに、大人のために作られた絵本館。四季に応じて3ヶ月ごとの企画展示をし、海外の作家を紹介。未就学児や団体は断っており、静かに鑑賞できる。
安曇野山岳美術館 長野県安曇野市穂高有明3613

山岳画家の第一人者、故足立源一郎を中心に、原田達也、片山芳樹、上田太郎、加藤水城の5人の山岳画家の作品を収蔵。油彩画やデッサンの秀作が展示されている。
奥村土牛記念美術館 長野県南佐久郡佐久穂町穂積1429-1

現代日本画壇の第一人者、奥村土牛が昭和20年代に旧八千穂村で過ごした縁から開館した美術館。収蔵される土牛の素描200点のなかから、常時約40点ほどが公開される。
岡信孝コレクション 須坂クラシック美術館 長野県須坂市須坂371-6

明治期に製糸家として活躍した元牧新七の家を利用した美術館。日本画家、岡信孝氏のコレクションである大正〜昭和初期の着物やガラス、李朝の民画、工芸品、琉球漆器、染型などを収蔵。
花の夢美術館 長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ野979-2

女神湖のほとりにたたずむ現代押し花アートの美術館。創始者である近藤レミ子氏の作品を展示するほか、押し花体験コーナーやショップ、ティールームなどが揃っている。
絵本美術館&コテージ 森のおうち 長野県安曇野市穂高有明2215-9

静かな赤松林に囲まれた絵本の美術館。企画展も年に数回開催しており、特に宮沢賢治の世界には力を入れている。子どもがくつろいで絵本に親しめるライブラリーもある。
旧軽井沢森ノ美術館 長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢809

立体的な視覚体験ができるトリックアート美術館。心理錯覚やトリックなど、見て、さわって楽しめる。作品数も増え展示内容がさらに充実。カメラ持参で楽しい写真を撮ることもできる。
京都造形芸術大学附属 康耀堂美術館 長野県茅野市豊平4734-215

横山大観や高山辰雄、山口薫など約70名の絵画を収蔵している。年3回の展示替えを実施しており、常に新しい発見を楽しむことができる。
駒ヶ根高原美術館 長野県駒ヶ根市赤穂88

藤原新也、草間彌生など現在活躍中の作家と、池田満寿夫、ロダン、ゴヤなど国内外の巨匠の作品約2700点を収蔵し、順次展示している。年に5〜6回、企画展も開催。
軽井沢ボヘミアンガラス美術館 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1310-20

高度な技術と華麗な装飾性で有名な、ボヘミアンガラスの作品を展示している。その数は大小あわせて約100点。17世紀から現代の作品に至るまでと、多彩な内容だ。
軽井沢絵本の森美術館 長野県北佐久郡軽井沢町風越公園182

バーナデットなど絵本作家の原画作品を収蔵。洋書中心に蔵書約1800冊の図書館もある。ティールームやショップも併設。2006年に開設した吉田新一文庫では欧米絵本の世界を学べる。
軽井沢現代美術館 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2052-2

2008年8月に誕生した美術館。戦前、戦後に日本を離れ海外で高い評価を得た“海を渡った画家たち”の作品を中心に展示。草間彌生や奈良美智などの立体作品は特に興味深い。
古陶磁コレクション「了庵」 長野県上高井郡小布施町小布施88-3

古陶磁器約400点を収蔵する個人美術館。器にふれて体験できるコーナーでは、器の見方、楽しみ方を庵主が説明している。挽きたてのコーヒーを味わえるコーナーも。
佐久市立近代美術館 長野県佐久市猿久保35-5

平山郁夫をはじめ奥村土牛、東山魁夷の日本画、中川一政、小磯良平、小山敬三らの洋画、平櫛田中などの彫刻、工芸、書、現代美術と幅広く日本近・現代の美術作品を収蔵。
山ノ内町立志賀高原ロマン美術館 長野県下高井郡山ノ内町平穏1465

山ノ内出身の南画家、児玉果亭の作品や、ローマングラスコレクション、遊牧民の伝統的なキリムなどを展示。ミュージアムショップ、喫茶室もある。設計は建築家の黒川紀章氏。
市立小諸高原美術館・白鳥映雪館 長野県小諸市菱平2805-1

小諸出身の日本画家・白鳥映雪の代表作や小諸義塾にまつわる水彩画家の作品など、小諸にゆかりのある作家の作品を展示する。飯綱山の山頂にあり、美術館からの眺望もいい。
小さな栗の木美術館 長野県上高井郡小布施町779

栗菓子を販売する桜井甘精堂本店の敷地内に建つ美術館。大正から昭和にかけて活躍した日本人画家たちの絵画を展示。美しい庭園を望むだけでも心和む
小さな美術館 軽井沢草花館 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東19-40

軽井沢の豊かな自然を愛し、草花を描き続けた石川功一氏の個人美術館。950種3000余枚にもおよぶ水彩スケッチと百数十点の油彩草花図等を収蔵し、企画展示を通して軽井沢の植物を紹介している。
小海町高原美術館 長野県南佐久郡小海町豊里池の沢5918-2

世界的な建築家である安藤忠雄氏の設計による斬新なデザインの建物が目を引くミュージアム。現代美術、デザイン、郷土の作家などをあつかった特色ある企画展を開催している。
小諸市立小山敬三美術館 長野県小諸市丁221 懐古園内

小諸出身の画家、小山敬三の代表的作品約40点を展示。油彩の『紅浅間』『浅間山新雪』など、四季折々の浅間山の風景画が展示され印象深い移築された住居兼アトリエを併設。
松本市美術館 長野県松本市中央4-2-22

郷土出身作家、松本ゆかりの作家の作品を主に展示している。草間彌生の貴重な初期平面作品、版画、立体作品や、田村一男の油彩画など。公立美術館には珍しい書の展示もある。
信州高遠美術館 長野県伊那市高遠町東高遠400

伊那市高遠町出身の画家原田政雄氏から寄贈されたコレクションを中心に、中村不折、池上秀畝ら伊那市ゆかりの画家の作品約1200点と資料1800点を収蔵。企画展や特別展も年に数回開催。
深沢紅子 野の花美術館 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217

軽井沢タリアセン内にある。堀辰雄や立原道造などの本の装丁を手がけた画家、深沢紅子の美術館。野の花を題材に描かれた水彩画、油彩画、遺品などが展示されている。
諏訪市原田泰治美術館 長野県諏訪市渋崎1792-375

諏訪市出身の画家、原田泰治の作品を展示。美しい日本のふるさとをテーマに、全国を取材して描きあげた「原田泰治の世界」が楽しめる。収蔵作品は約155点。
 諏訪市美術館  長野県諏訪市湖岸通り4-1-14

常設展では、近代洋画、日本画、彫刻、工芸など約100点を展示。郷土作家をはじめ幅広い作家の作品を収蔵。東郷青児の『女』など、人気作品も多数ある。昭和18年築の建物も見どころ。
   
 須坂版画美術館・平塚運一版画美術館  長野県須坂市野辺1386-8

須坂版画美術館では、近・現代の版画作品をメインに、須坂出身の小林朝治の作品を展示。創作版画家として有名な平塚運一氏の作品を展示しているのが平塚運一版画美術館。
   
 水ひき工芸館せきじま  長野県飯田市中村1138-2

のし袋に結ぶ水引は、江戸時代から続く飯田の伝統産業。芸術性豊かな水引を展示している美術館だ。水引を種類豊富に販売する工芸館も併設している。
   
 世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館  長野県茅野市白樺リゾート

水と光、鏡が効果的に使われた影絵や、幾枚もの和紙で作られたきり絵など、幻想的で美しい作品を展示。なかでも藤城清治氏の、壁全面にわたる影絵の大作は迫力がある。
   
 戦没画学生慰霊美術館 「無言館」  長野県上田市古安曽山王山3462

太平洋戦争などで亡くなった画学生たちの遺作を集めた美術館。館内には絵画や彫刻など約80点をはじめ、戦地で書いた手紙などが展示されている。塩田町駅からシャトルバス(4月〜11月)が運行。
   
 大熊美術館  長野県安曇野市穂高有明7403-10

デンマークのロイヤルコペンハーゲン窯と、ビング&グレンダール窯の磁器芸術を中心に展示。1世紀以上前のクリスマスプレートや東山魁夷のリトグラフも収蔵されている。
   
 池田町立美術館  長野県北安曇郡池田町会染7782

常設作家山下大五郎、奥田郁太郎らの描いた安曇野。絵画・陶芸作品を通し、感動を追体験することが出来る。北アルプスに囲まれ、四季折々美しい色彩をまとう安曇野の眺望は形容しがたい。
   
 池田満寿夫美術館  長野県長野市松代町殿町城跡10

版画、油彩、陶芸、ブロンズ彫刻などさまざまなジャンルで活躍した池田満寿夫の作品を展示。銅版画として世界的な評価を得た「女・動物たち」など、代表作が見られる。
   
 長野県信濃美術館・東山魁夷館  長野県長野市箱清水1-4-4 城山公園内

信濃美術館では長野県ゆかりの収蔵品を公開する他、年4回ほど企画展を開催。東山魁夷館は、信州を愛した東山魁夷の作品を約950点収蔵、年に6回テーマを変えて紹介する。
   
 田崎美術館  長野県北佐久郡軽井沢町長倉横吹2141-279

生涯に渡り山を描いた田崎廣助の作品を展示。『浅間山』、『晩秋の阿蘇山』、『月と三笠山』などの代表作を常設展示。美しい空間を形造る美術館の建物も見どころだ。
   
 南ケ丘美術館(三五荘資料館)  長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1052-73

美術作品を展示する本館と、山梨県塩山市から移築した古民家、三五荘(国登録有形文化財)を公開した資料館からなる。本館2階では近代の絵画、彫刻、工芸品や、古美術など25点ほど鑑賞できる。
   
 白樺高原美術館  長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ野2030

しらかば2in1スキー場内のレストラン・ルミエールの3階にある美術館。自然美をテーマにした山岳画家・牧潤一の作品を中心に展示しているほか、そば打ち道場もある。
   
 白馬三枝美術館  長野県北安曇郡白馬村北城2935

テーマは「白馬に魅せられた画家たちのあかし」。日本を代表する画家70名の油絵、水彩画を一堂に展示している。足立源一郎、池田満寿夫など展示点数は常時100点あまり。
   
 八ヶ岳小さな絵本美術館  長野県諏訪郡原村原山17217-3325

絵本とその作家をテーマにした企画展を公開。内容は2〜3ヶ月ごとに替わる。館内には絵本が自由に読める図書コーナーや喫茶室、オリジナルグッズなどを販売する売店がある。
   
 八ヶ岳美術館  長野県諏訪郡原村17217-1611

地元原村出身で戦後日本の彫刻界をリードした彫刻家・清水多嘉示の彫刻、絵画を展示する美術館。建物は村野藤吾氏の設計だ。村内出土の土器や石器も展示され、様々な企画展を開催。
   
 斑尾高原絵本美術館  長野県飯山市斑尾高原11492-224

夢をテーマに欧米の絵本作家の原画や資料を年3〜4回の企画展で紹介。木や鉄を使ったオブジェも展示し、興味深い作品群が並ぶ。鑑賞後は飲み物のサービスあり。ペット連れの入館も可能。
   
 飯田市美術博物館  長野県飯田市追手町2-655-7

飯田市出身の画家、菱田春草の日本画や郷土作家の作品などを収蔵展示する美術館と、伊那谷の風土文化を紹介する博物館の総合博物館。柳田國男館と日夏耿之介記念館も併設。
   
 美ヶ原高原美術館  長野県上田市武石上本入美ヶ原高原

ビーナスライン終点にある標高2000mの野外美術館。屋外展示場には国内外の作家の彫刻作品約350点が点在、現代アートに親しめるレストランやショップも併設。
   
 富士見高原 創造の森  長野県諏訪郡富士見町境広原12068-2

国内外の彫刻家を招き、現地で製作してもらった作品が並ぶ野外美術館。50体の彫刻作品が点在するカラマツ林には、彫刻を鑑賞しながら散策できる小道がある。
   
 北野カルチュラルセンター  長野県長野市西後町1603

善光寺参道にある北野美術館の分館。シャガール、ルノワールなど所蔵している企画展などが開催される。吹き抜けのあるおしゃれな展示スペースが好評。
   
 北野美術館  長野県長野市若穂綿内7963-2

横山大観、竹内栖鳳、上村松園、シャガール、ユトリロ、ピカソなど、国内外の大家の絵画、彫刻、工芸作品500点余りを収蔵。庭園作家重森三玲氏の手による庭園も見もの。
   
 北澤美術館 本館  長野県諏訪市湖岸通り1-13-28

エミール・ガレに代表されるアールヌーヴォーのガラス工芸と、日本画を展示。特別展示室にはガレの晩年作『ひとよ茸ランプ』が展示。日本画も名画が揃っている。喫茶室も併設。
   
 綿幸サロン  長野県須坂市中町218

須坂の老舗呉服店横で、明治期の蔵を改良したギャラリー。地域文化の向上を願い、絵画・染織・工芸展などを催している。
   
 脇田美術館  長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢1570-4

洋画家、版画家として有名な脇田和氏のアトリエに隣接。本人が基本設計した館は美しい中庭を囲むようにして建つ。展示は子供や鳥をモチーフにした温かみある作品が中心。
   
 碌山美術館  長野県安曇野市穂高5095-1

穂高出身の荻原碌山の美術館。重要文化財にも指定されている最後の作品「女」をはじめ、日本近代彫刻の祖といわれる彼の力作がそろう。彼と親交のあった芸術家の作品も展示。
   
 蓼科テディベア美術館  長野県北佐久郡立科町白樺湖畔

世界各国から集められた7000体以上のテディベアが集まる美術館。各国のブースに分かれて、さまざまな衣装をまとったベアが展示されている。館内では記念撮影もできる。
   
 蓼科高原 芸術の森 彫刻公園  長野県茅野市北山4035(蓼科湖畔)

マリー・ローランサン美術館併設の蓼科高原芸術の森にある。約70組の彫刻作品のうち、半数近くは北村西望の作品。ロダンなど海外の人気作家の作品も展示。自然豊かな庭園になっている。
   
 蓼科高原美術館  長野県茅野市北山4035

ピラタス蓼科ロープウェイ山麓駅近くにある美術館。茅野出身の彫刻家である矢崎虎夫の彫刻作品を収蔵、展示している。大胆さと力強さで知られる作品を楽しむことができる。
   
(旧)軽井沢駅舎記念館 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178

軽井沢駅の旧駅舎を再築した記念館。1910(明治43)年建築当時と同様の屋根材などを使用し、待ち合わせ室や貴賓室など復元している。なつかしい信越線の資料なども公開。
おぼろ月夜の館〈斑山文庫〉 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9549-ロ-2

文部省唱歌『朧月夜』『春が来た』『春の小川』を作詞した国語・国文学者の高野辰之が、野沢温泉の「対雲山荘」で、晩年までの4年間を暮らした記念に建立。遺品などの関係資料を展示している。
一茶記念館 長野県上水内郡信濃町柏原2437-2

小林一茶の遺品を展示する施設。信濃町の小丸山公園にある。一茶の像が建つ「一茶おもかげ堂」(俳諧寺)や、多くの句碑があり、一茶を偲びながら散策ができる。
旧朝吹山荘 睡鳩荘 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217 軽井沢タリアセン内

作家・翻訳家の朝吹登水子が過ごした山荘を軽井沢タリアセン内に移築し、一般公開している。米国出身のウィリアム・メレル・ヴォーリズによる設計で、歴史的建造物としての価値も高い。
軽井沢オリンピック記念館 長野県北佐久郡軽井沢町発地1157-6

長野オリンピックでのカーリング大会、東京オリンピックの総合馬術、夏冬両方のオリンピック会場となった軽井沢を記念して建設した資料館。
 佐久市子ども未来館  長野県佐久市岩村田1931-1

「進化する宇宙・地球・生命」をテーマに、遊びながら科学を学べる。宇宙の誕生と生命の物語を体験する「宇宙船地球号」や巨大ブラキオサウルスの模型のほか、プラネタリウムも併設。
   
 市村記念館  長野県北佐久郡軽井沢町長倉2112-21

軽井沢・南原の別荘地としての開発に尽力した市村今朝蔵・きよじ夫妻の別荘を移築復元、記念館として公開している。和洋折衷の建築、豪華な調度品などが素晴らしい。
   
 市立小諸高濱虚子記念館  長野県小諸市与良町2-3-24

小諸は、近代の俳人として名高い高濱虚子が愛した疎開の地。彼が小諸で過ごした4年間の作品を展示、保存している。隣接する虚子庵は、現在公開されている唯一の虚子の旧宅。
   
 室生犀星記念館  長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢979-3

『杏っ子』などの名作を生み、大正から昭和中期にかけて活躍した文学者、室生犀星。軽井沢を愛し、亡くなる前年まで過ごした旧居を公開。
   
 小諸市立小諸義塾記念館  長野県小諸市古城2-1-8

明治26年に生まれた私塾・小諸義塾の歴史がわかる記念館。教鞭をとった島崎藤村や塾長の木村熊二の業績を紹介するコーナーなどがあり、豊富な資料とともに解説されている。
   
 小諸市立藤村記念館  長野県小諸市丁315

島崎藤村は、明治32年に恩師木村熊二の招きにより小諸義塾の教師として小諸を訪れた。記念館には藤村の小諸時代を代表する作品の初版本や当時の愛用品などが展示されている。
   
 白馬村オリンピック記念館  長野県北安曇郡白馬村北城3476

ノルウェービレッジにあり、長野オリンピック、パラリンピックで授与されたメダルや、歴代オリンピックの歴史資料、五輪トーチ、選手の寄贈品などを展示。当時の競技映像も放映している。
   
 堀辰雄文学記念館  長野県北佐久郡軽井沢町追分662

江戸時代、中山道有数の宿場町として栄えた追分宿は、『風立ちぬ』などの執筆で知られる堀辰雄ゆかりの地。記念館では、自筆原稿・遺愛品、旧宅(見学は外観のみ)などを展示。
   
 椋鳩十記念館  長野県下伊那郡喬木村1459-2

動物文学や児童文学で有名な作家、椋鳩十に関する資料を展示する記念館。児童書を多く揃えた図書館も併設。記念館から椋鳩十の生家跡まで「椋文学ふれ愛散策路」も整備されている。
   
    記念館・学習館・科学館
     記念館・学習館・科学館
  博物館
 県別情報&ガイド         長野県    美術館・ギャラリー