BankART Studio NYK 神奈川県横浜市中区海岸通3-9

港湾地区に建つ日本郵船の旧倉庫を、アーティストのスタジオや発表の場として活用している。オフィスやカフェ、パブ、ショップ、スクールも併設している。
あしがり郷 瀬戸屋敷 神奈川県足柄上郡開成町金井島1336

開成町北部、金井島に所在し江戸時代、旧金井島の名主を代々つとめた瀬戸家が、家屋を構えてきた約1800坪の大きい屋敷。
エリスマン邸 神奈川県横浜市中区元町1-77-4 元町公園内

現代建築の父・アントニン・レイモンド設計による大正期建築の洋館。往時の資料を展示している。喫茶室では、元町公園の深い緑を見下ろしながらひと休みできる。
ドックヤードガーデン 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1

1896年に造られた日本最古の石造りの商船用ドックで、国の重要文化財に指定されている。長さ約107m、深さ約10mの空間が広がり、これを取り囲むように飲食店舗が軒を連ねている。
ブラフ18番館 神奈川県横浜市中区山手町16

イタリア山庭園の中に、関東大震災後に建てられた外国人住宅。内部は当時の生活の様子が復元され、実際の洋館での暮らしぶりを見ることができる。
ベーリック・ホール 神奈川県横浜市中区山手町72

2002年から公開の、横浜で7館目の山手西洋館。昭和5(1930)年にスパニッシュスタイルで建てられたイギリス人貿易商の邸宅で、戦前の山手の個人邸としては最も規模が大きい。
ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター 神奈川県横浜市中区本町6-50-1

「クリエイティブシティ・ヨコハマ」の推進拠点。かつて旧第一銀行だった歴史的建造物を、クリエイティブ活動を支援する場とした多目的スペースとして活用している。
横浜市イギリス館 神奈川県横浜市中区山手町115-3

英国人技師により1937(昭和12)年に建てられたコロニアル様式の洋館で、元は英国総領事官邸。1990(平成2)年に横浜市指定文化財となり、改修されて一般公開している。
横浜市開港記念会館 神奈川県横浜市中区本町1-6

時計塔がそびえるレンガ造りのネオ・ルネッサンス様式が優雅だ。大正期には音楽会が開かれるなど横浜の社交場として華やかに時代を飾った。
横浜税関 神奈川県横浜市中区海岸通1-1

「クイーンの塔」が目印のイスラム風の建物で、ライトアップスポットとしても有名。資料展示室「クイーンのひろば」ではワシントン条約該当品、密輸手口などを展示している。
外交官の家 神奈川県横浜市中区山手町16

国の重要文化財に指定されている住宅。室内には家具や調度品が置かれ、明治時代の外交官の暮らしを感じられる。喫茶コーナーもあり、家庭的な味のパウンドケーキが人気。
茅ヶ崎市民俗資料館(旧三橋家) 神奈川県茅ヶ崎市堤4318 浄見寺境内

江戸末期に建てられた歴史のある建物、旧三橋家住宅は、重要文化財にもなっている。江戸末期の農家の雰囲気を感じることができる。
旧安保小児科医院(鎌倉風致保存会事務所) 神奈川県鎌倉市御成町9-1

大正から平成7年まで医院として使用されていた建物。診療室跡には鶴をかたどった天井飾りのほか、当時の医療器具などが飾られている。現在は鎌倉風致保存会の事務所になっている。
旧華頂宮邸 神奈川県鎌倉市浄明寺2-6-37

昭和4(1929)年に華頂博信侯爵邸として建てられた華麗な洋館。通常はフランス式庭園のみ公開しており、内部は春・秋に公開。公開日はHPで発表される。日本の歴史公園100選のひとつ。
旧島崎藤村邸 神奈川県中郡大磯町東小磯88-9

島崎藤村が晩年を過ごした邸宅。大正末期に建てられたもので、ここで「東方の門」を執筆したという。落ち着いた趣のある空間に心が洗われる。
群猿奉賽像庚申塔 神奈川県藤沢市江の島2-5

4面に36匹の猿が浮き彫りされた石塔。市の重要文化財に指定されており、守り神といわれる。見ざる、聞かざるなどのしぐさをはじめ、さまざまな猿の姿態が描かれている。
根岸なつかし公園 旧柳下邸 神奈川県横浜市磯子区下町10

明治から大正期の有力商人であった柳下氏により建設された、和館と洋館が一体となった構成の珍しい建物。関東大震災で一部破損したものの、大部分は損失を免れ今に残されている。
山手111番館 神奈川県横浜市中区山手町111

港の見える丘公園内にあり、1999年から公開されている。J.H.モーガン設計のこの洋館は、大正15(1926)年にアメリカ人荷役商ラフィン氏の住宅としてこの地に建設されたものだ。
山手234番館 神奈川県横浜市中区山手町234-1

昭和2年ごろに建てられた外国人向けアパート。横浜外国人墓地近くにある。震災で崩壊した山手を復興させるために建てられたもので、当時の生活の様子をよく伝えている。
獅子ケ谷横溝屋敷 神奈川県横浜市鶴見区獅子ケ谷3-10-2

横浜市の文化財に指定されている江戸時代の豪農、旧横溝家の建物を現地保存。表門をくぐると、藁葺きの主屋や、蚕小屋、文庫蔵、穀蔵が建ち並んでいる。敷地内の庭園も美しい。
   
江の島岩屋 神奈川県藤沢市江の島2

波の浸食で生まれた自然の洞窟が隆起してできた岩屋で、その奥は富士山に続いているという伝説がある。洞窟内には江の島の浮世絵や龍神伝説に関する展示なども行われている。
三ツ石 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1175

約200mの長い岩礁の先に、海面から顔をのぞかせる3つの岩は、真鶴岬のシンボル。満潮で帰れなくなることもあるので、気をつけて。
大涌谷 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原

約3000年前、箱根火山の最後の爆発でできた神山爆裂火口の跡が大涌谷。今でも岩肌から豪快に水蒸気や硫化水素が噴出している。
鵐窟 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1026

源頼朝が治承4(1180)年に石橋山の戦に敗れた際、一時隠れて難を逃れたという岩屋を復元したもの。かつては高さ2m、深さ10m以上あり、波が打ち寄せる岩窟だった。
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
     記念館・学習館・科学館
  渓谷・滝
    特殊地形
玉簾の瀧/飛烟の瀧 神奈川県足柄下郡箱根町湯本682 天成園内

老舗旅館・天成園の庭内に流れる2つの滝。玉簾の瀧は天然ミネラル豊富な「延命水」として知られる箱根外輪山の伏流水。飛烟の瀧は関東大震災で枯渇し、現在は人工的に復元。
千条の滝 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷507

蛇骨川の上流にかかる高さ約3m、幅約25mの崖に幾筋にも分かれて水がすだれ状に流れ落ちる。女性的な優美さがあり、涼しげな滝だ。ゲンジボタルが付近で生息している。
太閤石風呂/太閤の滝 神奈川県足柄下郡箱根町底倉547

太閤石風呂は豊臣秀吉にゆかりのある天然温泉である。現在は遊歩道から見下ろすだけで入浴はできない。60mほど下ると太閤の滝がある。
白雲の滝 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上地内

落差約30mの絹糸を垂らしたような風情の滝。スギ、マツ、シイなどの原生林に囲まれ、緑と水のコントラストが印象的だ。ハイキングコースの途中、天照山神社の程近くに位置している。
白糸の滝 神奈川県横浜市旭区白根3-540

白根神社の境内を流れる中堀川に位置する滝。滝は幅約7メートル、落差3.2メートルで、市内ではもっとも大きな規模。滝のほとりには土地にまつわる防人の歌碑が建てられている。
飛龍ノ滝 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿

上段約15m、下段約25mに分かれて流れ落ちる姿が竜に似ているところから命名された。県内でも最大級の規模を誇る。鎌倉時代に箱根権現信者がここで身を清めたと伝わる。
不動滝 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上地内

落差約15mの滝。不動明王のような力強さから名付けられた。新緑と紅葉の時期がとくに美しい。滝の左側には身代わり不動尊、右側には出世大黒尊が祀られている。
夕日の滝 神奈川県南足柄市矢倉沢

内川上流の渓谷にかかる高さ23m、幅6mの滝。滝の水は金太郎が産湯に使ったといわれる。地蔵堂バス停から、金太郎生家跡などを通って歩く約15分の散策コースがおすすめだ。
洒水の滝 神奈川県足柄上郡山北町平山210

名水百選や日本の滝百選に選ばれるほどの名瀑で、酒匂川支流の滝沢川から流れ落ちる。落差は一の滝が約69m、二の滝が約16m、三の滝が約29mだ。
洒水の滝・滝沢川 神奈川県足柄上郡山北町

酒水の滝は三段に分かれており、一番長い一の滝は69.3m。「全国名水百選」や「神奈川景勝50選」にも認定。また鎌倉時代に文覚上人が百日間滝に打たれ修行を積んだ場所でも知られる。
  渓谷・滝
 県別情報&ガイド        神奈川県    歴史建造物・文化財