奥州二本松藩御用蔵大内家天明・天保蔵尚古館 福島県二本松市竹田1-44

二本松藩の御用商人の蔵を展示用に使用している。天明時代に建てられた「蔵品館」、天保時代の「茶舗伝承館」がありそれぞれ当時の美術品などを展示している。
旧伊達郡役所 福島県伊達郡桑折町陣屋12

明治16(1883)年に建てられた洋風官衛建築の早期の優品。内部の見学ができるのが嬉しい。国の重要文化財にも指定。唐草模様が施された玄関ポーチなど細部の意匠が見事。
旧滝沢本陣 福島県会津若松市一箕町八幡滝沢122

古くは参勤交代の休息所などで利用されていたが、戊辰戦争時は会津藩本営となった。当時のままの建物には刀傷や弾痕が残っている。
旧南会津郡役所 福島県南会津郡南会津町田島丸山甲4681-1

1885(明治18)年築の擬洋風木造建築。郡長室は調度品もそのままで、当時の優雅な空気
を感じることができる。県の重要文化財。田島山城跡で発掘した出土品も展示している。
郡山市開成館 福島県郡山市開成3-3-7

開成館は、安積開拓の事務所が置かれた建物で、明治天皇の東北行幸には宿泊所や昼食会場
としても使われた。その他開拓官舎や入植者住宅があり、開拓の歴史をわかりやすく紹介し
ている。
甲斐本家蔵座敷 福島県喜多方市1-4611

醸造業、製糸業で富を築いた甲斐家の蔵座敷で国登録有形文化財。外壁は黒漆喰、内部は総
檜造りの書院、本床の細部には紫檀、黒檀が使われ、壁襖に散らされた金粉が豪華。
太鼓門 福島県会津若松市追手町1-1

至徳元(1384)年に築城された鶴ヶ城。その場内にある太
鼓門は重厚な造りで、見所の一つとなっている。江戸時代、藩士が登城時に太鼓を打ち鳴ら
した事でこの名がある。
大内宿 福島県南会津郡下郷町大内山本

江戸時代に栄えた宿場町。街道の両脇には堀の水が流
れ、約50軒の萱葺き民家が建ち並び、いまにも参勤交代が通りそうな雰囲気だ。国の重要伝
統的建造物群保存地区。
天鏡閣 福島県耶麻郡猪苗代町翁沢御殿山1048

猪苗代湖を好んだ有栖川宮威仁親王が1908(明治41)年に建てた別荘。館内に当時の調度
品を展示。見所は客間のシャンデリアで美しさと優雅さを物語る。国の重要文化財に指定。
白水阿弥陀堂 福 島県いわき市内郷白水町広畑219

池の中に浮かぶ美しい阿弥陀堂。四方に曲線を描く屋根が美しい。平安末期の優雅な時代
を感じさせる代表的な国宝建造物。安置されている仏像は国の重要文化財指定だ。
福島市民家園 福島県福島市上名倉大石前地内

福島県北地方の民家を中心に芝居小屋、宿店、料亭、板倉、会津地方の民家等を移築復原
。建物内部には、当時の様子が分かるよう生活・生産用具を展示されている。
會津藩校日新館 福島県会津若松市河東町南高野高塚山10

人材育成を目的に1803年に建設された会津藩の学校。幕末には白虎隊の少年たちも学んだ
。当時の学習の様子の観覧や弓道・乗馬・会津の縁起物「赤べこ」絵付けなどの各種体験も
楽しめる。
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
あぶくま洞 福島県田村市滝根町菅谷東釜山1

全長600mの洞内には、つららのような鍾乳石や、タケノコのように伸びる石筍など、千変万化の神秘の世界が続く。最大の見どころとなるのは三層に分かれる洞内で最大のホール「滝根御殿」だ。
強清水 福島県会津若松市河東町八田下ノ家

白河・二本松街道の分岐点にある湧水ポイント。放蕩息子が清水を酒に見立てて飲む働き者の父を見て改心したという伝説がある。隣接した茶屋では、福島名水30選の清水を使ったそばが味わえる。
 中山風穴 福島県南会津郡下郷町湯野上、弥五島 

中山の中腹、標高500〜600mの一帯には風穴があり、4〜10月の間、岩間のいたるところから、冷風が吹き出す。アツモリソウなどの高山植物の群落も有名だ。
   
  塔のへつり  福島県南会津郡下郷町弥五島下夕林5319

「へつり」とは「壁を伝って移動する」という意味の会津地方の方言。そそり立つ奇岩・怪岩は、川の流れや風雨によって浸食・風化を繰り返してできた。吊り橋を渡ると、細い断崖絶壁の道が。
   
 入水鍾乳洞  福島県田村市滝根町菅谷大六89-3

全長900mの鍾乳洞で、洞内の川を渡ったり、懐中電灯を片手に鍾乳石の隙間をくぐったりとスリル満点。Aコースは入口から150mまで。B、Cコースはさらに奥に進む。
   
     記念館・学習館・科学館
  博物館
    特殊地形
つばくろ谷 福島県福島市土湯温泉町賽ノ河原下

深く切れ込んだ不動沢に向かって、木々が迫るよ
うに茂る風景は圧巻そのもの。その切れ込む深さはなんと80mにも及ぶ。駐車場とトイレも
完備なのでレストポイントにも最適
双竜の辻 福島県福島市景場平南

左へ大きく曲がるワインディングロードに設けられた展望所。
右に磐梯山で左に安達太良山が望める。雲海に浮かんだ山容が向き合う竜のように見えるこ
とから名づけられた。
大風川渓谷 福島県石川郡古殿町大久田越代

両岸に険しい崖が屹立する大風川は、ケヤキ、モミ、
ブナの原生林あり、滝ありの景勝地。ハイキングにもってこいの場所だ。
中津川渓谷 福島県耶麻郡猪苗代町北塩原村周辺

秋元湖に流れこむ全長約10kmの中津川。標高差1000m以上の急流が作り出した滝は、紅葉の季節には風情がある。秋元湖サイクリングロードから続く散策もいい。
天狗の庭 福島県福島市土湯温泉町賽ノ河原

樹海に覆われた吾妻連峰を180度のワイドな視界で楽しめるビュースポット。陽光が緑に振りそそぐ様はまるで天狗が空から舞い降りてきたかのような神秘さ。秋には紅葉の絶景ポイントである。
天風境 福島県耶麻郡猪苗代町国見内北

幾重にも重なる山の尾根沿いに深い木々が陰影を残す風景。雲と霧が上空をかすめるときが特に美しい風景をみせる。真っ赤な色に染まる紅葉の時期が一番おすすめ。
雨降りの滝 福島県会津若松市東山町湯本

東山ダムの手前にある滝。降り注ぐ水の音が雨音に似ているため、この風流な名がついた。松平家の照姫が詠んだ「たち寄れば袖もしぶきにぬれにけりげに雨ふりの滝のしらなみ」という歌がある。
乙字ヶ滝 福島県石川郡玉川村竜崎滝山

日本の滝100選の1つに。落差5mと小ぶりだが川の端から端までかかる瀑布はまさに自然が造り上げた芸術。芭蕉が「五月雨の滝降りうつむ水かさ哉」と詠んだことでも知られる。
行司ヶ滝 福島県田村市都路町古道小滝沢地内

奇岩怪石が連なる渓谷美が美しい高瀬川の上流に行司ヶ滝がある。福島名水30選の1つ。遊歩道があり、滝までは森林浴を兼ねて散策できる。アユやヤマメなど渓流釣りも。
三条の滝 福島県南会津郡檜枝岐村燧ヶ岳

高さ約100m、幅約30mの大瀑布で、水量豊富な只見川の本流が一気に落下するさまは迫力がある。日本の滝100選にも選ばれている。
 思いの滝  福島県福島市佐原竹ノ森

女沼のなだらかな斜面を上ったところにある雄大なスケールの滝。途中の林道を案内板に従って左へ進むと仁田沼へ抜けることもできる。
   
 小野川不動滝  福島県耶麻郡北塩原村桧原

昔は山岳修験道の場でもあった。この滝の水は日本名水百選にも選ばれている。ブナの原生林の奧にあるので、頑張って歩いた人しか見ることができない。
   
 不動滝  福島県福島市町庭坂神ノ森

高湯温泉中心部から歩いて30分ほどの場所に整備された高湯不動滝探勝遊歩道のメインスポット。高さ約30mから豪快に流れ落ちる迫力ある景観で、高湯温泉の代表的な景勝地だ。
   
 平滑の滝  福島県南会津郡檜枝岐村燧ヶ岳

尾瀬沼から流れる沼尻川が、只見川と名を変えるところにある滝。幅約50m、長さ約500mと大きな滝だが、傾斜はかなりゆるやかで、その名の通りの印象だ。
   
 竜ノ門の滝  福島県南会津郡檜枝岐村滝沢

会津駒ヶ岳への登山口、滝沢橋から入ったところにある落差50メートルの滝。新緑の頃も美しいが、秋には紅葉と落水の白が見事なコントラストを描く。展望台周辺に咲く石楠花も見ものだ。
   
  渓谷・滝
 県別情報&ガイド        福島県    歴史建造物・文化財