博物館
柔らかな風に誘われて  情報&ガイド
    記念館・学習館・科学館
  博物館
 県別情報&ガイド    北海道     美術館・ギャラリー
 かみふらのトリックアート美術館  北海道空知郡上富良野町深山峠

主に現代アートをモチーフにしたトリックアートを約50点展示。日本最大という天井画は、見る角度により絵の形が変わる。館内は写真撮影OKなので、カメラを忘れずに。
   
 はこだて西波止場美術館  北海道函館市末広町23-9

各国のテディベアアーティストの作品を展示している美術館。国内の美術館では見られない作品も見られる。また、メッセージテディベアも公開されている。
   
 エコミュージアム おさしまセンター  北海道中川郡音威子府村物満内55

音威子府筬島を愛し、この地に移り住んだ砂澤ビッキの記念館。ビッキのアトリエだった旧筬島小学校がそのまま素敵なギャラリー&カフェとなっている。
   
 フォト・ギャラリー 丘の写真館  北海道富良野市中五区2879-20

チーズ工房の隣にある、富良野・美瑛を約30年撮り続けてきた渥美顕二氏のギャラリー。四季を捉えた大型写真や、渥美氏の手によるストーン・アートは必見だ。
   
 後藤純男美術館  北海道空知郡上富良野町東4線北26号

日本を代表する日本画家・後藤純男氏の作品を展示。作品は心象風景画と呼ばれ、実際には見えない空気を線として表現している。超大作『雲海黄山雨晴』は見ものだ。
   
 荒井記念美術館  北海道岩内郡岩内町野束505

250点を超えるピカソコレクションで有名な美術館。地元出身の画家・西村計雄の作品や、小説「生まれ出づる悩み」がテーマの作品も展示。1階のホールはコンサートも行う。
   
 国際染織美術館  北海道旭川市南が丘3-1-1

伝統工芸村の中にある染織の美術館。3世紀頃のコプト裂、ルイ15世が織らせたコブラン織りなど、世界80ケ国、日本各地の優れた染織美術を収蔵している。
   
 札幌マイセン美術館  北海道札幌市中央区北2東4

サッポロファクトリー2条館 4F サッポロファクトリー2条館4階にあるマイセン社公認の美術館。古マイセンから現代マイセンまで常時約200点展示。ミュージアムショップではマイセン商品なども購入できる。
   
 札幌芸術の森  北海道札幌市南区芸術の森2-75

約40haの敷地に屋内の美術館や野外美術館があり、クラフト制作や展示場、音楽・演劇の練習ホールなど、芸術の総合施設。自然の中でアートに触れながら時を過ごせる。
   
 市立小樽美術館  北海道小樽市色内1-9-5

1階は小樽出身の風景画家・中村善策の作品と資料を展示する記念ホール。2階は北海道美術の草創期に活躍した小樽ゆかりの画家たちや、作品を紹介している。
   
 小泉淳作美術館  北海道河西郡中札内村栄東5線

建長寺の巨大雲龍図など、独自の作品で知られる小泉淳作のギャラリー。京都・建仁寺の天井画「双龍図」の下絵となった小天図や「蕪」のほか、約50点の作品を展示。
   
 小樽オルゴール堂2号館 アンティークミュージアム  北海道小樽市堺町6-13

世界中のアンティーク・オルゴールを展示。からくり人形、自動演奏ピアノなど、さまざまな種類のオルゴールが並ぶ。1日6回、オルゴール・コンサートが開かれる。
   
 西美の杜美術館 榎木孝明水彩画館・大野勝彦美術館  北海道上川郡美瑛町ルベシベ第二

水彩画家としても知られる俳優榎木孝明氏の作品と熊本県在住の水彩画家大野勝彦氏の作品を展示する美術館。世界各国を旅して描いたものなど、約160点の水彩画を展示。
   
 雪の美術館  北海道旭川市南が丘3-1-1

雪のイメージで造られたビザンチン様式の美術館。雪の結晶の写真や、氷の実物造形などを展示している。200名収容できる大ホールや、画廊、食事館「雪の館」などもある。
   
 相原求一朗美術館  北海道河西郡中札内村栄東5線

相原画伯は埼玉県の出身だが、1961年に訪れた北海道で狩勝峠の風景に感銘、道内の作品を描くようになった。「北の十名山」「幸福駅二月一日」、ヨーロッパの風景画を展示。
   
 拓真館  北海道上川郡美瑛町拓進

カメラマン、故前田真三氏の写真ギャラリー。美瑛の四季をテーマにした作品を80点ほど常時展示している。敷地内には白樺回廊や約6000株のラベンダー畑もある。
   
 道立函館美術館  北海道函館市五稜郭町37-6

五稜郭の南側にあるモダンな外観の美術館。常設展は道南にちなむ作家の作品や、金子鴎亭の書の作品が中心。外にあるブールデルの作品は、フリースペースのため鑑賞が自由。
   
 北緯43°美術館  北海道釧路市阿寒町舌辛原野23線

旧阿寒町は北緯43度にあるので、世界各国の北緯43度線にある国々の名画を集めた美術館。モンゴル、ブルガリア、ロシアなどの作品を展示。各国おもしろグッズも販売。
   
 北一ヴェネツィア美術館  北海道小樽市堺町5-27

ヴェネツィアに現存する宮殿がモデル。故ダイアナ妃が実際に乗ったゴンドラや色鮮やかなヴェネツィアン・ガラスを展示する。ヴェネツィア製ドレスを着て記念撮影もできる。
   
 北海道伝統美術工芸村  北海道旭川市南が丘3-1-1

北海道の自然をテーマにした優佳良織工芸館、世界80ヶ国の染織品を収蔵する国際染織美術館、真夏でも冬の北海道がイメージできる雪の美術館の3館で構成されている。
   
 北海道立近代美術館  北海道札幌市中央区北1西17

合掌造りをモチーフにした大きな館内には、エコール・ド・パリの画家や、道内出身の画家、彫刻家たちの作品を中心に展示。常設展のほか、特別展も随時開催されている
   
 北海道立釧路芸術館  北海道釧路市幸町4-1-5

釧路、根室圏の新しい芸術文化の拠点となるレンガ造り風の美術館。絵画、写真などの所蔵品展や特別展を開催。1階にミュージアムショップ、2階に喫茶コーナーがある。
   
 北海道立三岸好太郎美術館  北海道札幌市中央区北2西15

三岸好太郎は札幌生まれの洋画家。31歳の若さで世を去るまでに独特のロマンチシズムただよう作品を発表している。館内には知事公館の庭を眺められる喫茶店もある。
   
 北海道立帯広美術館  北海道帯広市緑ヶ丘2

道東の美術、プリントアート、西洋の風景画・風俗画を中心に所蔵している。土曜には、美術に親しめる講座や映画会などを開催。年に数回、企画展も行われる。
   
 本郷新記念札幌彫刻美術館  北海道札幌市中央区宮の森4-12

稚内公園の氷雪の門などでおなじみの彫刻家・本郷新の作品を展示する本館と、彫刻原型や油絵のほか、氏が生前に収集した作家の彫刻や絵画を展示する記念館がある。
   
 野の花押花美術館  北海道川上郡弟子屈町屈斜路420-1

屈斜路湖湖畔にある「自然塾」内の美術館。押し花アートやしおりを作る体験もでき、野花の作品のほか地元芸術家、工芸家の作品も多く展示、販売している。
   
 優佳良織工芸館  北海道旭川市南が丘3-1-1

「染織とは、何百色にも染め分けた糸の中から色を選び出し、タテ糸とヨコ糸で作り上げる世界」と、優佳良織の創始者木内綾さん。流氷などが描かれた作品を展示。
   
 六花の森 坂本直行記念館  北海道河西郡中札内村常盤西3線249-6

菓子メーカー六花亭の包装紙に描かれた草花が咲く「六花の森」にある美術館。坂本直行が描いた草花のデッサン画や水彩、油彩、ヒマラヤの山の油彩画などが展示されている。
   
 DCTgarden IKEDA  北海道中川郡池田町清見83-3

池田ワイン城敷地内 池田町出身の吉田美和がボーカルの人気音楽グループ・ドリームズカムトゥルーの記念館。ここでしか手に入らないTシャツや靴下などのオリジナルグッズも販売。
   
 アイヌ生活記念館  北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-19

古い時代のアイヌ民家を再現した「ポンチセ(小さな家)」。当時の生活用具や衣服などを展示。エカシ(長老)やフチ(おばあさん)からアイヌの昔話を聞くこともできる。
   
 エドウィン・ダン記念館  北海道札幌市南区真駒内泉町1

開拓使のお雇い米国人エドウィン・ダンが最初に牧舎を建てた場所に、彼の業績を記念する資料を展示している。当時の生活を描いた一木万寿三の油絵も必見だ。
   
 旭川市科学館「サイパル」  北海道旭川市宮前通東

無重力の状態を疑似体験できるコーナーや、フルドーム映像が楽しめるプラネタリウムなど、最先端の科学技術を駆使した展示で、楽しみながら科学を学ぶことができる。
   
 旭川兵村記念館  北海道旭川市東旭川南1条6-3-26

北海道の開拓に貢献した屯田兵たちの生活用具や農機具などを展示してある。屯田兵の子息で日本の航空史に名を残している「空の四勇」のコーナーも設置。
   
 井上靖記念館  北海道旭川市春光5-7

作家・井上靖が生まれた旭川に建つ文学館。自筆のノートや直筆原稿のほか、親交のあった芸術家の作品も展示。館内にはラウンジもあり、氏の作品を気軽に閲覧できる。
   
 塩狩峠記念館  北海道上川郡和寒町塩狩543

旭川市に住んでいた作家、故三浦綾子氏の旧宅を、代表作「塩狩峠」にちなんで塩狩峠に移築。三浦文学を体験することができる施設で、当時の雑誌、小説ゆかりの資料を展示
   
 奥尻島津波館  北海道奥尻郡奥尻町青苗36

北海道南西沖地震での記憶を後世に伝えるために建てられた施設。奥尻島の歴史を紹介するコーナーや復興までの様子を3Dで紹介するコーナーなどがある。
   
横 綱千代の山・千代の富士記念館  北海道松前郡福島町福島190

福島町出身の二大横綱。千代の山、千代の富士の記念館。九重部屋の土俵を再現したコーナーや、両横綱の優勝杯や化粧回しなどを展示するコーナーがある。
   
 横綱北の湖記念館  北海道有珠郡壮瞥町滝之町294-2

1974(昭和49)年、史上最年少で横綱の座についた北の湖は壮瞥町の出身。彼の偉業をたたえる記念館だ。雲龍型土俵入り等身大人形、国技館内部の再現などが見られる。
   
 丸瀬布 昆虫生態館  北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利

キャンプ場などがある丸瀬布森林公園に隣接する。一年中チョウが飛ぶチョウの広場などがあり、道内や世界の珍しい昆虫たちを観察できる。
   
 宮尾登美子文学記念館  北海道伊達市梅本町57-1

作家宮尾登美子氏の業績と作品を伝える文学館。大河ドラマの原作にもなった「宮尾本 平家物語」の習作ノートも展示。道の駅だて歴史の杜敷地内にある。
   
 旧愛国駅 交通記念館  北海道帯広市愛国町基線39-40

「愛の国から幸福へ」で有名な旧国鉄広尾線の駅。現在は交通資料館として、当時使用していた切符やSLなどを展示。道道962号を分岐する信号の先の脇道にある。
   
 坂本九思い出記念館  北海道夕張郡栗山町大井分256-21

芸能活動以外にも福祉活動にも取り組んでいた故坂本九。ここにはテレビ番組「ふれあい広場サンデー九」の台本や写真を展示。障がい者の手作り作品も展示・販売している。
   
 札幌市水道記念館  北海道札幌市中央区伏見4-6-16

展示室全体が大自然から大都会そして海へと向かう水の旅(水循環)を表現していて、楽しみながらトリビアが身につく施設だ。水に関する図書などを集めた「水の図書館」もある。
   
 札幌市青少年科学館  北海道札幌市厚別区厚別中央1条5-2-20

宇宙、北方圏、原理・応用の三つのテーマに分かれ、約300点の展示物のほとんどが触れたり、体験したりできる。全天周映像投影システム搭載のプラネタリウムも人気がある。
   
 札幌市豊平川さけ科学館  北海道札幌市南区真駒内公園2-1

カムバック・サーモン運動を機に生まれた施設。サケ科の魚を飼育展示。採卵やふ化、稚魚の放流も行う。10〜11月には、屋外観察池で産卵行動が見学できる。
   
 三松正夫記念館  北海道有珠郡壮瞥町昭和新山184-12

昭和新山誕生記録の全てを集積、展示。昭和新山の成長を時系列で表にまとめた「ミマツダイヤグラム」は貴重な資料として学術的にも絶賛され、専門家の間での評価も高い。
   
 植村直己記念館「氷雪の家」  北海道帯広市緑ヶ丘2

おびひろ動物園内にあり、氷の家・イグルーをイメージした建物。故植村直己氏が実際に旅を共にしたエスキモー犬の剥製や登山道具などの遺品を展示している。
   
 神田日勝記念美術館  北海道河東郡鹿追町東町3-2

十勝牧場を鹿追方面に抜けていく途中にある施設。遺品のペインティングナイフや、馬を描いている途中で病死した日勝の遺作を感慨深い気持ちで鑑賞することができる。
   
     記念館・学習館・科学館
 ひがし大雪博物館  北海道河東郡上士幌町

糠平温泉 糠平温泉にある自然史博物館。大雪山国立公園の自然や地形、地質などについて分かりやすく展示している。ほかにも世界の昆虫類の標本なども所蔵しており、興味深い。
   
 よいち水産博物館  北海道余市郡余市町入舟町21

江戸時代からニシン漁とともに発展してきた余市町。今では貴重な漁具や加工に使われた道具、生活民具などを展示。ニシン漁の歴史と往時の暮らしぶりがわかる。
   
 アイヌ記念館  北海道有珠郡壮瞥町昭和新山184-11

かやぶきの住居、チセが忠実に再現され、先住民族の暮らしを垣間見られる。内部に民族衣装や農作業の道具、資料写真などが展示されている。
   
 サッポロビール博物館  北海道札幌市東区北7東9-1-1

開拓使時代から始まるビールの歴史やビールの原料などを紹介。見学後には工場直送の生ビールやソフトドリンクが試飲できる。オリジナルグッズも販売している。
   
 ロンドンからくり博物館  北海道小樽市色内1-2-12

ユーモアあふれるからくり人形約40点を展示。ファーストフードを宅配するペガサスなど、笑えるしかけがいっぱいのミニ・ミュージアム。小樽散策に立ち寄りたい場所だ。
   
 旭川市博物館  北海道旭川市神楽3条7

旭川市大雪クリスタルホール内 旭川と大雪山の自然や歴史を体系的に展示する総合博物館。上川アイヌに特化した展示となっている。企画展では旭川の菓子屋の歴史など、様々な展示が行われる。
   
 釧路市立博物館  北海道釧路市春湖台1-7

釧路の自然と歴史がわかる博物館。8つのテーマに分かれた展示で、アイヌ文化を紹介する“サコロベの人々”や“タンチョウ”のコーナーが見どころ。トドの剥製も展示
   
 月形樺戸博物館  北海道樺戸郡月形町1219

明治14(1881)年から38年間月形町に設置されていた集治監(監獄)に関する資料を展示・再現した博物館。本庁舎として使われていた建物は、そのままの形で残されている。
   
 市立函館博物館  北海道函館市青柳町17-1

函館公園内 14世紀頃から現代に至るまでの函館に関する歴史や民族、自然科学、考古、美術などに関する資料が展示された博物館。廃館された五稜郭分館に収蔵されていた箱館戦争関係の資料も展示。
   
 斜里町立 知床博物館  北海道斜里郡斜里町本町49

知床半島の自然と斜里町の歴史を紹介。アイヌ民族の生活道具、江戸時代の神社と絵馬、漁具や農機具を展示。2階のシマフクロウのはく製などのコーナーは国内有数の充実度。
   
 小樽市総合博物館 運河館  北海道小樽市色内2-1-20

旧小樽倉庫を利用した博物館。歴史資料を展示してある第1展示室と、自然を紹介している第2展示室に分かれており、小樽の歴史や自然がひと目でわかるようになっている。
   
 新冠町 レ・コード館  北海道新冠郡新冠町中央町1-4

収蔵枚数は約74万枚。なつかしの歌謡曲などが試聴できる日本随一のレコード博物館。サラブレッドが遊ぶ牧場や日高山脈、太平洋が見える展望塔からの眺めは最高だ。
   
 石炭博物館  北海道夕張市高松7

実際に使われていた本物の坑道をヘルメットのキャップランプで見学しながら歩く「まっくら探検」がおもしろい。また近代化の歴史の中で果たした役割についても学べる。
   
 千歳鶴 酒ミュージアム  北海道札幌市中央区南3東5-1

札幌唯一の酒蔵「千歳鶴」の酒と文化をテーマにした博物館。「千歳鶴」や「寿みそ」の歴史展示のほか、試飲をはじめ酒粕を使用したアイスクリームなどもある。
   
 足寄動物化石博物館  北海道足寄郡足寄町郊南1-29-25

足寄動物化石博物館は、町内で見つかった動物の化石を中心に、それらの展示や研究のエピソードを紹介している。化石標本を成型するレプリカ作り体験も可能。
   
 土の館  北海道空知郡上富良野町西2線北25号

世界の農耕の歴史や土壌標本を通して、自然の恵みと農業の重要性を説くユニークな博物館。日本で唯一の北海道ならではの施設。黎明期のトラクター84機種を展示している。
   
 洞爺湖森林博物館  北海道有珠郡壮瞥町洞爺湖142

洞爺湖に浮かぶ中島のひとつ、大島にある博物館。動植物の標本やジオラマで湖周辺の自然を紹介。原生林におおわれた大島にはエゾシカも数100頭生息しているといわれる。
   
 博物館 網走監獄  北海道網走市呼人1-1 1984

(昭和59)年9月まで網走刑務所で使っていた五翼放射状平屋舎房、レンガ門、浴場、教誨室、味噌醤油倉、庁舎などが移築復原されており当時の厳しい収監生活がわかる。
   
 平取町立二風谷アイヌ文化博物館  北海道沙流郡平取町二風谷55

貴重なアイヌ文化を正しく受け継ぎ伝えていくことをコンセプトに建設された。趣向を凝らした展示と映像資料により沙流川流域のアイヌ民族の伝統や文化生活を解説している。
   
 北海道開拓記念館  北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2

野幌森林公園内にある北海道最大の歴史博物館。120万年前から昭和40年代までの北海道の歴史を、産業、生活、文化などのジャンルと時代を追って分かりやすく解説。