自然災害 <台風>
 火山活動
 
大雨から身を守る

大雨時の防災対策


大雨による災害から身を守り、財産の被害を防ぐために次の点を心がけましょう。


1

テレビ・ラジオ・新聞が伝える気象情報に注意しよう。常に最新の情報を聞くようにする。

2

自分で雨量を測ってみよう。1時間に20ミリ以上、降り始めてから100ミリ以上になったときは被害のでる恐れがある。強い雨が降ったら、家の周りの安全を確かめる。

3

危険な場所に近づかない。雨で増水した小川や側溝、マンホールは境界が見えにくくなり、転落事故がおこりやすい。

4

土砂災害の次のような前ぶれに気づいたら、まわりの人に知らせていっしょに避難しよう。

(1) 雨が降り続いているのに川の水位が下がる。
(2) 急に川の流れが濁り流木が混ざる。
(3) 山鳴りがする。
(4) がけに割れ目が見える。
(5) がけから水が湧き出る。
(6) がけから小石がぱらぱらと落ちる。

5

危険を感じたり、防災機関から指示があったら速やかに避難する。「むだ足覚悟で早めの避難」を心がけたい。


6

避難の際は、持ち物を最小限にして背中に背負うなどして、とっさのとき両手が自由に使えるようにしよう。浸水の場所を避難するときは、とくに履物や足もとに注意する。子供やお年寄りから目を離さず、手を引くなど手助けを忘れずに。


7

自分の住んでいる地域で、過去に洪水・浸水や山崩れ・がけ崩れの災害が発生したことがあるか、またどのような危険があるか調べておこう。危険区域や災害予測図(ハザードマップ)は、最寄りの市町村役場などで見ることができる。日頃から災害に備えておくと、いざ避難のときに役立つ。


情報提供元:NHKボランティアネット防災もの知りノート


 ~2013   竜巻
 
 台風 30号
 台風 29号
 台風 28号
 台風 27号
 台風 26号
 台風 25号
 台風 24号
 台風 23号
 台風 22号
 台風 21号
 台風 20号
 台風 19号 
 台風 18号

台風から身を守る

台風がくる前に


台風が接近してから屋外に出るのは危険です。気象情報を利用して台風がくる前に対策をとってください。


家の外の備え


●窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要ならば外から板を打ち付けて補強する。
●庭木に支柱をたてたり、塀を補強したりする。
●側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく。
●テレビアンテナはステー線や支柱を確認し、補強しておく。
●風でとばされそうな物、たとえばゴミ箱や小石などは飛ばされないように固定しておく。
家の外の備え

家の中の備え


●雨戸をおろしたり、割れたときのガラスの飛散を防ぐためにガラス窓にテープを貼ったりする。外からの飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。
●次のような非常用品をまとめて、持ち出し袋などに入れておく。 懐中電灯・ローソク・マッチ・携帯ラジオ・予備の乾電池・救急薬品・衣料・貴重品・非常用食料・携帯ボンベ式コンロなど
●断水に備えて飲料水を確保する。浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水を確保する。塩害による長期停電のため、冷蔵庫のものが腐るおそれもある。水や食料品の備えは十分に。
●学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認する。
家の中の備え

台風が接近しているとき



台風情報に注意する


●台風が近づくと、気象台発表の台風情報がテレビ・ラジオで伝えられる。情報を受けたら、再び家の周りの安全を確かめる。

注意報・警報にも気をつける


●被害の出る恐れがあるときは、注意報、警報や記録的短時間大雨情報などが発表されるので、テレビやラジオに気をつける。

危険な場所に近づかない


●雨で増水した小川や側溝は境界が見えにくい。また、冠水した道路上では浮き上がったマンホールも見えにくい。大雨のときは、小川やマンホールに転落する事故が多い。また、山崩れ・がけ崩れも起こりやすくなる。このような危険な場所には近づかない。

台風の強い風は二段構えでやってくる


●今まで吹いていた強い風が急に弱まっても、およそ1~2時間後には再び吹き返しの強風がやってくることがある。風が弱まったからといって、屋根の上にあがったり、家の周りを歩いたりすることは危険である。
●強風による飛来物(たとえばかわらや看板)を頭に受けて死亡する事故が多い。やむをえず戸外にでるときはヘルメットや安全帽をかぶる。
●フェーン現象による火災が多発しやすい。暴風雨の中では、たき火やローソクなど火の取り扱いに十分注意する。
台風情報

危険が迫ったら



避難


●防災機関などから避難の勧告や指示があったら、すぐ従えるように準備し、すばやく避難する。「むだ足覚悟で早めの避難」を心掛けたい。
●避難の前に、必ず火の始末をする。
●避難の際は持ち物は最小限にして背中に背負うなどして、両手は自由に使えるようにしておく。
●頭はヘルメットや安全帽で保護する。素足は禁物で、靴は丈夫で底の厚いものがよい。長靴は水が入ると歩きにくい。

避難先では


●勝手な判断や行動をせず、指導者の指示に従う。
●引き続き、台風情報や注意報・警報に注意する。
避難

情報提供元:NHKボランティアネット防災もの知りノート



 
竜巻から身を守る

身の守り方

竜巻からの身の守り方



1 屋内にいる場合


●窓を開けない
●窓から離れる
●カーテンを引く
●雨戸・シャッターをしめる
●地下室や建物の最下階に移動する
●家の中心部に近い、窓のない部屋に移動する
●部屋の隅・ドア・外壁から離れる
● 頑丈な机の下に入り、両腕で頭と首を守る

頑丈な机の下に入り、両腕で頭と首を守る

2 屋外にいる場合


●車庫・物置・プレハブを避難場所にしない
●橋や陸橋の下に行かない
●近くの頑丈な建物に避難する
●無い場合は、近くの水路やくぼみに身をふせ、両腕で頭と首を守る
●飛来物に注意する




竜巻、ダウンバースト等の激しい突風から身の安全を確保していただくことを目的とした新たな府県気象情報(竜巻注意情報)を平成20年3月26日から発表します。
突風に注意を呼びかける新しい府県気象情報の提供開始について(気象庁)

どこで起こるの?

竜巻はどこで起こるの?


●日本のどこでも発生しています。
●季節を問わず台風、寒冷前線、低気圧に伴って発生しています。
●特に台風シーズンの9月が最も多く発生しています。
●年平均で約17個(1991~2006年の統計)の竜巻が発生しています。

地域的な特徴


●1年を通して沿岸部で多く発生しますが、夏は内陸部でも発生します。
●夏から秋は全国的に発生しますが、特に秋は西日本の太平洋側で多くなります。
●冬は日本海側で多くなります。

主な発生原因


●春と冬:低気圧、寒冷前線、寒気の流入
●夏:停滞前線、雷雨、台風
●秋:台風、寒冷前線、低気圧
竜巻の月別発生数竜巻の発生位置の分布図
竜巻の発生位置の分布図
(1961~2006年)


竜巻接近時によく現れる特徴


●空が急に暗くなる
目撃者の証言:
「空が真っ黒になって、雷雨となった。」「風が吹いてきて暗くなった。」
●大粒の雹(ひょう)が降る
●雲の底から地上にのびる、ろうと状の雲が目撃される
目撃者の証言:
「黒い雲が円柱状になったのを見た。」「くるくると回っている黒い雲が近づいてきた。」「黒い渦のようなものが移動していた。」
●飛散物が筒状に舞い上がる
目撃者の証言:「円柱状の黒い雲の周りに、木の葉や小枝が巻き上がるのを見た。」「いろいろな物を巻き上げている、ろうと雲を見た。」「地面から上に向かって土煙のようなものが巻き上がっているのを見た。」
※夜間は視覚的な確認が難しくなるので注意が必要です。一方、以下のような聴覚的な特徴をあらわすこともあります。
●ゴーというジェット機のような轟音がする
●気圧の変化で耳に異常を感じる
竜巻竜巻
提供:財団法人 日本気象協会


被害の特徴

竜巻による被害の特徴


●突発的に発生します。
●猛烈な風が吹きます。
車が持ち上げられて飛ばされるほどの強風(風速70m/s以上)が吹くこともあります。台風とは違って激しい渦巻状の上昇気流を伴い、進路に当たる物体を巻き上げながら移動します。
●短時間で狭い範囲に被害が集中します。
2006年9月の宮崎県延岡市の竜巻は、約5分間で長さ7.5km・最大幅300mの被害をもたらしました。
●竜巻自体の移動スピードが速いと被害が大きくなります。
2006年9月の宮崎県延岡市の竜巻は、時速約90km(秒速約25m)で移動しました。
●飛来物が猛スピードで飛んできます。
人が風に飛ばされることだけでなく、飛来物が体に当たることも、竜巻のおそろしさです。
●飛来物が建築物を壊します。
飛来物により窓ガラスが割れると、建築物内部の気圧の急激な変化で、屋根が飛ぶこともあります。
●飛来物が新たな飛来物を生みます。 飛来物の一部は建築物に衝突し、そこから飛散した物体が新たな被害を拡大します。